マンネリカップルが尋ね合うべき「7つの質問」

人の関係はずっと同じとはいかないもの。長く一緒にいれば、どんなに仲の良いカップルだって、うまくいかない時期がやってきてしまいます。

The School of Life」は、マンネリ化したカップルの関係を築き直すために「7つの質問」を投げかけました。普段は聞かないことを話し合って、お互いのことをじっくりみつめ直したふたり。その質問とはどんなものだったのでしょうか?

01.
パートナーに褒めてほしい
あなたの長所は?

彼:「僕はすごく聞き上手だと思うんだ。気付いてないかもしれないけど、君のどんな話もきちんと聞くようにしてるよ」

彼女:「文句を言わないところ。機嫌が悪かったり、落ち込んでいたりするときでも、あなたが元気になれるようにサポートしているわ。私がやりたくてやっていることだけど、気付いてくれたらもっと嬉しいかな」

これは、相手に「褒めて!」と強要するための質問ではありません。

関係が長くなると、ちょっとした優しさも当たり前になってしまうもの。だから普段から「気付いてほしい」と思っていることを口にだして、お互いに理解を深めることが大切なのです。

付き合いたての頃はちゃんとしていたことでも、相手への甘えから徐々に気を使えなくなっていることもあるのではないでしょうか。

02.
逆境に立たされた時は
どんな行動をとる?

彼:「僕は、嫌なことがあるとふさぎこんでしまうタイプなんだ。他の人からみたら不機嫌そうで怖いかもしれないけど、僕はただ静かに考えてるだけなんだよ。あまり軽はずみな発言はしたくないからね。

だから僕が黙り込んでいるときは、何か考えているところなんだなって思ってほしい」

人は、窮地に陥った時は余裕がなくなるもの。そしていくら長い時間を共に過ごしているパートナーでも、その時にとる行動は理解できないものかもしれません。

だからどんな行動が自分がピンチな状況にいるサインなのか、またどういう行動は見逃してほしいのかを、あらかじめ伝えておきましょう。

03.
子供の頃に経験した
トラウマは?

彼女:「私は、相手をコントロールしたがるタイプだって自覚してる。

父が亡くなったあと、家族がばらばらになってしまって、母はそれをつなぎとめようと必死だった。私は長女だったから、自分がなんとかしなくちゃって思ったの。みんなを守って、母親みたいにならなくちゃって。たぶん、そのことをまだ引きずってるんだと思う」

パートナーの過去を知ることで、相手がただ気難しいのではないのだと理解できます。

04.
パートナーに
許してほしいことは?

彼:「君に無理やり仕事を辞めさせてしまったんじゃないかと思ってたんだ。ただそばにいてほしくて、ろくに話し合いもせずに自分勝手なことをしたんじゃないかなって。ずっと謝りたかったんだよ。ごめんね」

人間は完璧じゃないので、恋人関係においていざこざが起きることは絶対にあるでしょう。だからそれを素直に認めて、次にどう活かすかを考えることが、ふたりの関係を深くするコツです。

05.
本当は傷ついている行動は?

彼女:「あなたと一緒に他の友だちに会うとき、私がちょっと緊張したり、身構えたりしてるときがあるでしょう?

それをからかわれると、恥をかかされたようで、すごく傷つくの」

傷つくポイントは、人それぞれ違います。何気ない一言が、相手に大きなダメージを負わせている可能性も。だからできるだけ定期的に、話し合うことが大切です。週に一回確認してもいいくらいでしょう。

06.
相手にやめてほしいと
思ってることは?

彼:「一緒に出かけると、君はまるで僕の母親みたいにふるまうよね。僕の面倒をみるみたいに。それは居心地が悪いかな。

外では僕のことを、もっとひとりの大人として尊重してほしい。そうしてくれたら、もっと一緒に色んなことを楽しめると思うな」

いつも一緒にいるパートナーの行動は、自分の行動にも大きな影響を与えているもの。「もっとこうしてくれたら、自分も変われるのに…」という課題があれば、伝えましょう。人は、自分ひとりではなかなか変われないものです。ふたりで一緒に努力することで、より良い関係が築けるでしょう。

07.
もう二度と会えないとしたら
相手の何が恋しくなる?

