同棲していた元カレのアパートを出て行くときは、ここに注意

一緒に住みはじめたときは希望に溢れてキラキラしていた同棲生活も、一旦別れを迎えると、修羅場と化します。とくに住まいを変えなくてはならない場合、引っ越しそのものの大変さもあり、さらにふたりの関係性がこじれてしまったり。

きちんと関係を清算して新しい出会いに向かうためにも「Elite Daily」の女性ライターKristen Bousquetがまとめた「同棲生活の終わらせ方」を紹介します。

 01.
スケジュールを決めないと
ズルズルしちゃう

引っ越しの作業は、想像以上に大変です。日取りをきちんと決めておかないと、お互い面倒になり、ずるずると居ついてしまいがち。もしくは、自分に引っ越し準備が終わったのに、相手の準備が全然進んでいない、なんてケースも。

日取りや荷物をまとめるスケジュールは必ず決めて、共有するようにしましょう。立つ鳥、後を濁さず。新生活をフレッシュな気持ちで満喫するためにも、スムーズに引っ越しを進めましょう。

02.
「やっぱりやり直せるかも…」
は幻想

荷物をまとめる彼の姿を見るのは、悲しいもの。なぜなら、それが永遠の別れかもしれないと知っているから。これでもう終わりだなんて認めたくない気持ちも出てきて、もう一度やり直せるんじゃないか、なんて思うかもしれません。

でも忘れないでください。今こうやって引っ越しをしようとしているのは、ふたりの暮らしがうまくいかなかったからなのです。もう一度試したって、結局は同じことです。

悲しいかもしれませんが、きちんと受け入れて、次に進みましょう。新しい人との出会いがあなたを待っています。この経験を活かして、今度はもっと素敵な関係を築けるように努力しましょう。

03.
ちょっとくらいの損なら
妥協したほうがいい

一緒に暮らしていたから、2人でお金を出し合って買ったものもたくさんあるでしょう。お互い不平不満のないように分け合うことができればベストですが、完全に平等に分けるのは、そもそも不可能です。

たとえちょっと損をしたとしても、ケンカになるくらいなら餞別だと思って相手にあげましょう。苦い思い出のあるものと一緒に新しい暮らしをはじめるよりも、割り切ったほうが得策です。

04.
恋人の持ち物を
大切に扱う

別れ方によっては、心にわだかまりが残っていることもあるでしょう。でも、だからといって、相手の持ち物に八つ当たりするのはNGです。

複雑な感情のときこそ、積極的に引っ越しの手伝いができないかどうか聞いてみましょう。ぐっとこらえて、あえて優しく接するのです。相手を嫌えば嫌うほど、そんな自分もどんどん嫌いになっていきます。

心を広く持っていれば、簡単には相手のことを許せなくても、自分のことは嫌いにならずに済みます。

05.
万が一危険を感じたときは
助けを呼ぶ

同棲中の1対1の関係は、密室と同じです。仲良く暮らしている間はその親密さが心地よいものですが、ひとたび関係がこじれてしまえば、何が起きるかわかったもんじゃありません。

もし少しでも危険を感じたら、引っ越しの現場に友人などを呼びましょう。そんな状況で第三者がいることに違和感を覚えるかもしれませんが、あなたの身の安全に比べれば些末なことです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
これから同棲を考えているカップル(もしくはすでに同棲しているカップルでも)に効く5つの抱負をKimmy Foskettさんが「Elite Daily」にて...
「同棲」するなら、デメリットにも目を向けて。良し悪しを事前に話し合っておけば、争いごとも前もって防ぐことができるでしょう。たとえば、自分が散らかしたものは...
客観的に見ると、もはやこんなことは言わずもがな。でも、盛り上がっている当事者たちは、ポジティブサイドばかりに目を向けがち。だからこそ、いま一度あえて問いた...
よく海外の人から「狭い」と言われる日本の家。とくに同棲を始めたり、結婚したり、子供ができたりすると、気になってくるものです。Mansal Dentonさん...
洋画に出てくる大富豪やギャングになりきってみたい……。そんな願望があるあなたにおすすめしたいのが『Make It Rain Money Gun』!
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
Sebastian Varnierさんは彼女と同棲中。ペットと一緒に暮らす彼らの暮らしは、いつも笑いにあふれています。今からご紹介するのは、彼女が描いた日...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
アメリカの動画メディア「Cut」の人気の「真実かショット」シリーズで、元恋人同士が行う第2弾。別れた理由、今の関係の話、そして将来の話などと、本音で語り合...
使えるものは再利用したほうがいいし、ずっと持っていることで新しい恋人と気まずくなったり、思い出が蘇って苦しくなるくらいなら、大事に使ってくれる人に渡したほ...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
ケンカや遠距離など、何らかの事情で別れることになってしまった彼氏や彼女。でも、元カレや元カノが忘れられない。占いやタロットで、元カレや元カノとの相性が抜群...
ニューヨークにある古いキャンピングトレーラーを改装してつくられた女性専用のタトゥースタジオ「Ink Minx」。運営者は、パキスタン出身でイスラム教徒のS...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
元カレ(元カノ)とよりを戻すこと自体、アリかなしかの議論はさておき。たいがい、うまくいかきそうで結局は、いい結果が得られないのがこの「よりを戻す」だと思う...
元カレからメールがきた。元カレが夢に出てきた。遠距離で仕方なく別れたけれど、どうしても彼氏を諦めきれない。やっぱり友達関係じゃ満足できない。色んな理由で、...
円満なカップルは、「正直に伝えること」と、「秘密にすること」の線引きがうまいのかもしれません。なぜだかいつも、恋人との関係をダメにしてしまうという人は、参...
「別れ」という事実を受け入れるだけでも、相当辛いのに。
すこしでも恋人に対して「ん?」って思うことがあるのなら、「Elite Daily」で掲載されていたパートナーに“浮気癖”があるかもしれない注意すべき4つの...