忘れちゃいけない世界三大料理。細長〜い「トルコ風春巻き」

フレンチ、中華、そしてトルコ、これが俗に言うところの世界三大料理です。その中でトルコ料理だけ、日本人の印象が薄いのはなぜでしょう。ドネルケバブのイメージはあれど、そこから次が続かない。そこで、おやつやおつまみにぴったりのレシピをご紹介。

この春巻きのような「シガラボレイ」は、トルコ語で“タバコ”を意味する一品。ユフカと呼ばれる小麦粉から作られる薄い皮に、チーズとハーブを巻いて揚げるというもので、春巻きの皮で代用すればつくり方もカンタンそのもの。

<材料:2人分>

春巻きの皮:4枚
カッテージチーズ:60g
イタリアンパセリ:5g
こしょう:適量
揚げ油:適量

 <つくり方>

イタリアンパセリはみじん切り、カッテージチーズ、こしょうと混ぜます。このタネを4等分にして春巻きの皮にのせて、手前から巻き、水とき片栗粉(分量外)を淵に塗って巻き終わりを閉じます。170℃に予熱した油で揚げ、きつね色になれば完成です。

中身はチーズ以外に、じゃがいも、ピーマンなどの野菜を加えてもOK。チーズだけなら、サクッと軽い家飲みにもぴったり。

関連する記事

れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
ピザの原型「ラフマージュン」で飲むワイン。トルコ料理専門店にて。
正統派ケバブはトルコ料理専門店で味わってこそ。
トルコ語で「はらわたを裂く」という意味を持つ料理があります。それがカルヌヤルク。何だかおどろおどろしい名前ですが、裂くのはナスのお腹。日本でおなじみ「ピー...
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
寒くなってくると、なんだか「チーズ」がグッとおいしく感じませんか?おやつにもなるし、ちょっとした料理をご馳走に変身させてくれたりもするチーズを、今よりもっ...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、「食レポ」が苦手な人間が背水の陣で挑む「お取り寄せスイーツの食レポ」企画。第四回は...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...