この写真で注目すべきなのは、花嫁でも花婿でもなくドレスである理由。

人生の晴れ舞台──結婚式がこう形容される重要なセレモニーであることは、よく分かります。ただ、誤解を恐れずに言えば、多大な費用がかかるのは欠点。ウェディングドレス一着つくるのだって。

ドレスは女性にとって絶対になくてはならないもの。でも、経済的に余裕がない人だっているわけで。そんな女性たちにしあわせを運ぶと話題になった、ウェディングドレスがある。

経済的に困難な人のため
「ウェディングドレス」を寄付

8c899ad9e35d53113ab352f026e0a198c391fef9

Dawnetta Heinzさんは、引っ越しの準備で部屋を片付けていたある日、結婚式で着た思い出のウェディングドレスを見つけました。

そのまま新しい家へ持っていく事はできたものの、せっかくなら他の人にも着てもらおうとFacebookのコミュニティーサイトで呼びかけました。

「結婚式にあまり費用をかけられない人に、私のウェディングドレスを使って欲しいです」

すると、驚いたことに700人以上もの女性が興味を示したんだとか。それもそのはず、ドレスは買い取りではなく「寄付する」という名目だったから。

ていねいにビーズが施され、細部まで手がかっているドレス。それが無料で手に入るかもしれないのだから、これほど嬉しい話はありませんよね。

寄付した理由は
「ホームレス経験があるから」

Cf68fa89b571651a6dfcd4d4949c84f12314ced5

Daily Mail」が報じるところによれば、ドレスはDawnettaさん自身もセールで売られていたのを見つけ、数百ドルで手に入れたものだそう。もちろん、結婚式で身にまとった思い出の一着。保管しておくこともできたはず…。でも、どうして手放す決心ができたのかを聞いてみました。すると、予想もしない返事が。

「本当言うと、私以前ホームレスになった経験があるの。だから、どれほど必要なものでも購入することができない人の気持ちが、とてもよく分かるんだろうな」

女性から女性へ、幸せを運ぶウェディングドレス。

自らの経験を振り返り決断したDawnettaさんから感じることは、大それたことをしなくても、自分なりのやり方で困っている人を助けることはできるのだということ。これからもあのドレスが、たくさんの女性を幸せにしていきますように。

Reference:Daily Mail
Licensed material used with permission by Dawnetta Heinz
Jordyn Jensenは、23歳で結婚することを決意した。花嫁である彼女にとってドレス選びは重要なこと。そこで彼女が選んだのは、祖母が1962年の結婚...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
トマトケチャップで味付けするスタイルがごくごく一般的ですが、ここにある調味料をプラスすると、グンとおいしくなるんです。
結婚式の写真は一生残るものだから、痩せようと決心する女性は多いと思う。が、もし他人から押し付けられたらどうだろう?そもそも自分でその必要性を感じていなかっ...
あるカップルから、フォトウェディングを依頼された写真家のAshley Hempel。日照りの激しい夏の日のこと、2人を撮影しようとしたら、見知らぬ女性が突...
大好きな祖母が、末期の癌を患い、自分の結婚式に出席できるかわからない状況に陥ったBrittanyさん。彼女はフォトグラファーに頼んで、特別に祖母にウェディ...
93歳のSylviaさんは、88歳のFrankさんとの結婚を控えていました。「結婚式のパーティーで、どのドレスを着たらいいでしょうか?」彼女は、Faceb...
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
「麻衣~Soul Dress~」は、着物ドレスと呼ばれる洋装+和装ミックスのジャンルの中でも、新たな台頭を見せるこの着付け。着物をリメイクしたドレスではな...
イギリスのあるチャリティーショップに、匿名で寄付されたウェディングドレスが話題を呼んでいます。その理由とは?思わず涙!ドレスに付けられた感動的なメモ件のウ...
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
「結婚」と聞くと、どのような印象を持ちますか?真っ白なドレス、神聖な教会、愛し合うふたりの前に立つ証人、ピシっと決まった花婿に可愛らしい花嫁…結婚式のイメ...
冠婚葬祭のマナーに不安を感じることってありますよね。ここでは、結婚に関する忘れがちなマナーについていくつか紹介します。当たり前かもしれませんが、もう一度チ...
もしも、成人式の振袖をウェディングドレスとして着ることができたら?とっても高価で、日本らしい絵柄も魅力的な振袖ですが、一生のうちで2〜3回しか着る機会がな...
むつかしい本も、読めるようになった今だから。
チュール生地や刺繍など見た目からして、やわらかさを感じるドレスで女性のカラダを包み込む。「Paolo Sebastian」がInstagramで公開した写...
フワフワとして清楚な雰囲気のドレス。果たして、何人がこのドレスの正体を見抜けるのでしょうか。一見すると、軽そうな素材でできているようですが、すべて大理石で...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
会場のドアが開き、花嫁が教会のバージンロードをゆっくりと歩き始める。この結婚式の日ばかりは、女性は誰でもお姫様になる。父と一緒に教会の通路を歩く姿は、派手...
花束を手にするだけで、自然と笑みがこぼれてしまうのはなぜだろう。花はいのちある生き物だから、ひだまりのように、ぽかぽかとあたたかい気持ちになるのだ。では、...
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...