ワインも「ナチュラルにこだわる」なら、この田舎式

口にするならナチュラルなものにこだわる! って方いますよね。
そんな志向の人に、オススメの1本が「h3 IKKAKU イッカク 2017 赤」。

滋賀県のヒトミワイナリーによる国産ワイン。近年、評価も人気も高まる日本産ワインとしては手頃な1,836円。

で、何がナチュラルかって、このワインの造り方。
”にごりワインの”ヒトミワイナリーっていわれるほど、清澄とろ過作業を行わなず、濁ったワインにこだわる造り手さん。
当然、この「h3 IKKAKU イッカク 2017 赤」も赤ワインなので目立ちませんが、濁ってます。

透明感ある状態にするのもいいけど美味しい成分までそぎ落としてしまうこともあるわけで、見た目は二の次に。
おかげで、葡萄本来の持つ力強さやその年のぶどうの個性をそのままワインに反映。

そして、ろ過せず酵母がまだある一次発酵の状態で瓶詰めします。すると瓶の中でさらに発酵してできる炭酸ガスのプチプチ。
これ、メトード・リュラル(製法・田舎)ってちゃんとしたワインの製法。なので、“田舎式微発泡ワイン”。
この気泡がフレッシュさを増幅させ、自然と香りの印象も強めてくれます。

無農薬栽培のオーガニック素材……とかとは違う変化球な1本。
自然と手をのばせる価格ですし、ナチュラル志向なあなたのテーブルにこんなワインもどーでしょ?

©2018 TABI LABO

ヒトミワイナリー h3 IKKAKU イッカク 2017 赤

■産地:日本/滋賀
■ぶどう:国産マスカットベリーA、キャンベルス
■色:赤
■風味・味わい:微発砲辛口
■価格:720ml  1,836円〜 ※製造本数5,000本

Top image: © 2018 TABI LABO
「新世界ワイン」まとめ
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
青森県が今月19日から県内にある「まるで海外」な絶景スポットを紹介するスペシャルCMを公開中。青森は“今ちょうどいい旅先”かもしれない。
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
ナチュラルワインって、なんですか?
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
あなたのワクワクを刺激する新時代のドリンクをピックアップ。
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
イギリスにあるサファリパーク「リンカンシャー・ワイルドライフ・パーク」に、8月中旬、5匹のオウムが新加入。しかし、加入早々オウムたちは強制的に表舞台から退...
ゾンビの夢の意味とは?夢占いの専門家がゾンビの夢の意味について、ゾンビの種類、シチュエーション、あらわれた場所別に解説します。
さすが欧州No.1のオーガニック大国と思わせる心地よさ抜群の白ワイン。ピュアでナチュラルな味わいをぜひ試してほしい1本。
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...