絶対に「彼女」に言ってはいけない14のフレーズ

女性と男性では、同じ言葉でも受け取り方がまったく違うもの。彼氏が何気なく発しているそのひとことも、じつは彼女の逆鱗に触れていた…なんてことも。

よく「なんで彼女は怒ってるんだろう?」と腑に落ちないことがよくあるアナタ、こんなフレーズに見覚えはありませんか? もしかしたら彼女は、あなたの意図とはまったく違う意味で受け止めているかも。女性ライターのAshley Fernさんが「Elite Daily」に掲載した記事を読んで、思い当たる節がないか考えてみましょう。

01.
落ち着きなよ。

彼氏の意図:ほら、冷静になろうよ。大した事じゃないんだからさ
彼女の受け取り方:気でもおかしくなったの?

あなたがどんなに誠実だったとしても、これを言ったら火に油。彼女の怒りはさらに増してしまいます。同義語は「冷静になりなよ」「ほら、深呼吸して」。

02.
おかしいんじゃない?

彼氏の意図:どうしたんだ、君らしくないよ。
彼女の受け取り方:君、今びっくりするくらいおかしなことを言ったよ。自分では筋の通ったことを言ったつもりかもしれないけど、実際は支離滅裂だ。

この言葉は、女性に挑戦状を叩きつけるようなもの。同義語は「理不尽だね」。

03.
元カノは
そんなことしなかった。

彼氏の意図:君には、前の彼女みたいなことをして欲しくないんだよ。
彼女の受け取り方:彼は私のこと嫌いなんだ。どうしよう、フラれちゃう。最悪だ。

これはNG。絶対に言ってはいけません。同義語は「なんで君と付き合っちゃったんだろう」。

04.
たいしたことないよ。

彼氏の意図:本当にたいしたことじゃないよ。
彼女の受け取り方:あっそ。じゃあもう君のことなんて知らない。

女性の関心が一気になくなってしまう言葉。同義語は「気にしてないよ」「問題ないよ」。

05.
気にしすぎだよ。

彼氏の意図:論理的な理由がないのに、どうして悩んでいるのか分からないよ。
彼女の受け取り方:君の被害妄想で、ありもしないことが問題になってるんだけど。

こう受け取ってしまう女性がダメなんですけどね。同義語は「嘘でしょ」。

06.
大丈夫そうじゃん。

彼氏の意図:元気そうだね。
彼女の受け取り方:ひどい見てくれだね、君はもう魅力的じゃないよ。

彼女が言って欲しいことだけを、口にするようにしましょう。それが長続きする秘訣です。同義語は「調子良さそうだね」。

07.
なんでもいいよ。

彼氏の意図:まいった、僕の負けだよ。
彼女の受け取り方:君に割く時間は、これっぽっちもないんだけど。

彼女がこう捉えてるなんて…。同義語は「別にいいよ」。

08.
怒ってないよ。

彼氏の意図:本当に全然怒ってないよ。
彼女の受け取り方:すっごい怒ってるんだけど、君はもう僕がどう思ってるかなんて聞きたくもないんだろう?

自分ではそう思ってなくても、声色が怒ってることもあるもの。同義語は「僕は気にしてないよ」「なんでもないって」。

09.
いつもと変わらないね。

彼氏の意図:今まで見た中で、最高のヘアスタイルだよ。
彼女の受け取り方:美容院に2万円も払ったのに、いつも通りってどういうこと?

こういうときは、ウソをついてでも褒めてあげてください。同義語は「いつも通りだよ」。

10.
具合悪いの?

彼氏の意図:いつもと様子が違うから、心配なんだよ。
彼女の受け取り方:え…、見た目がひどいってこと?

女性は、男性が思ってるよりもずっと見た目を気にしているものです。同義語は「疲れてる?」。

11.
お尻大きいね。

彼氏の意図:そのお尻が大好きだ。
彼女の受け取り方:ちょっと太ってるんじゃない?

