【ラベル選びも楽しい】南アフリカのオーガニック、フェアトレード、そして低価格!

ワインの生産量で有名な国の産まれではない「新世界ワイン」連載でご紹介している本企画。革新的な試みをするワインも多い新世界ワインですが、ラベルに特長ある、いわゆる「ジャケ買い」したくなるワインも多数あります。

エチケットに騙されないで!

地方にいって、お土産を探そうとしたとき、安易にイラストが描かれた包装のお菓子とかって、言葉を選ばないと安っぽく見えたりしません?そして、実際に中身もガッカリすることも多かったり。

今回ご紹介する、南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は値段も1000円ちょっとで買えることもあり、一見すると「(あ、これは……)」と心の内で呟いてしまいそう。
ですが、よく見て欲しい。絵の内容はアフリカ産であるイメージがよく伝わるし、配色も色をあれこれ使わず落ち着あるもの。月の描かれ方の愛らしさとシルエットのみのブドウ(?)の木の繊細な表現。ヘタウマってこととも違いますが、その絶妙なバランスがイラストとしてよくできているのも、ちゃんと見ればわかります。

©2018 TABI LABO

味わいも柔らかい酸味と程よい渋み。フルーティで全体的になめらかな口当たりで飲み易く、適度なコクとボディも魅力の力強いワイン。
さすがに高級品のような強弱ある個性が感じられるほどではありません。でも、低級品の粗雑な感じがないロープライスなワインであるのは評価。デイリーで飲みたいテーブルワインとしては、十分すぎる内容だと評価できます。

しかも、オーガニックであることもポイントだし、50数人のフェアトレード契約スタッフでアヒルを野放しにしてブドウを育てているワイナリーのワインなのだとか。
そんな自然味溢れるセールスポイントで、この手のイラストラベルの商品だと、味に期待できない色眼鏡で見られそうですが、そういう偏見なく飲んで欲しいワインです。

きっと一緒に飲む人が、このワインを素直に「美味しい」って言ってくれるようなら、見た目だけで判断するような無粋な人物ではないのがわかるのかも。
そんなテストを目的に栓を開けるのもお手頃価格なので気兼ねせずにできますよ。

ムーンライト オーガニック シラーズ 2017

■産地:南アフリカ
■ぶどう:シラーズ
■色:赤
■味わい・風味:辛口・ミディアムボディ
■実勢価格:750ml 1,005円~

Top image: © 2018 TABI LABO
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
さすが欧州No.1のオーガニック大国と思わせる心地よさ抜群の白ワイン。ピュアでナチュラルな味わいをぜひ試してほしい1本。
チリはマイポ・バレーのワイナリーが造る「ソーヴィニヨン・ブラン オーガニック ロス・カネセス」。フレッシュで洗練された、飲み心地抜群のオーガニックワインです。
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
自然農法による高級品種のぶどうを使った1本は、驚きのアンダー1,000円。
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
ペットを可愛がっている実家のおじいちゃん、おばあちゃんへのお土産に……なんていうのも、ちょっと素敵なプレゼントになる。そんな、お値段以上に「幸せ」を運んで...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
「デレデレ」ってくらい甘さが漂う「カリントン・グレース スパークリング シラーズ NV」。1849年創業の老舗ワイナリーが造るハイコスパな1本は1,000...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
ドイツ・アマゾンの照明部門でNo.1を記録したソーラーランプが、日本初上陸です。柔らかな光を発する、フェアトレード商品の「ソネングラス」。ヨーロッパを中心...