【Tips】美味しいワイン選びに、この「エチケット」を知っておきましょ!

マナーの話をしましょうってわけではありません。ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTipsをお伝えしようというものです。

そして、ちょっと通っぽさも演出できるという話。

ワインの「顔」の呼び方わかりますか?

©iStock.com/ValentynVolkov

飲めば好きだし興味もある。だけど正直なところワインについて「よくわからない」という理由で、愉しむことを遠ざけている人もけっこういます。
たしかに、勉強し始めると後悔もしてしまうくらい奥の深いワインの世界。
でも、そこまで知らなくてもワインの「顔」のことをちょっと知っていれば、味わいやどんな特長なのかなども、そこそこわかってくるものなんです。

で、「顔」と言っても、液色の色や艶を眺めて……とか、そんな難しいことではなく、ボトルに貼られているラベルのこと。
いまラベルとお伝えしましたが、皆さんにわかってもらえるように書いただけ。実は、ワインボトルのそれを指すときはフランス語の「エチケット」と呼ぶほうが正しいんです。こう指して呼ぶだけで、ワンランク上のワイン好きに見えてきます。

その由来は諸説ある「エチケット」

©iStock.com/JacquesPALUT

ところで、「エチケット」と耳にすると、礼儀作法のほうを想像しますよね。
これ、あながち間違いではなく、一説では、礼儀作法を意味する言葉の「エチケット」が由来だとも言われています。王侯貴族たちの宮廷に立ち入る際に、守るべき礼儀作法や席順を記した札や、彼らが宮廷内で守るべき礼儀正しい振舞いのことを「エチケット」と呼ぶようになっていたとのこと。そして、それらが立て札として掲げられたことから、“貼り付ける札”の意味も含まれるようになり、ワインボトルに貼り付ける札も、そう呼ぶようになったのだとか。

また逆の説もあり、“荷札”という意味合いだったことで、ワインの輸送の際、係員が箱に貼られているこの“荷札”の通りに正しく中身を入れているかどうかチェックしていたと伝えられます。それにより、係員がちゃんと仕事をしているかどうか判断されていたことから、正しい作法や順序といったマナー=「エチケット」という意味になったとかも。

と、卵が先かニワトリが先か、的な由来がさまざまにありますが、「エチケット」についてこんな話も添えると、より博識なワイン通って感じになりますよね。

スーパーの鮮魚と同じように
生産情報が記載されている

©2018 TABI LABO

で、ワインのエチケットには、わかりやすく銘柄や名前だけでなく、収穫年や産地、格付けなど、たくさんの情報が書かれています。
例えば、新世界ワインとして以前に紹介したワインの場合。「MOMO PINOT NOIR MARLBOROUGH NEW ZEALAND 2016(モモ ピノ・ノワール マールボロ ニュージーランド 2016)」の記載は、「モモというブランド名で/ピノ・ノワール種のブドウを使い/ニュージランドのマールボロ地区で造られ/2016年生産のワイン」ということ。これ、スーパーの売り場に並ぶ鮮魚や精肉のパッケージに貼ってある生産情報シールと同じようなものですよね。
もちろん、国やブランド、ワイン種のルールによって記載されている情報の数に差異はでるのですが、ブドウ品種の特長とかだけでも知っておけば、おおよその味がわかるし、ワイン選びの助けになるります。

©iStock.com/gilaxia

このワインが、いったい“どこの誰でどんなやつ”なのか、その顔つきである「エチケット」を見れば全てわかるとも言われるほど。
書かれている内容をよくチェックして、少しでも知識をもっておけば、飲む前から味も想像できて、ワイン選びにだって役立つはずですよ。

Top image: © iStock.com/Instants
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
ボクをおウチに連れてって!とでも言いたげなワンコの顔イラストが愛らしいエチケットのチリ産赤ワイン「ペリート・カベルネ・ソーヴィニヨン」。価格もワンコインの...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
エチケットに暗い色の馬の額とワイングラスをコラージュした図柄が描かれた「ダークホース ピノ・ノワール」。お値段は1,000円台前半。その味わいは名前に反し...
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...
赤ワインをおいしい状態に仕上げるには、一定の長さ空気に触れさせておく必要がありますが、そのデカンタージュを代わりに果たしてくれるアイテムが登場しました。
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
「絶対ダメだよ、押すなよ」って言われても押してしまう心くすぐるエチケットデザインの「ボデガス・アントニオ・カンデラ パニックボタン」。いい意味でパニックが...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
ペットを可愛がっている実家のおじいちゃん、おばあちゃんへのお土産に……なんていうのも、ちょっと素敵なプレゼントになる。そんな、お値段以上に「幸せ」を運んで...