チリの1000円台ワインが「西郷どん」みたいな理由

発音するときはやっぱり「西郷どん=せごどん」と今は言うべきなんですかね。NHKの大河ドラマにもなっている鹿児島・薩摩の生んだ英雄のこと。
で、今回ご紹介する1本「ルート・ワン ヘリテージ・レッド」。ワインができるまでのストーリーや飲み口から、「西郷どん」を思い浮かべたんですよね。

このワイン、価格は1,254円~と、チリ産らしいお手頃さ。リーズナブルではありますが、格上のブドウをブレンドして仕込まれた赤ワインでして、注目すべきはそのブドウ。

現在、ほとんどのワイン産地では、根の部分と実をつける部分の品種を変える接木を行ってブドウを育成しています。
というのも、フィロキセラという根を腐らせる寄生虫被害が19世紀半ばに流行り、その対策方法が耐性のあるブドウの根を使い接木する事でした。
ところが、チリは気候や立地からフィロキセラ被害に遭っていない唯一の国。接木せずにブドウの木が育てられるのです。

純粋に根から実まで一本の木のブドウ。だから、名前も「ルート・ワン」
大地に深く根を張った大樹のラベルもまさにそれ。

味はいかにもチリワインらしい果実味と豊かなボディ。
裾野の広い海のような旨さ・甘さ、渋さがだんだん広がります。ビーフ・シチューやハンバーグなどの煮込み料理と合いそうな濃い味わい。

これら含めて、「西郷どん」とカブったんでしょうね。一本気で純朴に描かれる人物像や、濃い顔のイメージとか。
こんなこと書いてたら、ワインの濃い赤茶色した液色も、さつまいものように見えてきました(笑)。

週末の夕飯時に飲むのもいいですが、その後の大河ドラマを鑑賞しながらでも相性がいい1本ですよ。

©2018 TABI LABO

「ルート・ワン・ヘリテージ・レッド 2013」

■産地:チリ
■ぶどう:カベルネ・ソーヴィニョン、カルメネール、シラー、プティ・ヴェルド
■色:赤
■味わい・風味:ミディアムボディ・辛口
■実勢価格:750ml 1,254円~

Top image: © 2018 TABI LABO
チリはマイポ・バレーのワイナリーが造る「ソーヴィニヨン・ブラン オーガニック ロス・カネセス」。フレッシュで洗練された、飲み心地抜群のオーガニックワインです。
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
ボクをおウチに連れてって!とでも言いたげなワンコの顔イラストが愛らしいエチケットのチリ産赤ワイン「ペリート・カベルネ・ソーヴィニヨン」。価格もワンコインの...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
心温まる動画をご紹介。
“ホームパーティで気兼ねなく1本スグ空けちゃえ!”系 ワイン。大人数でワイワイと楽しむのが正解。お値段は1,000円台前半。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...
エチケットに暗い色の馬の額とワイングラスをコラージュした図柄が描かれた「ダークホース ピノ・ノワール」。お値段は1,000円台前半。その味わいは名前に反し...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
自然農法による高級品種のぶどうを使った1本は、驚きのアンダー1,000円。
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...