【Theオーガニック】まさにナチュラル……こう言うしかオススメできない

ワインの生産量で有名な国の産まれではない「新世界ワイン」から、昨今、ビオやオーガニック、自然派のナチュラルワインとかが人気。その中から1本を新世界ワインのリストよりご紹介します。

人の手がかからずも、味・香りが整ったワイン

有機ブドウによるナチュラルなワインって聞くと、ちょっとワインを知っている人には聖地のように扱われるのが南半球のオーストラリア。前回、随一の有機農国家のワインをこの連載記事で紹介しましたが、あれはヨーロッパのよく似た名前の国のほうなので、間違えないように!

で、オーストラリアには自然派ワインのカリスマ的な醸造家もいたりするくらいに、注目度は高まるばかり。しかし、本当のところオーストラリアワインのうち有機素材のワインって言えるのはシェア1%に満たないかもしれないんですよね。それだけ、1本1本が質がよく評価もされる醸造家たちが輩出されている国なのかも。

ここでひとつ、ワイン選びの注意にもなるんですが、「ナチュラルワインだからいい」って無闇に信じてはいけません。
ナチュラルワインのおおよその定義としては、できるだけ人の手を加えないで造ったワインだったり、亜硫酸(酸化防止剤)の量をゼロもしくは減らす、野生酵母を使う、畑にさまざまな生物の多様性を確保する、などといったことになるかと。
でも、手を加えないために好ましくない臭いや汚染が出ても……って我慢して飲むようなナチュラルワインでは本末転倒ですよね。だから、なおのこと「オーストラリア産だからナチュラルを選ばなきゃ!」とか信奉しないようにしましょう。

なんてのを踏まえ、このワインの紹介。名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。信奉するなと言っておきながら、このシラーズはゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできます。
有機認証の畑からブドウを厳選し、人為的介入を減らしながらも人が手を入れるところは極力丁寧な作業を経て醸造。ブドウの味わいをそのまま瓶詰めしたようなワインに仕上がってます。

産国を問わずけっこうハズレも多いのがナチュラルワイン。ですが、オーストラリアワインのイメージのそれで、名前もまんま「ナチュラル」なこの1本を選んでおけば、いいワインとの出合いをハズすはことないですよ。

4896296020213760
©2018 TABI LABO

ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ 2017

■産地:オーストラリア
■ぶどう:シラーズ
■色:赤
■味わい・風味:辛口・ミディアムボディ
■実勢価格:750ml 1,850円~

Top image: © 2018 TABI LABO
さすが欧州No.1のオーガニック大国と思わせる心地よさ抜群の白ワイン。ピュアでナチュラルな味わいをぜひ試してほしい1本。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
チリはマイポ・バレーのワイナリーが造る「ソーヴィニヨン・ブラン オーガニック ロス・カネセス」。フレッシュで洗練された、飲み心地抜群のオーガニックワインです。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
持ち運び専用の剃刀「Sphynx」は、手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。ムダ毛処理をしたはずなのに、デート前や旅行中に剃り残し...
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
自慢の一張羅を着るおじいちゃん。お気に入りのアクセサリーを身につけるおばあちゃん。シニア向けクラブ「The Posh Club」に参加している人たちは、年...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
ワインの造り手一家の娘、シェリル・インデリカートさんが女性目線にこだわって造ったブランドの1本「ハンドクラフト プティ・シラー 2015」。女性が喜ぶ要素...
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
エチケットに暗い色の馬の額とワイングラスをコラージュした図柄が描かれた「ダークホース ピノ・ノワール」。お値段は1,000円台前半。その味わいは名前に反し...