イタリア?アメリカ?NO!トルコのピザに舌鼓@赤坂

イタリア?アメリカ?NO!
トルコのピザに舌鼓@赤坂

赤坂でワインとつまみをカジュアルに楽しむ。バルもビストロもいくらでもあるが、向かう先はトルコ料理専門店「ターキッシュキッチン」。野菜や豆を使った豊富な前菜、ガツンとケバブも鉄板。でも、提案したいのは……あえてのピザ!

餅は餅屋と敬遠するのは早計。イタリアへと渡ったピザの原型はトルコにあり。アレンジの幅広さだって負けてない。

トッピングでなく、
はさんで味をつくりだす

©2019 HIROMU INOUE

ラフマージュン1728円(税込)

トルコでピザといえば「ラフマージュン」。生地の薄さ、淵まで具がのったスタイルはローマ風のそれに近いが、クリスピーな生地にトマトソースとひき肉のみという潔さ。チーズも存在しない、これがトルコにおけるプレーンピザだ。

焼けた生地の香ばしいにおい、わずかに感じるクミンのアロマ、スパイシーなひき肉の心地いい弾力……シンプルゆえに、いつもより五感が敏感になる。

それにしても、なんと深みのあるソースの鮮やかさよ。

トマトだけではどうしても酸味が勝る。そこでパプリカパウダーを加えて角をとり、色味を出しながらマイルドな味に落ち着かせる。シンプルなようでいて奥が深い。

これだけでも軽く一皿いけてしまうが、トルコ人に倣って3枚目以降は本場の食べ方で。付け合わせの「玉ねぎのマリネ」をはさんで食べる。甘酸っぱいザクロソースをかけた「生野菜」も外せない。ここに「レモン」をひと搾り。3つ揃ってはじめてラフマージュンが完成する。

©2019 HIROMU INOUE

合わせるならトルコワインだろう。

アナトリア地方、エーゲ海地方、トラキア地方など、産地の異なる豊富なトルコワインに出会えるのもターキッシュキッチンならでは。口当たりが軽くライトボディなものから、重厚で後味の残るラグジュアリーなタイプまで、ワインリストを眺めるだけで目移りしてしまう。

1本3,000円〜20,000円とレンジは広く、シーンに合わせて選べるのもうれしい。

ジューシーなケバブも
ピザではさむ

©2019 HIROMU INOUE

「炭焼きケバブの5種盛り合わせ」4900円(税込)。

主役はピザだけにあらず。やっぱりメインを張るのは、丁寧にローストしたジューシーなケバブ。チキン、ビーフ、ラム、ドネル、キョフテ(トルコ風ハンバーグ)の「炭焼きケバブの5種盛り合わせ」は圧巻のボリュームだ。

ここで生きてくるのが前述のラフマージュン。ジューシーな肉もピザではさむ。これまたトルコ流。百聞は一見に如かず。なるほど!と膝を打つに違いない。

©2019 HIROMU INOUE

「ターキッシュキッチン」

TEL:03-6230-2239
営業時間:11:30〜14:30(月曜〜金曜のみ)、17:30〜23:00(LO.22:30) 
定休日:日曜(パーティーの場合は営業)
HP:https://turkishkitchen.jp/

Top image: © 2019 HIROMU INOUE

おすすめ記事

東京で味わう「本場」。今夜のレストラン候補にどうぞ!
正統派ケバブはトルコ料理専門店で味わってこそ。
7月9日、トルコに暮らすEnesさんが「未来の子どもたちのために、国家の日として植樹の日を制定しませんか?」とツイート。そして、現大統領レジェップ・タイイ...
高さは369mになる予定で、東京タワーより少し高いくらいです。見た目はとっても未来的。
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
人によって夏バテは意外に長く続くもの。連日の暑さで疲れた体に、スタミナ満点の食事もいいけれど、胃袋だってお疲れ気味。ならばと紹介したいのが、ヨーグルトを使...
自ら命を落とすのは人間に限ったことではないのかもしれない。先月トルコで80頭もの羊が崖から飛び降りる事件が起きていたのだ。トルコ国内での集団飛び降りは20...
「Sargento Foods」がシカゴのピザレストランと広告代理店とコラボして実現させた、新作チーズを美味しく食べてもらうためのキャンペーン。ピザの注文...
フレンチ、中華、そしてトルコ、これが俗に言うところの世界三大料理です。その中でトルコ料理だけ、日本人の印象が薄いのはなぜでしょう。ドネルケバブのイメージは...
イタリア南部のローカルフード。「ピザトースト」なんて呼ばないで。このクオリティならばお腹もココロも同時に満たしてくれるはず!
ピザハットが、10月30日、ピザを焼きながら配達もこなせるトラック「Tundra PIE Pro」を製造した旨を発表しました。
缶詰の中でも特に種類の豊富な「サバ缶」。加工技術が高く、生臭さもなく美味しさを逃さず閉じ込めてある分、どんな料理にも応用が利きます。サバを挟んで食べるトル...
オーストラリアとニュージーランドのドミノ・ピザでは、お客さんの満足度を上げるために、ピザの出来栄えをチェックするマシン「DOM Pizza Checker...
トルコ語で「はらわたを裂く」という意味を持つ料理があります。それがカルヌヤルク。何だかおどろおどろしい名前ですが、裂くのはナスのお腹。日本でおなじみ「ピー...
ピザオーブンを販売する会社からピザテイスティングのおいしい求人です!採用された人にはピザオーブンが送られてきて、ピザ作って食べるというもの。ピザレシピの向...
TVを見ながら、注文したピザを待っているとき、ここは絶対見逃せないってシーンに限ってピザのご到着。いま手が離せないんだよ!ってね。この経験に少しでも心当た...
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
シカゴのピザ博物館「The U.S. Pizza Museum」。5月31日、展示スペースが拡大する形で再オープン。展示品には“ピザの剥製”も……。シカゴ...
 ヨーグルトというと、日本ではジャムをかけてデザートにするのがごく普通の食べ方だろう。しかしインドから中央アジア、中東にかけての一帯では、ヨーグルトは料理...
イタリアにはたくさんのピザ専門店「ピッツェリア」があります。この記事で紹介する地図「Best Pizzas in Italy」には、イタリア版ミシュラン「...
ピザを入れらるポケットが付いているパーカが、クラウドファンディング開始です。胸のあたりにプリントされているピザがポケットになっていて、1スライスをどこにで...