ガーナがブロックチェーン技術に注目する理由

「BitcoinAfrica.io」によれば、ガーナでは貿易工業省の協力のもと、ローカルスタートアップが主体となったブロックチェーンハッカソンが開催されました。

日本でブロックチェーンと言えば、仮想通貨を支える技術というイメージ。けれども、ガーナでは社会問題を解決するテクノロジーとして期待が高まっているようなんです。

フェアトレードを普及させる
ブロックチェーン

ガーナの経済を支える輸出品といえばカカオ豆。そして「Cocoa Barometer 2018」の調査によると、ガーナとコートジボワールでは約210万人の子どもたちがカカオの生産に従事しているそうです。いわゆる児童労働の問題ですね。カカオ豆に限らず、度々こういった問題はフォーカスされています。

そんな児童労働をなくすためのアプローチのひとつにフェアトレードがあります。このフェアトレードを広める上で、ブロックチェーンの技術が役立つようです。

第一次産業で活用される
テクノロジー

ガーナで今、注目されているのは「Bext360」というアメリカのスタートアップ。彼らはブロックチェーン技術を使って、カカオ豆の生産地や生産者、バイヤー、支払い金額などの様々な情報を記録管理できるサービスを提供予定です。

つまり、信頼できるトレーサビリティを作りあげるということ。

生産から消費までの流通情報に誰でもアクセスできるようになれば、児童労働をはじめとする課題解決の第一歩になるというわけです。

さらに、将来的にはカカオ農園で働く人たちがチョコレートを製造している企業と直接取引できるようになるかもしれません。分散型システムとして機能するブロックチェーンは、生産者と製造者の距離がより縮まりやすくなるからです。

ブロックチェーンは、第一次産業にもインパクトを与える可能性を秘めています。そう考えると、ガーナが国を挙げてその技術に注目するのも頷けます。

Top image: © Sylvie Corriveau/Shutterstock.com
ブロックチェーンのキーワードは分散化だ。じゃあ何がどう便利になるの? とくにイメージしやすい具体例は、電力だ。
マレーシアのマラッカ市に、リンギットの利用を廃止する都市が誕生します。代わりとなるのが仮想通貨「DMI」です。
誰が大麦を栽培したのか?ちゃんと食品検査は行われているのか?どこで醸造されたのか?お店に売られるまでの情報をぜ〜んぶ追跡できるのが、カナダ生まれの「Boc...
「Sustain Natural」が製造するコンドームは、安すぎない価格で取り引きされた天然ゴムを使っている。フェアトレードされているってことだ。農園で児...
だし巻き玉子に衣をつけてフライにし、まぐろ節をふんだんに練り込んだ専用食パンでサンドする。新ブランド「だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる」がオープン。
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
古今東西、竹を有効活用した製品は数多くあります。しなやかで丈夫な素材の特性を活かした自転車フレームもそのひとつ。アフリカ各国でつくられ、海外へと輸出される...
ガーナの企業が、プラスチックバックを道路として再利用する取り組みをはじめました。自然の影響を受けにくく、従来のアスファルトに比べて3倍は長持ちする新アイデ...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達にチャレンジしている「Green Disc」は、自転車のチェーンにオイルを注すためのアイテム。
職業も生き方もまったく異なるけれど、「今と未来を真剣に考えている」という3人の男を集め、とにかく片っ端から気になることを話してもらおうという今回の企画。
熱狂的なマニアが世界中にいることでも知られている「LEGO」が、ファンのアイデアを商品化する“レゴアイデア”シリーズから実際に弾くことができる精巧なグラン...
Twitter上にアップされて多くの話題を呼んだのが、今では名作として語られる映画作品が80年代から90年代にガーナで上映された際に作成されたポスターの数々。
日本最古のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」。50年のあいだ、古参チェーンを支え続けているのは、他店にはないユニークネス。
買い物をするときの判断軸になる、品質と値段。でも、安くて品質も担保されているもののウラには、必ず「理由」があります。この動画は、フェアトレードを促進する「...
スペイン・バレンシアにある人気の日本食チェーン「Kento」。店内は竹や木々を連想させるグリーンとブラウンの配色。飲食スペースの一部は壁一面が窓になってい...
"世界の電子機器の墓場”と呼ばれるガーナのスラム街・アグボグブロシー。この地の貧困問題と環境問題をアートの力で変えるべく立ち上がったアーティスト・長坂真護...
以前、「TABI LABO」でも紹介した「資生堂」の「手指消毒液(指定医薬部外品)」の一般発売が決定。この消毒液は、資生堂の知見や技術を活かし「手荒れ」を...
カメラメーカー「キヤノン」と北欧を拠点にするPR会社「Uncle Grey Copenhagen」が不正な写真の使用や誤用を防ぐことを目的とした写真データ...
日本では「湯水のように使う」という言葉もあるように、水は気軽に使えるものの代名詞。でも、世界的に見ればそれはとっても珍しいこと。今回紹介するガーナの村も、...
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...
サンパウロ郊外Vila Matildeという街に建てられた、ある小さなおうちが、栄誉ある国際的な建築賞を受賞しました。それも2つ。幅わずかに4.8メートル...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
スペイン・サグントにある地中海に面したビーチでは、砂浜を区画し、利用者が予約できるブロックを作成することを発表した。利用者は専用アプリを通して、ブロックと...