「彼との間に溝がある」と感じたら、この3つの問いに答えよう。

誰かと関係を育む上で「一度も悩むことなくうまくいく」なんてことはまずありません。どれだけ心を許している相手でも、ふと「この人でいいのかな?」と不安がよぎることはあるものです。

そんなときは、「Elite Daily」でさんが紹介している「3つの質問」を、パートナーと一緒にじっくり考えてみましょう。ふたりがもう一度寄り添うためには何が必要か、自ずと見えてくるはずです。

01.
この恋愛は、お互いを成長させていますか?

Db4de26f7d7aed0e6383c39147f107caf3f837c3

パートナーとの間に距離を感じたとき、まず問いかけて欲しいのは「ふたりとも」その溝を感じているかどうかです。

「私たち、気持ちが離れてしまっているのかな?」という質問は少し大雑把すぎるので、「気持ちが離れる」の意味をもう少し細かく噛み砕いてみるといいでしょう。多くの場合、これは一緒にいることで自分らしさを失いかけているときに感じるもの。彼・彼女に合わせることを「喜び」ではなく「プレッシャー」と感じていると、ふたりは次第に引き裂かれてしまいます。

極端な話、ふたりともまるでシングルかのような自由を持った関係が理想的。もちろん、「誰とでも寝ていい」と言っているわけではありません。それは、自分の時間を持てる「自由」を指しています。パートナーに頼りっきりになるのではなく、一緒にいることでより自分らしさを発揮できるのがベストです。

だから、心の距離を感じてしまったときは、パートナーに問うてみましょう。「私といることで、あなたは成長できてますか?」と。その答えによって、あなただけが「自分らしさを失っている」と思っているかどうかが分かるはず。もし片方しか感じていなかったら、まずはそのズレをすり合わせる所から始めましょう。

02.
今の恋愛で「幸せ」を感じるポイントは何ですか?
また、どうしたらその幸せは倍増しますか?

544daff4162bc05aa499b71aecc35b7520e7ffb0

ふたりの危機について真剣に話し合っているからって、なにも欠点ばかりに目を向ける必要はありません。そもそも、お互いに関係を良くしたいという気持ちがあるからこそ、こんな話題が持ち上がるはず。

赤の他人が一緒にいるんですから、改善すべきことはいつまで経っても出てきます。50年一緒にいるカップルでさえです。どんな壁も乗り越えられるオールマイティーな特効薬は存在しません。

心地良い関係を築くために、一緒に過ごしている中で何に一番幸せを感じるのかを打ち明け合いましょう。すると、どんな関係性ならお互いに満足がいくのかが分かります。同時に、一緒にい続けるためには何に気をつけるべきかも導かれるはずです。

03.
今のふたりの「距離感」は適切ですか?
そして、どうしたら適度な「距離感」を保てますか?

F49e47946776eccb7ad1a3d859386ea722ed6693

最後に、お互いが理想とする「距離感」と実際の「距離感」の差にメスを入れましょう。

週1で会うことを「親密」と思うか、常に一緒にいることを「親密」と感じるかは、人それぞれ。正解、不正解はありませんが、「親密さ」の理解を擦り合わせた上で、お互いに満足がいくよう妥協することが不可欠です。

関係をうまくいかせるためには、ときに大きな変化を起こす必要もあるでしょう。たとえばあなたが夜勤、パートナーが日勤で、一緒に過ごす時間が作れていない場合、スケジュールを合わせられるようどちらかが新たな職を見つけるのも、ひとつの手段かもしれません。

距離を感じていることに対して話し合うのは、どうしても構えてしまうもの。ですが、ふたりで育むべき関係なのにひとりで「孤独」を感じてしまうのは、なかなか辛いものです。そんなときは、ふたりで話し合ってお互いの考えをすり合わせていくことが、パートナーとの距離を埋めるために一番有効な手段となるでしょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
付き合い始めの頃は、誰だって恋人に夢中になるもの。けれど付き合いが長くなるとふたりの関係は変わっていき、時には「心が離れていっているのでは?」と心配になる...
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
我慢しすぎの恋愛をしていませんか?関係を続けていくためにはある程度の妥協が必要ですが、自分ばかり我慢していては恋愛も楽しくありません。今の関係に少しでも違...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
パートナーと一緒にいる「安心感」に敵うものは、なかなかないですよね。でもその関係、見掛け倒しではありませんか?心の底から寄り添うためには、お互いに深く理解...
遠距離恋愛を続けることが辛くなり、精神的にも金銭的にも無理を続ける意味があるのかと感じておられる方もいるかもしれません。数少ないデートをドタキャンされたり...
自分から別れを切り出せない。そうなったら一緒にいる理由は、『情』や『寂しさ』なのかもしれない。EliteDailyより、パートナーとの関係が惰性になってい...
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
恋愛のかたちは人それぞれ。でも、国や文化の違いを超えて万人に共通する「真実の愛」は存在します。ただ、自分の気持ちに自信が持てない人が多いのも事実です。ここ...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
「Elite Daily」の Alison Segelさんの記事より、恋愛で決して耐えてはいけない6つの兆候。パートナーによる精神的・肉体的暴力、態度・感...
あなたはレズが男性を愛することは、不思議だと思いますか?愛とは形式ばったものではなく、様々な形を持つものだと話すのは、その毒舌で正直な書き口調が好評な「E...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
円満なカップルは、「正直に伝えること」と、「秘密にすること」の線引きがうまいのかもしれません。なぜだかいつも、恋人との関係をダメにしてしまうという人は、参...
付き合っている人と喧嘩をすることは、必ずしも悪いことではない。ただ、そのやり方が間違っていると、別れがきてしまうようなマズイ事になるのだけれど。今よりもっ...
みなさんは恋人を選ぶとき、どんな理想を持っていますか?たとえば、自分の話をきちんと聞いてくれる。浮気をしない。自立していてクリエイティブ。など、いろんな要...
最近、彼氏や旦那の様子がおかしい…。そんなときの女性の勘は、たいてい当たるものです。スマホをいじっている時間が長くなった。スマホを肌身離さず持ち歩いている...
異国の地アメリカの、女性あるある。それは「え、私って彼女じゃなかったの!?」。毎週末デートをして、確かな時間も過ごして(そりゃあやることもやって)付き合っ...