ウォーホルも手がけた「ペーパードレス」いま着たい!

「ペーパードレス」とは、文字通り紙製のドレスのこと。

1960年代、アメリカのポップカルチャーから生まれ、アンディ・ウォーホルをはじめ多くのアーティストが意匠を手がけたことで知られています。ゆえに、当時は美術館でも販売されていたのだとか。

家庭用紙製品メーカーScott Paper Companyが、ノベルティとして作ったことから始まった一大ブームを当時の画像とともに振り返ってみましょう。

レトロで“味”のある
ペーパードレス

60年代以前にもペーパードレスは存在していましたが、一部の愛好家によってのみ生産されていたため、脚光を浴びることはありませんでした。

Scott Paper Companyが火をつけたこのブームは1966年の春に始まり、その年の終わりには50万枚ものドレスを生産。流行を受け次第に同社以外のメーカーも、ペーパードレス製造に着手するようになったそうです。

赤と白のペーズリー柄やモノクロのオプ・アート柄など、どこか懐かしくて可愛らしいデザインが多かったようですね。

ペーパードレスの流行に乗って、ハートフォードの美術館Wadsworth Atheneumは、1967年に著名なアーティストにドレスのデザインをしてもらうという企画を実施。

ウォーホルによるキャンベルスープ柄のドレスも、ちょうどこのときに作られたもの。

また、アート作品としてだけではなく商業的、あるいは政治的な広告媒体としても活用されました。ケネディ大統領の弟であるロバート・ケネディをはじめ、 ジョージ・ロムニー、リチャード・ニクソン、ネルソン・ロックフェラー、ピエール・トルドーなど、1968年の党大会に向けて政治的キャンペーンに彼らの顔がデザインされたペーパードレスが作られます。

素材に高級感を出し、高値で売り出されるドレスも誕生しました。

この金色のドレスは、航空機のファーストクラスのキャビンアテンダントの制服としてデザインされたそうです。

使い捨てということもありコスパは抜群。けれど、その流行は長くは続きませんでした。理由はその使い勝手の悪さ。風で膨らんだり、座ったときに形が崩れたり、パーティで男性にわざと飲み物をかけられるようなことも多かったそうです。

常に破れることを心配したりと、あまり着心地の良いものではなく、次第にペーパードレスは姿を消していきました。

1960年代のファッションを代表し、一時代を築き上げたペーパードレス。私たちには、むしろ斬新。ちょっと、着てみてもいいかもな。

Licensed material used with permission by Fashion History Museum
「麻衣~Soul Dress~」は、着物ドレスと呼ばれる洋装+和装ミックスのジャンルの中でも、新たな台頭を見せるこの着付け。着物をリメイクしたドレスではな...
ある直線をいくつも組み合わせたドレス。一見プラスチックに見えなくもないですが、実はこれあのスパゲッティでできているのです。作品を手がけるのはフランス人のA...
フワフワとして清楚な雰囲気のドレス。果たして、何人がこのドレスの正体を見抜けるのでしょうか。一見すると、軽そうな素材でできているようですが、すべて大理石で...
「Go Travel Dress」は、リップやパスポートを入れられるポケットがある、多機能なトラベル用ドレス。スマホはもちろん、防犯性に優れたお金をしまっ...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。Instagramの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは...
世界のあらゆる場所で、ドレスを風になびかせているのは、ロシアのブロガーNinelly。自らのフォトプロジェクト「My Dress Stories」を立ち上...
不幸だった14年の結婚生活に終止符を打つために、離婚記念パーティを開催したKimberly Santleben-Stitelerさん。彼女はウェディングド...
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
Jordyn Jensenは、23歳で結婚することを決意した。花嫁である彼女にとってドレス選びは重要なこと。そこで彼女が選んだのは、祖母が1962年の結婚...
ロシア、フランス、トルコなど世界の名所をドレスで彩る。モスクワのフォトグラファーKristina Makeevaの写真は、どれも幻想的で魔法にかけられたよ...
プロジェクト「The Prophecy」を手がけたFabrice Monteiroさんは、アートを利用して社会問題にスポットライトを当てることに。
チュール生地や刺繍など見た目からして、やわらかさを感じるドレスで女性のカラダを包み込む。「Paolo Sebastian」がInstagramで公開した写...
93歳のSylviaさんは、88歳のFrankさんとの結婚を控えていました。「結婚式のパーティーで、どのドレスを着たらいいでしょうか?」彼女は、Faceb...
フレキシブルな対応でサウスウエスト航空が結婚式を救いました。
アメリカ、ノースカロライナ州のデザイナーであるOlivia Mearsさんは、クリスマスプレゼントのラッピングを利用してニューイヤー祝いのハイクオリティな...
本物のお花を活用した作品を生み出す、マレーシア人アーティスト、LimzyことLim Zhi Weiさん。Instagramにはその多くが投稿されていますが...
もしも、成人式の振袖をウェディングドレスとして着ることができたら?とっても高価で、日本らしい絵柄も魅力的な振袖ですが、一生のうちで2〜3回しか着る機会がな...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。