【Theオーガニック】「心地いい味って?」意外な国からやってきたオーガニックワインの魅力

ワインの生産量で有名な国の産まれではない「新世界ワイン」を連載でご紹介している本企画。昨今、ビオやオーガニック、自然派とかってナチュラルワインにハマる人が多いのですが、新世界にもたくさん。そこにこだわってオススメをご紹介します。

欧州No.1のオーガニック大国が産むワイン

自然派というかナチュラルというか、オーガニックワインがここのところ人気です。生産量、生産者もここ10年でグングンその数が増えているほど。
「後に残らない」「二日酔いしない」などとあまりに言われるので都市伝説かと思わされるほどですが、確かに自然の力によるのか飲み疲れしないリラックスした美味しさが魅力です。

そして、この「オーガニック」というキーワードで、北欧などを差し置いて、オーストリアが欧州No.1のオーガニック大国なんだそうです。有機農業地のシェアが20%ほどあり(日本では1%程度)、世界でも最も厳しいいわれるワイン法でオーガニックワインを政府レベルで品質の管理・チェックをしているんです。

で、紹介するのがそのオーストリアのワイン「TONI(トーニ)」。独自のオーガニックワイン造りを表現したネーミングで、T=tasty(おいしい)、O=original(独自の)、N=natural(自然の)、I=individual(個性的な)、4つの単語の頭文字からとったもの。ワイナリーの持つ畑でビオディナミ農法による有機栽培のブドウを育て、健康で最良なものを厳選。自然酵母による醗酵も行なっているこだわりの作り手です。
……って、早々に本当のところ話すと、このワイナリーの現当主がトーニさんって名前が由来の真相なんですけどね(笑)。

肝心のワインのほうは、フレッシュでみずみずしく、軽やかでバランスのいいブドウに育ったグリューナー・ヴェルトリーナーを使った白ワイン。製造の過程で清澄はせず、ビン詰め時に珪藻土を使った濾過をするあたりに“大国らしさ”を感じます。
飲めば、澄んだ酒質で青りんごや柑橘系果実を想わせる香り。嫌味のない酸と爽快なミネラル感もあり繊細な味わいです。
さすがオーガニックの国・オーストリアと思わせる心地よさ抜群の1本。ピュアでナチュラルな味わいはぜひお試しあれ。

©2018 TABI LABO

トーニ グリューナー・ヴェルトリーナー

■産地:オーストリア
■ぶどう:グリューナー・ヴェルトリーナー
■色:白
■味わい・風味:辛口
■実勢価格:750ml 1,965円~

Top image: © 2018 TABI LABO
チリはマイポ・バレーのワイナリーが造る「ソーヴィニヨン・ブラン オーガニック ロス・カネセス」。フレッシュで洗練された、飲み心地抜群のオーガニックワインです。
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
「ハリー・ポッター3」の撮影監督も務めたマイケル・セレシンが設立したワイナリーの「セレシン・エステイト シャルドネ 2015」は手づくりにこだわる
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
「絶対ダメだよ、押すなよ」って言われても押してしまう心くすぐるエチケットデザインの「ボデガス・アントニオ・カンデラ パニックボタン」。いい意味でパニックが...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...