わかりやすくポジティブに言わないと、女性は「褒め言葉」として受け取れません。同義語は「いいお尻してるね」。

12.
大丈夫、誰も気にしないよ。

彼氏の本心:ニキビができてても、そんなに気にならないよ。
彼女の受け取り方:頑張って隠してるみたいだけど、ニキビがあるのバレバレだよ。

気づかないフリをするのが、安全策。同義語は「大丈夫、分かんないよ!」。

13.
ひとりの時間が必要だ。

彼氏の意図:今週はすっごく忙しいから、仕事に集中したいんだ。
彼女の受け取り方:君といると、息が詰まるんだよな。

女性は、ついこう受け取ってしまうんです。同義語は「男だけの時間が欲しい」。

14.
なんであの子と友だちなの?

彼氏の意図:どうしてあんな子と一緒にいるの?時間のムダじゃない?
彼女の受け取り方:君は理不尽だよ、いつも悪口ばっかり言ってさ。

女性には、友人とのいざこざを吐き出す場所が必要なんです。そしてそれが、えてして彼氏なんです。同義語は「またあの子と出かけるの?」。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「なんであんな男と付き合ってるの?」と、周りからヒドい言われようをする。そんなつもりも自覚もないのに、なぜかこう「ダメな男」ばかりと付き合ってしまう…。じ...
彼氏彼女、恋人、パートナーなどと「別れる夢」の意味とは?夢占いの専門家が別れる相手、心理、シチュエーション別に徹底解説。
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
「ぎふコーラ」というクラフトコーラが、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で話題になっている。
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
ケンカするほど仲がいい、なんてよく言うけれど、彼氏とはケンカしなくても仲良しでいられるのなら、ぜひともそうありたい。「YourTango」に掲載されていた...
自身も兄を持つライターが、独自の目線で、恋愛関係でおすすめな男性を紹介する。家族で、「兄」をいう役割をこなす男性だからこそできることがある、と彼女は主張し...
我慢しすぎの恋愛をしていませんか?関係を続けていくためにはある程度の妥協が必要ですが、自分ばかり我慢していては恋愛も楽しくありません。今の関係に少しでも違...
恋人との関係が「落ち着いてきた」ということと「停滞してきた」ということって、似て非なるもの。後者のほうがピンとくるあなたは、関係をよくしようとする「努力」...
今月11日の「カミングアウトデー」にクッキーブランド「オレオ」が1本のショートフィルムを公開した。
そのケンカ、これらの理由に当てはまる?
男性が求めるべき女性は、こうであってほしいーー。そう語るのは、「Elite Daily」の恋愛エキスパート、Paul Hudsonさん。彼女がもし、「絶対...
「Elite Daily」の人気レズビアンライター・Zara Barrieさんは、30代がパートナーに求めるべき特徴を洗い出してくれています。少しぶっ飛ん...
彼氏もいいけど、最高の「男友達」をつくるべき14の理由をご紹介。
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
本記事では、彼氏が大好きな人の共通点や関係を長続きさせるコツをご紹介しています。大好き過ぎて依存しているかもしれない人は、依存する人の共通点、依存する人の...
付き合っている人と喧嘩をすることは、必ずしも悪いことではない。ただ、そのやり方が間違っていると、別れがきてしまうようなマズイ事になるのだけれど。今よりもっ...
「人と人がわかり合う」のは簡単なことじゃありません。これまで歩んできた道が違うんだから、当たり前といえば当たり前です。でも、大好きなパートナーのことはでき...
パートナーとケンカをしたことない、というカップルはいないでしょう。他人同士だからケンカをゼロにするのはどうしても難しい。でも、大事なのはケンカをしないこと...
カップルの関係は、ときに愛らしく、ときに奇妙です。そんな恋人同士の日常を描く漫画家、Catanaさんの作品をいくつか紹介しましょう。きっと「こういうの、あ...
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。