彼女:「あなたはとってもユーモアがある人よね。そういうところが大好き。だからあなたがいなかったら、私の人生はもっと味気ないものになってしまうと思うの」

彼:「僕は子どもっぽいところがあるから、しっかりしている君にすごく助けられてるよ。君がいない人生なんて考えられないし、考えたくもない」

パートナーにもう二度と会えないとしたら…。そう考えると、相手の良いところがたくさん出てくるはず。いくらマンネリ化したと言っても、そこには深い愛があることに気付けるでしょう。口に出すだけで、思い出すことができるはずです。

動画で質問を実践したふたりも、7つの質問に答えることで理解が深まったよう。もしマンネリに悩んでいるなら、試してみる価値はあるかもしれません。

Licensed material used with permission by The School of Life

関連する記事

パートナーと一緒にいる「安心感」に敵うものは、なかなかないですよね。でもその関係、見掛け倒しではありませんか?心の底から寄り添うためには、お互いに深く理解...
長続きするカップルは知っている「ルール」「NGワード」「マンネリ解消法」「友達と恋人のバランスの取り方」「良い影響」など、いまパートナーがいる人に読んで欲...
「The School of Life」が紹介しているのは、いつまでもシングルでいることのメリット。あなたは「愛」について真剣に考えているからこそ、1人を...
「The School of Life」の動画では、どうやって相手の性格を変えるべきか、ということを紹介しています。これを応用すれば、彼氏・彼女のイヤな部...
「触ってるだけで落ち着く」「手持ちぶさた解消」など、不思議な中毒性で大人がどハマりするフィジェットトイ(暇つぶし用玩具)に、新たなアイテムが登場
マンネリ気味な同棲カップルにオススメのセックストイをピックアップ!
いくら愛しい人でも、一緒にいる時間が長くなればマンネリ化してしまうもの。ロマンチックな関係というよりは、ただの空気のように感じられてきてしまうことも。でも...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
カップルにマンネリはつきものです。多くの人が一度は悩んだ経験があるでしょう。まさに今!という人は「Little Things」で紹介されていたPhil M...
賢くパートナーを選ぶ。そんなロジカルにモノゴトが上手くいかないことくらい理解しているつもりです。が、それにしたってこの動画(「The Schoool of...
新しい時代の都市と自然と人々のありようや、新たな建築、空間のありようを模索する建築集団「チームラボアーキテクツ」が保育園を設計。
30代なら特に考えたいことかもしれない。そして、結婚したいと考えている人ならなおさら慎重にいきたいところ。「Elite Daily」で紹介されていた、ある...
気になっている人とのデート中に、話を盛り上げるきっかけにもなりそうな、「Elite Daily」で見つけた6つの質問。なぜ、この質問をする意味があるのかも...
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。
ずっと続けていると愛想をつかされそうだけど。
もっと良い人はいるはずなのに、「ダメ男」ばかりを好きになる人いませんか?なぜそうなってしまうのか、「The School of Life」がわかりやすく解...
親の育て方のせいで十分に成長できなかったと思う人に、ひとつ良い方法があります。それは、自分自身があなたの親になること。その方法を「The School o...
Tayi Sanusiさんがこの記事で紹介しているのは、ヨーク大学の心理学教授の意見を参考にした、心理学的な視点から紐解く「セックスライフ」。彼女曰く、マ...
愛は文学や歴史の中で形を変えてきた概念です。中でも18世紀に生まれた「ロマン主義」という考え方は、人と人が愛し合うということに、ひとつのテンプレートを作っ...
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
朝目覚めてから、夜眠りにつくまで。その間の心の持ちようが日々のハッピー度を大きく左右する、と主張するのは、「Elite Daily」のライターJulia ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
それでも、一緒にいるあいだは、幸せだったし。
「人と人は、なぜ好意を抱いて付き合い、そして、なぜ別れるのか?」というテーマを、科学的に調査した論文が発表された。一方では関係を維持する決め手が、他方では...
Jordyn Jensenは、23歳で結婚することを決意した。花嫁である彼女にとってドレス選びは重要なこと。そこで彼女が選んだのは、祖母が1962年の結婚...
『Dancing With Her』は、世界初のレズビアン向けウェディング雑誌。先月オーストラリアで創刊されるや否や、各国のメディアに取り上げられている。...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
好きな人に伝えるときこそ、この言葉はきっと、ふさわしくないから。