よくある「アウトドア挙式」だと思ったら、とんでもなかった…

世界一高い山、エベレストで挙式をしたい──。

そんな妄想を抱いた冒険好きのカップルは、星の数ほどいたかもしれない。でも、現実的に考えれば二の足を踏まざるを得ないだろう。体力、知識、装備…と多くの障壁に加えて、命にかかわる危険だってある。

しかし、それを実行してしまったカップルが現れた。2人は、輝かしい門出の日のため、入念に準備を重ねたそうだ。そして、ついに海抜17,000フィート(約5,180メートル)で愛の誓いが。

アウトドア好きが高じて
エベレストへ

物語の主人公、カリフォルニア州在住の新郎James Sissomと新婦Ashley Schmiederに直接コンタクトをとって、いくつか質問をしてみた。臨場感たっぷりの写真と一緒にドーゾ。

Q:トラディショナルな結婚をしなかったワケは?

A:私たちの関係で最も重要なことは、アウトドアで過ごすことにある。そこで固い絆を結び、お互いを信頼できるパートナーだと確かめあえた。そういう場所で式を挙げたかったんだ。

B4bf17d35938c0dbdbaddfa6d5c681954f40cf3e

Q:エベレストでの挙式にいたった経緯は?

A:はじめてCharleton(アドベンチャー・ウェディングを専門とするカメラマン)に連絡をとった時点では、特定の場所は決めてなくて。それから何度かやりとりがあって、2016年6月にいくつかの候補地をピックアップしたんだけど、エベレストがその中にあったんだ。

Cc433a309a91cc4844b8b7843410fa4190e03eaa

Q:最終的に決断したのはいつ?

A:今年、2017年3月にCharletonから再度連絡があり、エベレストのベースキャンプへの参加に興味があるかを聞かれたんだ。その時だね。僕たちは、いつかはエベレストへ登山するような話はしたけど、まさか、実際に誓いを交わす場所になろうとは…想像もしていなかったよ。

B71f426943397bf4236221397c5ba436e231aa52

極限状態での「愛の誓い」

Q:登山前にはどんな準備をしたの?

A:これまで2人とも、4,200メートル級の山に登ったことはあったんだけど、エベレストは別世界でしょ。その環境に対応できるように、1年前から計画を立てて訓練を続けたよ。現地に着いてからは、3週間をかけてベースキャンプまでたどり着いたんだ。

6366575ded8ac9c6a12766488294aa9cea3e3380

Q:結婚した時の気持ちを教えて?

A:正直、エネルギーはほとんど残ってなかったんだよね(笑)。途中、天候が悪化したり高山病に悩まされたりしたから。酸欠のせいで誓いを交わすのに、3回もやり直したほどさ。でも、やり遂げた瞬間は、最高の気分を味わえたよ。

442647a32ed30737d6b2a2f2d4b9bb01b50a65e278206831dc9d85b5342cd97e5202ea77b65fc72d87238fcc7f3bd59b523257b94c9b6f577f7f00d1E9348af589833c80783085364e21382404e0eb4e

Q:特に印象に残っているエピソードは?

A:この旅のクライマックスは、待機していたヘリコプターに乗り込んでエベレストから滑り落ちるように下山した時だったんだけど、とても感慨深いものがあった。肉体的・精神的に厳しく大変な思いもしたけど、僕たちらしい門出として、本当に素晴らしい体験だったと思う。

Fb2ecb1608e758f58b21f7cb9621f9f5e0788385

苦難を乗り越えた後に、晴れて夫婦となった2人。彼らの人生の前に険しい山が立ちはだかったとしても、きっと大丈夫だよね。だって、これほどのハードな状況を二人三脚で乗り越えることができたんだから。末永く、お幸せに!

Licensed material used with permission by Charleton Churchill, (Instagram)
過酷な状況でもユーザーが最高のパフォーマンスを発揮できるように様々な機能が盛り込まれたアウトドアのギア&グッズは「旅行」でも多くの快適さをもたらしてくれま...
結婚は、人生でとても大事な節目。すでに結婚しているカップルならば、いくつか誓いごとをしたはずです。そんな「結婚式で本来誓うべきこと」をMichelle H...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
メジャーなワイナリーであろうとなかろうと、魅力的なぶどう畑は、結婚式を挙げるのにはパーフェクトなロケーションだといえるでしょう。単純にワインは素晴らしいで...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
今年8月にアメリカを襲った超大型ハリケーン「ハービー」。その水害で結婚式のプランを全て台無しにされたカップルがいた。しかし彼らは洪水後のテキサスに代わりの...
『Dancing With Her』は、世界初のレズビアン向けウェディング雑誌。先月オーストラリアで創刊されるや否や、各国のメディアに取り上げられている。...
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
夏のアウトドアに欠かせない「ドリンククーラー」を、機能とルックス、そしてソロキャンプやちょっとした外出にも役立つ手頃なサイズ感から厳選して5アイテムをご紹介!
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
ウェディング写真を中心に撮影する、フォトグラファーのAmber Robinsonさんが新しい被写体に選んだのは、自分の両親。たくさんの苦難をともに乗り越え...
これは、すべての夫婦、または夫婦になろうとしているカップルが知っておくべき内容かもしれません。米メディア「Your Tango」に関わる、恋愛や夫婦関係の...
周囲のアウトドアフリークたちが話題にしまくってた〈YETINA(イエティナ)〉。完全オリジナルの特殊技術で生み出させる起毛した生地は、保温性が高く、蒸れに...
米メディア「Elite Daily」では、どちらかというとカジュアルな恋愛を切り口にした恋愛論が数多く登場しますが、なかにはこんな真剣な結婚論をまとめた記...