突っ込めるところがありすぎな「雑誌のカバーガール」たち

 

70〜80年代のコンピュータ雑誌のカバーを紹介します。いろいろ話したいことはありますが、もうこれは見て楽しんでください。

でも、我慢できないのでちょっとだけ突っ込ませてください。

本当に見せたいもの

……足しか見せる気ないよね?

 

一見、普通におしゃれ

室内なのに、公園の花壇みたいなのがあることにはふれないでおきます。

撮影の経緯(予想)

最初、手前の椅子がない状態で撮影した→デスクの側面の余白気になる→なんか置けるものないかな→あ、この椅子いいんじゃない?→どっち向きで置く?右向きより左向きの方がまだナチュラルじゃない?→じゃこれで!(って感じかな、だって明らかに必要ないじゃん、手前の椅子)

 

わたしの好きな色

黄色、好きなのかな(でもすっごい、いい黄色だね)。

 

お役立ちアイテム

デキる女とロックガールの「肘掛け」と化したコンピュータ。

 

トリップ感

よく見てください。べつにキーボードを弾いてるわけじゃないです。

 

温故知新

最先端ツールを紹介する雑誌のカバーに、まさか「玉そろばん」が出てくるとは。

 

お出かけ中に

電気屋さんでのショットをそのままカバーにしちゃう辺り、もはや尊敬。個人的には、一番好きなカバーデザイン。左上のデジタルフォントも、その横ではためくフラッグマークも可愛いね。

 

信じられないことばかりあるの

ピンク・レディーばりのギラギラコスチューム(絶世期の発行だったのか?と思いきや、この2年前に解散しているようです)。もはやコンピュータもコピー機も「小道具」でしかないんですね。

 

すてきな日曜日

コンピュータ、なんかすごい奥の方にあるし……。あ、「ヘルス・アンド・フィットネス・ソフトウェア」……そういうことか。なんにせよ、この家族が楽しそうでよかったです。

 

Licensed material used with permission by Flashbak
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
「自分のものは自分で買う」も、素敵だけれど。
iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
海藻に特化したブランド「SEASON」が手掛ける「三陸海藻バター」。調味料ならぬ「風味料」として、いま注目のバターです。
米国の老舗成人向けメディア「PLAYBOY」が最新のデジタルカバーにプエルトリコ出身の男性アーティスト、バッド・バニーを起用。マリリン・モンローやナオミ・...
写真には、たくさんの思い出やストーリーが詰まっているものです。アマチュア写真家であるChris Porszさんは、70年代から80年代にかけて、イングラン...
Tinderと同じくらい人気のある「Bumble」が雑誌を出版すると発表しました。どうやってデートをスムーズに進めるのか?など、実生活で役立つ情報を提供す...
日本でも80'sカルチャーが見直されていますが、それはヨーロッパでも同じ。エリオ・フィオルッチによって1967年に設立されたブランド「FIORUCCI(フ...
なにが違うか、わかりますか?
インテリアショップ「Francfranc(フランフラン)」が、「Ubereats(ウーバーイーツ)」に登場。先月25日よりスタートし、来年3月31日まで実...
このLEDネオンライト。80年代のレトロな雰囲気も演出できるし、かわいくて手頃です。送料込みのアンダー1万円で手に入っちゃう。スモールサーズもあるから、プ...
「ペーパードレス」とは、文字通り紙で作られているドレス。1960年代、アメリカのポップカルチャーから生まれ、アンディ・ウォーホルをはじめ多くのアーティスト...
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
「西武園ゆうえんち」は、先月23日、大規模な改装を実施すると発表。改装後のコンセプトは「心あたたまる幸福感に包まれる世界」。2021年のリニューアル時には...
ファッションと音楽とカウンターカルチャー、そして政治へのメッセージが絡み合い、世界の若者たちがムーブメントを起こした70年代。この時代にファッションを発信...
木の糸から生まれた自然由来のマスク「サステイナブル・ナノ木糸(MOKUITO)マスク」が登場。医療用レベルの性能を備え、サステイナブルな背景ももつ話題のア...
細かい設定いらずで、除菌のみの機能を有したシンプル設計の歯ブラシ除菌キャップが登場。コンパクトサイズだから外出時に最適で、新紫外線「UV-C LED」使用...
日本でも「ビコマナ」の愛称で親しまれる姉弟ユニット。今回は椎名林檎の『長く短い祭』をカバーした動画をYouTubeに投稿して話題になっている。
『Dancing With Her』は、世界初のレズビアン向けウェディング雑誌。先月オーストラリアで創刊されるや否や、各国のメディアに取り上げられている。...
オートバックスセブンが展開する〈JKM〉のシートカバーは店頭で見かけた瞬間、ソッコーでレジへ持っていきました。
スウェーデンの広告会社「Le Bureau」が非常にユニークな体験型広告を製作した。雑誌に石鹸で作られたページを挟むことで、実際にそのページを使用して手を...
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...