【新世界ワイン】大切なアノ人を笑顔にするかも、という「幸せ」ワイン

2018年ももう後半に折り返したところですが、紅白の背景に今年の干支である「戌(いぬ)」が描かれた、なんとも可愛いらしいエチケットの赤ワイン。こちら、南アフリカ産の「ヴエラ カベルネ・ソーヴィニヨン 2015年 マン・ヴィントナーズ 」。

ワンコ好きな友だちへの手土産などにぴったりで、1,000円台という気軽にプレゼントとして買える値段は嬉しいところ。
それに、ワインの名の「ヴエラ」とは、現地の言葉で「幸せ」を意味するっていうんだから、そんな豆知識をプラスして渡すのもアリ。

6476999560265728
©2018 TABILABO

スーパー・コスパワインの造り手として世界的にも大ブレイク中ワインメーカーによる1本なので、中身は驚きの美味しさ。

完熟果実の適度な厚みをもった甘さで、全体的にとてもジューシー。新世界のワインなのに、しっかりと洗練されていて、フランスやイタリアのようなエレガンスさもあり、ワインにうるさい御仁にだって満足してもらえるお味。

自分で飼っているワンコの誕生日に飲むとかもいいんですが、いまではペットを可愛がるばかりな実家のおじいちゃん、おばあちゃんへの帰省土産にするなんていうのも、ちょっと粋。
きっと、お値段以上に「幸せ」を運んでくれる。そんな意味でもスーパー・コスパワインになる1本だと、オススメします。

 

ヴエラ カベルネ ソーヴィニヨン 2015 マン ヴィントナーズ

■産地:南アフリカ
■ぶどう:カベルネ・ソーヴィニヨン主体
■色:赤
■風味:ミディアムボディ
■実勢価格:750ml  1,166円〜

Top image: © 2018 TABILABO
“ホームパーティで気兼ねなく1本スグ空けちゃえ!”系 ワイン。大人数でワイワイと楽しむのが正解。お値段は1,000円台前半。
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?
サイズは23.5センチ、色はホワイトシルバー。一足いかが?
特別な日の夕食を格上げにも、自分へのご褒美にもほどよいお値段のニュージーランド産・赤ワインに、翼を授けてもらうってのはいかがでしょう?
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
ワインを選ぶ際、魚やお肉などの料理に合わせるのはよくある話。ですが、子育てのイライラに合わせて、ワインを選ぶなんて初めて聞くはずです。ここで紹介するのは「...
いまやコーヒースタイルの定番になりつつある「コールドブリュー」。じっくり時間をかけて抽出するわけですが、これをもっと美味しく飲む方法がありました。
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
ワインを頼むなら「毎回これ」と決めているあなた。単に「味が好き」という理由で手にとっているかもしれませんが、じつはあなたの性格を反映しているのかもしれませ...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
東京・赤坂にあるレストランCROSS TOKYOにて先日行われたイベント、「ノムリエの会 meets 一関」。一流スタッフにより振る舞われる岩手県一関市の...
ちょっといいレストランで食事をしようとするとき、避けては通れないのが「ワインの注文」。どうせならかっこよく、まるで詳しい人かのようにオーダーしてみたいです...