突っ込めるところがありすぎな「雑誌のカバーガール」たち

 

70〜80年代のコンピュータ雑誌のカバーを紹介します。いろいろ話したいことはありますが、もうこれは見て楽しんでください。

でも、我慢できないのでちょっとだけ突っ込ませてください。

本当に見せたいもの

……足しか見せる気ないよね?

 

一見、普通におしゃれ

室内なのに、公園の花壇みたいなのがあることにはふれないでおきます。

撮影の経緯(予想)

最初、手前の椅子がない状態で撮影した→デスクの側面の余白気になる→なんか置けるものないかな→あ、この椅子いいんじゃない?→どっち向きで置く?右向きより左向きの方がまだナチュラルじゃない?→じゃこれで!(って感じかな、だって明らかに必要ないじゃん、手前の椅子)

 

わたしの好きな色

黄色、好きなのかな(でもすっごい、いい黄色だね)。

 

お役立ちアイテム

デキる女とロックガールの「肘掛け」と化したコンピュータ。

 

トリップ感

よく見てください。べつにキーボードを弾いてるわけじゃないです。

 

温故知新

最先端ツールを紹介する雑誌のカバーに、まさか「玉そろばん」が出てくるとは。

 

お出かけ中に

電気屋さんでのショットをそのままカバーにしちゃう辺り、もはや尊敬。個人的には、一番好きなカバーデザイン。左上のデジタルフォントも、その横ではためくフラッグマークも可愛いね。

 

信じられないことばかりあるの

ピンク・レディーばりのギラギラコスチューム(絶世期の発行だったのか?と思いきや、この2年前に解散しているようです)。もはやコンピュータもコピー機も「小道具」でしかないんですね。

 

すてきな日曜日

コンピュータ、なんかすごい奥の方にあるし……。あ、「ヘルス・アンド・フィットネス・ソフトウェア」……そういうことか。なんにせよ、この家族が楽しそうでよかったです。

 

Licensed material used with permission by Flashbak
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
「自分のものは自分で買う」も、素敵だけれど。
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
写真には、たくさんの思い出やストーリーが詰まっているものです。アマチュア写真家であるChris Porszさんは、70年代から80年代にかけて、イングラン...
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、これまでテレビを通して、音楽、映画、スポーツの感動を伝えてきたWOWOWによる初のキ...
日本ではオーロラが見える寒い場所というイメージが強いアラスカ州ですが、グランピング施設「Alpenglow Luxury Camping」が公開している画...
なにが違うか、わかりますか?
「ペーパードレス」とは、文字通り紙で作られているドレス。1960年代、アメリカのポップカルチャーから生まれ、アンディ・ウォーホルをはじめ多くのアーティスト...
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
このLEDネオンライト。80年代のレトロな雰囲気も演出できるし、かわいくて手頃です。送料込みのアンダー1万円で手に入っちゃう。スモールサーズもあるから、プ...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
モンティ・パイソンは、60〜70年代にイギリスで活躍した伝説的なお笑いグループ。革命的な笑いは、アメリカの「サタデー・ナイト・ライブ」をはじめとして様々な...
ファッションと音楽とカウンターカルチャー、そして政治へのメッセージが絡み合い、世界の若者たちがムーブメントを起こした70年代。この時代にファッションを発信...
日本でも80'sカルチャーが見直されていますが、それはヨーロッパでも同じ。エリオ・フィオルッチによって1967年に設立されたブランド「FIORUCCI(フ...
『Dancing With Her』は、世界初のレズビアン向けウェディング雑誌。先月オーストラリアで創刊されるや否や、各国のメディアに取り上げられている。...
オートバックスセブンが展開する〈JKM〉のシートカバーは店頭で見かけた瞬間、ソッコーでレジへ持っていきました。
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくるこの連載。今回ピックアップしたのは、言わずと知れた“レゲエの神様”=...
音楽史に燦然と輝くスタンダートナンバーと、知られざるカバーバージョンを紹介する連載企画「disCOVER!」。今回ピックアップしたのは、エドワード・ヴァン...
80年代後半〜90年代前半にあったようなスケルトンのラジカセ、現行品です。ただただレトロと言ってしまうには、スポーティーで今の気分。チープ でガチャガチャ...
枕カバーって、どれくらいの頻度で交換していますか?お風呂に入ってサッパリきれいになった顔が触れている枕には、死んだ皮膚や細菌、バクテリアが……、なんて考え...
「Keep It Simple」Apple社といえば、MacやiPhone、Apple WATCHなどなど、人々の生活を変える最先端機器を次々と生み出し、...
「Head Case」は、自分や仲間の顔面をドアップでプリントできるスーツケースカバー。絶対に荷物を取り違えないし、空港でも注目の的になること間違いなし。...