クレイジー過ぎる!80〜90年代に作られたガーナの映画ポスター

公開される国において、さまざまな変貌を遂げる「映画ポスター」

しかし、80年代から90年代にガーナで作成された映画ポスターほど、クレイジーなものはないのかも……。

先日、Twitter上にアップされて多くの話題を呼んだのが、今では名作として語られる映画作品がガーナで上映された際に作成されたポスターの数々。

そこにいるのは、マイケル・ジャクソンの肩に手をかけるE.Tや片手に銃を持つマイケル・ジョーダンなど。妙にドラマチックな絵のタッチや映画には登場しない“何か”が描かれたりして、独特な世界観に染まっている。

© Gamiest Gamer/Twitter
© Gamiest Gamer/Twitter

当時のガーナでは、海外からの文書の送付をすべて禁止していたこともあり、このようなポスターが制作されたようだ。

また、当時デザインを手掛けていたアーティストが語ったところによると、バイオレンスなデザインはガーナ人の好みによるもので、映画のヒットのために実際には登場しないものも描いたという。

狂気さえ感じさせる一連のデザインが気になった人は、ほかにも多く映画ポスターの画像が掲載されている元ツイートをご覧あれ。

© Gamiest Gamer/Twitter
© Gamiest Gamer/Twitter
Top image: © iStock.com/CSA-Printstock
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
今まで映画についていろいろと書いたことがありますが、今回は懐かしい映画についての話です。
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
”おうち時間”を充実させてくれるマッチングアプリ「MOVIE CHAT」は、気になる相手とオンラインで一緒に映画やドラマを楽しむためのサービスだ。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
「自分のものは自分で買う」も、素敵だけれど。
『スター・ウォーズ』の「銀河元老院会議場」を彷彿とさせる仏パリにオープン予定の「Ōma Cinema」。観る映画だけでなく、映画館にもワクワクを!

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...