忘れちゃいけない世界三大料理。細長〜い「トルコ風春巻き」

フレンチ、中華、そしてトルコ、これが俗に言うところの世界三大料理です。その中でトルコ料理だけ、日本人の印象が薄いのはなぜでしょう。ドネルケバブのイメージはあれど、そこから次が続かない。そこで、おやつやおつまみにぴったりのレシピをご紹介。

この春巻きのような「シガラボレイ」は、トルコ語で“タバコ”を意味する一品。ユフカと呼ばれる小麦粉から作られる薄い皮に、チーズとハーブを巻いて揚げるというもので、春巻きの皮で代用すればつくり方もカンタンそのもの。

<材料:2人分>

春巻きの皮:4枚
カッテージチーズ:60g
イタリアンパセリ:5g
こしょう:適量
揚げ油:適量

 <つくり方>

イタリアンパセリはみじん切り、カッテージチーズ、こしょうと混ぜます。このタネを4等分にして春巻きの皮にのせて、手前から巻き、水とき片栗粉(分量外)を淵に塗って巻き終わりを閉じます。170℃に予熱した油で揚げ、きつね色になれば完成です。

中身はチーズ以外に、じゃがいも、ピーマンなどの野菜を加えてもOK。チーズだけなら、サクッと軽い家飲みにもぴったり。

andmore
他の記事を見る
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
ピザの原型「ラフマージュン」で飲むワイン。トルコ料理専門店にて。
トルコ語で「はらわたを裂く」という意味を持つ料理があります。それがカルヌヤルク。何だかおどろおどろしい名前ですが、裂くのはナスのお腹。日本でおなじみ「ピー...
正統派ケバブはトルコ料理専門店で味わってこそ。
缶詰の中でも特に種類の豊富な「サバ缶」。加工技術が高く、生臭さもなく美味しさを逃さず閉じ込めてある分、どんな料理にも応用が利きます。サバを挟んで食べるトル...
人によって夏バテは意外に長く続くもの。連日の暑さで疲れた体に、スタミナ満点の食事もいいけれど、胃袋だってお疲れ気味。ならばと紹介したいのが、ヨーグルトを使...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
なすを使った料理といえば、どんな食べ方が思いつくでしょう。焼きなす、揚げなす、煮物にしたり、漬物にしたり、調理法はさまざま。でも、きっとこのスタイルは意外...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
 ヨーグルトというと、日本ではジャムをかけてデザートにするのがごく普通の食べ方だろう。しかしインドから中央アジア、中東にかけての一帯では、ヨーグルトは料理...
ヨーグルト発祥の地はどこか?というはなしには諸説ありますが、その一つと目されている国がトルコ。たしかに、トルコ料理はヨーグルトを多用することでも知られてい...
ビルミルクのミナスフレッシュチーズです。ブラジル出身のビルマルさんが、新鮮な牛乳と塩を使う母国の製造技術で作っています。自分や家族、友人のために、懐かしの...
ふかしたじゃがいもに乗せるものといえば…。テックスメックスならばチリビーンズにチーズ、イギリスならばハムやベーコンの細切りと、さまざまな料理スタイルが世界...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
濃厚チーズをふんだんにかけたマカロニを、とにかく食べたい。
脳内麻薬が炸裂しそうなカンボジアの「生春巻き」について。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...