ウェディングフォトグラファーが見せる、「本物の愛」につつまれたカップルの姿。

結婚式の写真を中心に撮影するフォトグラファー、Amber Robinsonさん。新しい夫婦の誕生に立ちあいつづけてきた彼女が今回被写体に選んだのは、自分の両親でした。

数々の苦難をともに乗り越えてきた2人の写真には、「愛は育てるもの」という言葉がよく似合います。

約50年の人生を、
ともに過ごしたふたり。

Robinsonさんの両親、MarvinさんとWandaさんは、結婚してから約50年の時をともに過ごしてきました。しかし、決して楽しいことばかりだったわけではありません。

夫婦は、2回にわたるがん治療を乗り越え、貧しくなったこともあれば、裕福になったこともあります。2人の娘も立派に育てあげました。子育てに関する戸惑いには一緒に向き合い、子どもたちが独立した今でも彼らは手を取り合い暮らしています。

写真にうつる彼らの表情を見ていると、「本物の愛」とはなにかを教えられているようです。

この写真をSNSに投稿した際、Robinsonさんはこのようなコメントを残しています。

結婚式は1日しかありませんが、結婚生活は永遠につづきます。その永遠の中でうまれた愛のカタチを、両親の写真が伝えてくれていると信じています。2人の娘であることを誇りに思います。

結婚式はゴールではなくスタート。愛する誰かとともに生きていくということは、何ものにも代えがたいということを教えてくれる写真です。

今隣にいる愛する人と、あなたは半世紀後、どんな顔をして寄り添いあっていると思いますか?


 
【TABI LABOのsarahahができました◎】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ
Licensed material used with permission by Amber Robinson
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
高密度のカップルフォトを撮りたくて、考えに考え抜いたすえにたどり着いたスタイルが、これだったんだそうで。
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!