ワインも「ナチュラルにこだわる」なら、この田舎式

口にするならナチュラルなものにこだわる! って方いますよね。
そんな志向の人に、オススメの1本が「h3 IKKAKU イッカク 2017 赤」。

滋賀県のヒトミワイナリーによる国産ワイン。近年、評価も人気も高まる日本産ワインとしては手頃な1,836円。

で、何がナチュラルかって、このワインの造り方。
”にごりワインの”ヒトミワイナリーっていわれるほど、清澄とろ過作業を行わなず、濁ったワインにこだわる造り手さん。
当然、この「h3 IKKAKU イッカク 2017 赤」も赤ワインなので目立ちませんが、濁ってます。

透明感ある状態にするのもいいけど美味しい成分までそぎ落としてしまうこともあるわけで、見た目は二の次に。
おかげで、葡萄本来の持つ力強さやその年のぶどうの個性をそのままワインに反映。

そして、ろ過せず酵母がまだある一次発酵の状態で瓶詰めします。すると瓶の中でさらに発酵してできる炭酸ガスのプチプチ。
これ、メトード・リュラル(製法・田舎)ってちゃんとしたワインの製法。なので、“田舎式微発泡ワイン”。
この気泡がフレッシュさを増幅させ、自然と香りの印象も強めてくれます。

無農薬栽培のオーガニック素材……とかとは違う変化球な1本。
自然と手をのばせる価格ですし、ナチュラル志向なあなたのテーブルにこんなワインもどーでしょ?

5331361711783936
©2018 TABILABO

ヒトミワイナリー h3 IKKAKU イッカク 2017 赤

■産地:日本/滋賀
■ぶどう:国産マスカットベリーA、キャンベルス
■色:赤
■風味・味わい:微発砲辛口
■価格:720ml  1,836円〜 ※製造本数5,000本

楽しい嬉しい喜ばれる
🍷🌏🍾新世界ワイン🍷🌏🍾
他にも探してみましょ!

Top image: © 2018 TABILABO
コレを選べば、<br>楽しい嬉しい褒められる。
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
ボクをおウチに連れてって!とでも言いたげなワンコの顔イラストが愛らしいエチケットのチリ産赤ワイン「ペリート・カベルネ・ソーヴィニヨン」。価格もワンコインの...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
「絶対ダメだよ、押すなよ」って言われても押してしまう心くすぐるエチケットデザインの「ボデガス・アントニオ・カンデラ パニックボタン」。いい意味でパニックが...
5月21日にラトビア銀行が、蜂の巣型の5ユーロ「Honey Coin」を3,000枚発行しました。
ペットを可愛がっている実家のおじいちゃん、おばあちゃんへのお土産に……なんていうのも、ちょっと素敵なプレゼントになる。そんな、お値段以上に「幸せ」を運んで...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
特別な日の夕食を格上げにも、自分へのご褒美にもほどよいお値段のニュージーランド産・赤ワインに、翼を授けてもらうってのはいかがでしょう?
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
“ホームパーティで気兼ねなく1本スグ空けちゃえ!”系 ワイン。大人数でワイワイと楽しむのが正解。お値段は1,000円台前半。
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。