口にするだけで破局へと導く、カップルNGワード

すべてを伝えてこそ愛ならば、相手を想い、心のうちにそっとしまっておくことができるのもまた愛情。円満なカップルは、「正直に伝えること」と「秘密にすること」、その線引き(あるいは出し引き)が上手なのかもしれません。

気づかないうちに、一線を越える不要なひと言を口にしてませんか?「Brit+Co」の記事が恋愛関係の妙味に迫ります。

パートナーには、隠し事をしてはいけないとよく聞くけれど、「正直さ」だけが重要だとは言えません。それは時と場合によるのです。見境なしに何でも話すのは、むしろふたりの間を引き裂くことになりかねません。

コミュニケーションの専門家や、心理学者の意見をもとに、「恋人に言うべきではないこと」をまとめました。

01.
「もっと〇〇して」という要求

リレーションシップコーチのCathryn Moraは言います。「もっと痩せて、もっと稼げる仕事をして、などとパートナーに改善ばかり求める前に、まずは自分ができることに着目する必要がある」と。

場合によっては二人で改善しなくてはいけない問題もあります。あなたのサポートが必要だという意識を忘れてはいけません。ただ要求するよりも、一緒に台所に立って料理をしたり、ジョギングをしたり、提案をしてみてはいかがでしょう。

02.
他の人とのSEX願望

「たまには彼以外の人と、刺激的な夜を過ごしたい…」こう思うこと自体は、悪いことではありません。心に留めておくのなら。

けれど、心の声がつぶやきに変わった瞬間、アウトです。当然それを聞いた彼は、自分だけでは物足りないのか、テクニックに不満を抱えているのかなど、過剰に心配をするはずです。プライドを傷つけない、その配慮も大切ですから。

03.
パートナーに対する身内の評判

たとえ家族や親しい友人たちが、あなたの彼に対してマイナスな印象を抱いていたとしても、彼には秘密にしておくべき。こう唱えるのは、臨床心理士であるRhonda Milrad。それがパートナーの身内からの評価だと知れば、自信を喪失してしまうのは明白、ということなのでしょう。

軽い気持ちからにせよ、それを伝えてしまった後では、いくらフォローしても手遅れ。心の中のダメージはなかなか消えるものではないはずです。

04.
過去の交際歴、セックス経験

過去にどんな男性と交際したかや、カラダの関係をもった人数について、それを共有すべきではありません。二人の関係性や、より良いセックスのために話し合うのは大切。ですが、過去の経験を参考にしていることを口に出すのは逆効果。

05.
相手を置き去りにした物言い

当然のことですが、自分が言われたら傷つく言葉、相手が傷つくとわかっている言葉を口にするのはNG。何かを隠している場合、彼のことを想って黙っているのですか?それとも、自分にやましさがあるから?そこをよく考えてみることです。

どれだけ気心知れた間柄であっても、やさしさと相手へのリスペクトを忘れてはいけません。

06.
元カレへの感情や現在の関係性

目の前の恋人が、あなたの元カレとの関係性を知って何を喜べばいいのでしょう。知る必要などほぼありません。混乱と、不安を招くだけ。今はただの友達だとしても、関係をもっているならば尚のこと、わざわざ説明する必要もありません。長く付き合っていけるだろうか、そんな不安を抱かせてしまいます。

Licensed material used with permission by Brit+Co
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
このリサーチに協力してくれたのはまさかの『Facebook』さん。イギリスのジャーナリスト、デビッド氏が率いる研究チームは、Facebookの1万件以上の...
『ネガティブ・スペース』で第90回米国アカデミー賞短編アニメ映画賞にノミネートされた桑畑かほる監督。彼女が夫のマックス・ポーター監督とともに製作したショー...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
人の関係はずっと同じとはいかないもの。長く一緒にいれば、どんなに仲の良いカップルだって、うまくいかない時期がやってきてしまいます。「The School ...
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。
「あんなに仲良しだったのに、どうして別れちゃったの?」と言いたくなるカップル、いますよね。呆れるほどふたりのセルフィーだらけのアカウントが、ある日トツゼン...
この4種類をデスクに常備しています。
結婚カウンセラーとして活躍するCarin Goldstein氏。数多くのカップルの失敗例も見てきた彼女だからこそのアドバイスがこちら。女性は「夫の気持ちを...
ケンカするほど仲がいい、なんてよく言うけれど、彼氏とはケンカしなくても仲良しでいられるのなら、ぜひともそうありたい。「YourTango」に掲載されていた...
ずっと続けていると愛想をつかされそうだけど。
まぁまぁみなさん、人目もはばからずに……。
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
高密度のカップルフォトを撮りたくて、考えに考え抜いたすえにたどり着いたスタイルが、これだったんだそうで。
これから同棲を考えているカップル(もしくはすでに同棲しているカップルでも)に効く5つの抱負をKimmy Foskettさんが「Elite Daily」にて...
今から20年以上前に、特別な愛情関係における男女2人は、どのカップル(夫婦)も同様に、3つのステージを辿っている。ということを見つけ出したのが、専門家であ...
自分から別れを切り出せない。そうなったら一緒にいる理由は、『情』や『寂しさ』なのかもしれない。EliteDailyより、パートナーとの関係が惰性になってい...
好き同士で付き合い始めたはずだし、最近何か大きい問題があったわけでもないのに、どうしてカップルになるとこうもうまくいかないことが多いの!?遠距離で寂しいわ...
お互いに対する思いやりもアップしそうな10個の「カップル目標」を提案するのは、「Elite Daily」のRachel Shattoさん。ふたりの関係に新...
正直になるのって、結構難しいことです。大人になるにつれて、周りの意見を気にするクセが染みついてしまっているのもしょうがありません。でもだからこそ、大切なパ...
失恋が、あなたの人生にどんな影響を及ぼすのかーー。今回紹介したいのは、そんな記事です。「Elite Daily」で数々の恋愛コンテンツをヒットさせているP...