ガーナがブロックチェーン技術に注目する理由

「BitcoinAfrica.io」によれば、ガーナでは貿易工業省の協力のもと、ローカルスタートアップが主体となったブロックチェーンハッカソンが開催されました。

日本でブロックチェーンと言えば、仮想通貨を支える技術というイメージ。けれども、ガーナでは社会問題を解決するテクノロジーとして期待が高まっているようなんです。

フェアトレードを普及させる
ブロックチェーン

ガーナの経済を支える輸出品といえばカカオ豆。そして「Cocoa Barometer 2018」の調査によると、ガーナとコートジボワールでは約210万人の子どもたちがカカオの生産に従事しているそうです。いわゆる児童労働の問題ですね。カカオ豆に限らず、度々こういった問題はフォーカスされています。

そんな児童労働をなくすためのアプローチのひとつにフェアトレードがあります。このフェアトレードを広める上で、ブロックチェーンの技術が役立つようです。

第一次産業で活用される
テクノロジー

ガーナで今、注目されているのは「Bext360」というアメリカのスタートアップ。彼らはブロックチェーン技術を使って、カカオ豆の生産地や生産者、バイヤー、支払い金額などの様々な情報を記録管理できるサービスを提供予定です。

つまり、信頼できるトレーサビリティを作りあげるということ。

生産から消費までの流通情報に誰でもアクセスできるようになれば、児童労働をはじめとする課題解決の第一歩になるというわけです。

さらに、将来的にはカカオ農園で働く人たちがチョコレートを製造している企業と直接取引できるようになるかもしれません。分散型システムとして機能するブロックチェーンは、生産者と製造者の距離がより縮まりやすくなるからです。

ブロックチェーンは、第一次産業にもインパクトを与える可能性を秘めています。そう考えると、ガーナが国を挙げてその技術に注目するのも頷けます。

Top image: © Sylvie Corriveau/Shutterstock.com
ブロックチェーンのキーワードは分散化だ。じゃあ何がどう便利になるの? とくにイメージしやすい具体例は、電力だ。
マレーシアのマラッカ市に、リンギットの利用を廃止する都市が誕生します。代わりとなるのが仮想通貨「DMI」です。
誰が大麦を栽培したのか?ちゃんと食品検査は行われているのか?どこで醸造されたのか?お店に売られるまでの情報をぜ〜んぶ追跡できるのが、カナダ生まれの「Boc...
古今東西、竹を有効活用した製品は数多くあります。しなやかで丈夫な素材の特性を活かした自転車フレームもそのひとつ。アフリカ各国でつくられ、海外へと輸出される...
ガーナの企業が、プラスチックバックを道路として再利用する取り組みをはじめました。自然の影響を受けにくく、従来のアスファルトに比べて3倍は長持ちする新アイデ...
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
買い物をするときの判断軸になる、品質と値段。でも、安くて品質も担保されているもののウラには、必ず「理由」があります。この動画は、フェアトレードを促進する「...
スペイン・バレンシアにある人気の日本食チェーン「Kento」。店内は竹や木々を連想させるグリーンとブラウンの配色。飲食スペースの一部は壁一面が窓になってい...
日本では「湯水のように使う」という言葉もあるように、水は気軽に使えるものの代名詞。でも、世界的に見ればそれはとっても珍しいこと。今回紹介するガーナの村も、...
サンパウロ郊外Vila Matildeという街に建てられた、ある小さなおうちが、栄誉ある国際的な建築賞を受賞しました。それも2つ。幅わずかに4.8メートル...
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
トランプ政権を揶揄したアメリカンなジョークグッズと思いきや、その逆。トランプ支持者が作ったものだそうです。
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
〈ティファニーT〉 チェーンネックレス。毎日つけてるよ。一度つけたら、基本、外せないんだよね。外すのが大変なんだよ。昔からあるクラシカルなモチーフで、ブラ...
世界中でスポットライトが当てられている食料廃棄問題。デンマーク発のレストランチェーン「Sticks’n’Sushi」は、そんなムダを少しでも減らすべく、余...
ガーナ人のNeequaye Dreph Dsaneさんは、イギリスの街に絵を描き続けている。モデルは全員親友。それぞれの信念を持ち、社会的活動にはげむ人たち。
これがあればもう出先で“充電用ケーブルがない!”なんてことにならないはず。
パン・オ・ショコラを自宅で再現するのは難しいですが、バゲット・オ・ショコラだったら簡単。