【日本のワイン】「現代の和食」に合うのには、100年の歴史あり

イタリア、フランスといったワインの生産量で有名な国ではない、「新世界ワイン」を連載でご紹介している本企画。我が「日本ワイン」もここ数年で格段と進歩を遂げ、世界的評価を得られる存在へと成長を遂げています。
ちなみに、「日本ワイン」とは、日本国内で栽培されたぶどうを100%使用して日本国内で醸造されたワインのこと。

そんな「日本ワイン」でオススメしたい手頃な1本をご紹介します。

日本のワイン造り黎明期から継がれた想い

ロゴとエチケットのデザインがいかにも日本って感じで、醤油とか入っていても不思議じゃなさそうなこちらの赤ワイン。
まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」
もちろん国内栽培ぶどう100%のこだわりワイン。お値段は手頃な1,000円台。

マスカットベーリーAという品種をメインに樽熟成した他のぶどうなどをブレンド。ほんのりとした樽香に甘い香りのする重厚な味わいに仕上がってます。それでいて、軽快な酸味もあるから重いばかりにならない。
合わせるならやっぱり和食で、豚の角煮やすき焼きといった醤油味で煮込んだりした和の濃い味との相性がバツグン!
和食にあうのも納得なのは、このワインの作り手が、日本でのワイン造りの原点となるとともに現存する日本最古のワイナリーという点。

創業者の土屋龍憲氏は初代首相でもある伊藤博文の命を受けてワイン醸造技術習得にフランスへ遊学したというのだから、歴史を感じます。
土屋龍憲氏が帰国してワイナリーの前身となる「マルキ葡萄酒」を設立するのが1891年。「フランスワインがフランス料理に合うように、甲州ぶどうが和食に合わないはずがない」という創業者の想いを継ぎながら、120年以上も日本ワインの研鑽を続けてきたんです。
その成果が積もり積もっているんですから、いまの和食に合うワインになるはずですよね。

和食に合う日本ワインってだけでも、なんだか洗練されて食卓がリッチになりそうな印象ですが、お手頃なのでテーブルワインとして使うのもオススメできる1本です。

©2018 TABI LABO

「まるき葡萄酒 まるきルージュ」

■産地:日本
■ぶどう:マスカットベーリーA・ベーリーアリカントA
■色:赤
■味わい・風味:ライト~ミディアムボディ
■実勢価格:720ml 1,188円~

Top image: © 2018 TABI LABO
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
「ハリー・ポッター3」の撮影監督も務めたマイケル・セレシンが設立したワイナリーの「セレシン・エステイト シャルドネ 2015」は手づくりにこだわる
さすが欧州No.1のオーガニック大国と思わせる心地よさ抜群の白ワイン。ピュアでナチュラルな味わいをぜひ試してほしい1本。
近年、シアトルでは街中や郊外にワイナリーが増加中。そのきわめつけが、都心部から車で30分の場所にあるワイン村・Woodinville(ウィッディンビル)。...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。