一度冷めた「恋心」を再び加熱するハウツー(倦怠期に)

いくら愛しい人でも、一緒にいる時間が長くなればマンネリ感は拭えません。ロマンチックな関係だって、いつしかただの空気みたいに。

それはマズい。

でも、元々は運命を感じた最愛の人、もう一度恋に落ちる瞬間が必ずやってくる、とライターMilen Raychev。彼のアドバイスがとくだん新鮮なワケではないけど、忘れそうなことを思い出させてくれる内容ですよ。「I Heart Intelligence」でも人気してましたし。

01.
好きになった
キッカケを思い出す

最初に出会った場所、今のパートナーと恋に落ちた場所など、最初のドキドキを思い出せる場所に行ってみて、好きになった瞬間を思い出してみましょう。

02.
どこへいく?何食べる?
アイデア出し100本ノック

付き合いが長くなると、意外とコミュニケーションが雑になりがちです。だから二人の関係について、もう一度話し合ってみてください。こんなことやってみる?なんて、アイデアを出し合うのも楽しいですよ。

03.
自分のココロの声と
向き合ってみる

マンネリを打開するには、まず自分の精神状態を知っておくこと。例えばこんな質問を、自分に問いかけてみてはどうでしょう。

1. 付き合い始めの頃はどんな感じだったっけ?
2. どうして好きになったんだっけ?
3. 相手の何が魅力的だったんだっけ?
4. パートナーとずっと一緒に居続けることは、自分にとってどういう意味があるんだっけ?

04.
パートナーの言葉を
真正面から受け入れる

パートナーの言っていることをいつものように聞き流したりせずに、一度何も言わずに受け入れてみてください。もしかしたら、相手を理解する新たな発見があるかもしれません。それに、相手だって話を素直に聞いてもらったら気分よく、恋心が再熱する可能性だって。

05.
ボディタッチの回数を増やす

愛情のあるボディタッチは関係を長続きさせるコツです。ジェスチャーよりボディタッチの方が、恋愛感情を増大させるという研究結果も出ているので、ぜひ試してみて。

06.
小さな「すれ違い」をスルーしない

どんな関係にも誤解やすれ違いはつきもの。でも、放っておくとそれはどんどん大きくなって取り返しがつかなくなります。今のうちに解消しておきましょう。

07.
とことん、ポジティブシンキング

ネガティブに考えても、関係は改善しません。ネガティブ思考をポジティブ思考へと変換しましょう。

08.
「完璧」ばかりを求めない

世の中に完璧な人なんていません。あなたのパートナーだって例外ではないのです。この考えを頭に置いておけばストレスも減りますし、相手の不完全なところがかえって魅力的に思えてきて、また恋に落ちることも。

09.
相手の「好きなもの」を
改めてヒアリング

これは、付き合う前の段階に似ていますね。相手の趣味や好きなものをもう一度聞いてみましょう。自分たちのことを話し合って、お互いの共通点や違う点を理解しあうのも、マンネリ化した関係には新鮮で良いものです。相手の新たな一面を発見できるかもしれません。

10.
「付き合ってよかった」と
思うことを並べる

今のパートナーがくれた良い影響を並べるだけでも、あなたにポジティブなエネルギーをもたらし、また恋に落ちる可能性を高めてくれます。

11.
行ったことのない場所へ
お出かけする

これは関係をリフレッシュさせるのにもってこい。二人でスケジュールを合わせて、日常から離れて旅に出ましょう。久しぶりに映画に行ったり、デートでどこかに出かけたりするのも良いですね。忙しいのにスケジュールを合わせるのは、お互い大切に思い合っていることを再確認する行為でもあるんです。

12.
昔のようにパートナーを褒める

一緒に長くいると相手の良いところを忘れてしまいがち。昔のように相手を褒めてみましょう。その頃に抱いていた恋心を思い出させてくれますよ。

13.
相手のことを信じきる!

例えば、パートナーの同僚に嫉妬を感じている間は、パートナーを信じているとは言えません。健全な関係は、相手を信じてこそ成り立つのです。そして相手を再び信じきることができれば、また恋に落ちることも可能です。

14.
他の誰かに
アドバイスを求める

もし、マンネリを抜け出す方法がどうしても見つからないなら、家族や友達にアドバイスを求めてみましょう。ネットで気軽に恋愛アドバイザーやセラピストに相談することもできます。あまり一人で抱え込まないことが大切です。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence
 大好きな相手と「恋人」という関係になり、ラブラブな時期を経たのちに訪れる倦怠期。これがとっても厄介。なんだか物足りなさを感じてしまったり、いやなところば...
同棲や結婚の先に陥りやすいのが「倦怠期」です。以前のようにトキメキがなくなったり、近くに居すぎてデートをする気にもならない。一体いつからこうなってしまった...
これから同棲を考えているカップル(もしくはすでに同棲しているカップルでも)に効く5つの抱負をKimmy Foskettさんが「Elite Daily」にて...
何度も、何度も、ときめいていたい。
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
彼のことは好きだけれど、最近はなんだかマンネリ化してきている、仲が冷めたのかも…と感じている人もいるでしょう。そのまま放置しておくと二人の関係が完全に冷め...
人の関係はずっと同じとはいかないもの。長く一緒にいれば、どんなに仲の良いカップルだって、うまくいかない時期がやってきてしまいます。「The School ...
あの人と待ち合わせたら、まず何を話す?
「Elite Daily」のライターAlison Segelさんは、恋愛停滞期を迎えているのだとか。いろいろ考えたすえに、それはすべて自分のこの5つの性格...
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
元彼のことは吹っ切れていますか?相手に合わせてばかりいませんか?
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
長く一緒にいるパートナーとの間で「当たり前」になっていることを、今一度思い返してみてください。深い関係が築けているからこそ、忘れている行動はありませんか?...
「同棲」するなら、デメリットにも目を向けて。良し悪しを事前に話し合っておけば、争いごとも前もって防ぐことができるでしょう。たとえば、自分が散らかしたものは...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
Sebastian Varnierさんは彼女と同棲中。ペットと一緒に暮らす彼らの暮らしは、いつも笑いにあふれています。今からご紹介するのは、彼女が描いた日...
カップルにマンネリはつきものです。多くの人が一度は悩んだ経験があるでしょう。まさに今!という人は「Little Things」で紹介されていたPhil M...
客観的に見ると、もはやこんなことは言わずもがな。でも、盛り上がっている当事者たちは、ポジティブサイドばかりに目を向けがち。だからこそ、いま一度あえて問いた...
どんなにカラダの相性がいいカップルにもいずれやってきてしまう、倦怠期。それを乗り越えるためには、いつもとは違うシチュエーションを試してみたり、セクシーな下...
付き合って間もない頃は、相手のちょっとした仕草や言葉にもトキメクもの。でも、月日が経つとエッチすら飽きてしまっていたり…。これってもう、ガールズトークの定...
Tayi Sanusiさんがこの記事で紹介しているのは、ヨーク大学の心理学教授の意見を参考にした、心理学的な視点から紐解く「セックスライフ」。彼女曰く、マ...
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。