相手のことがもっと好きになる、ケンカのルール

「人と人がわかり合う」のは簡単なことじゃありません。これまで歩んできた道が違うんだから、当たり前といえば当たり前です。

でも、大好きなパートナーのことはできる限り知りたいもの。そのひとつの方法は「ケンカ」にあるかもしれません。相手の理解できないポイント、もしくは相手に理解してもらえないポイントを解消するための行為だからです。

…といっても、ただ感情にまかせてあれこれ言うのはダメ。ケンカには「綺麗な戦い方」と「汚い戦い方」があります。「Your Tango」のライターJanet Page氏の記事をよ〜く読んで「正しいケンカ術」を学びましょう。

01.
言いたいことは我慢しない!
ケンカのルールを決める

489ac9c6b82ec395951d736b719f302f76938833

たいていのカップルは、どちらかが片方より言語能力に優れています。どちらも同じくらい口下手、とかどちらも同じくらい口上手とかいったケースは稀でしょう。

たとえばあなたのほうが優れている場合、口論がはじまった途端にパートナーの戦意が喪失することがあります。問題は解決していないのに、会話をやめてしまいます。どうせ負けるし…と思うからです。

そういうのはイコールな関係とは言い難いので、お互いがイヤな気持ちにならないための、オリジナルルールを決めるといかもしれません。2人で共通認識を持っていれば、早めに解決できるはず。

02.
タイムリミットを設ける

タイムリミットを設ける理由は、話し合うべきトピックに集中するためです。弁の立つ人であれば、今まで以上に早く物事の核をスムーズに捉え、結論を導き出すことができるでしょう。

ケンカはエネルギーを使うし、長引けば長引くほど本来の原因以外にも目を向けてしまうので気をつけて!

03. 
過去を引っ張り出さない

過去を変えることはできません。ケンカの最中に「あの時、◯◯だった」を引っ張りだして、それについてグチグチ言うのはナシです。

イヤなことは、起こったときに話し合うべき。女性は溜めて溜めて溜めて爆発する傾向がありますが、男性としては「そんな前のことを今さら…」って感じです。

04. 
聞く、聴く、訊く

8bc217c856ef5246de6dbf474d56f5056e8f5469

パートナーと意見が異なっているときは、相手の話を集中して聞き、アイコンタクトをしっかり取り、話の内容が逸れないように注意しましょう。

途中で電話をとったり、メールを返したりするのはもってのほかです。「この人、私/僕のこと大切じゃないんだ」と相手が傷ついても仕方ありません。

05.
相手の話をさえぎらない

相手が話しているときは言葉を発しない、相手がうまく話せるように「手助け」をしない、の2つもケンカの際に気を付けたいこと。

相手の言いたいことや考えていることをあなたの言葉に置き換えるのはケンカに必要ありません。相手の言葉を遮り、文章を完結させてあげるのはやめましょう。勝手に相手の気持ちを代弁しようとしないで!

06. 
必殺技は一時休戦。
で、寝る!

5dffd9c8a41b9662c6b347aef6bfffafa02eb703

ケンカを翌日に持ち越すのはよくない、とはよく聞きますが、別にそんなに悪いことじゃないと思います。だって、夜にケンカが始まることもあるでしょう?というか、だいたい夜だと思います。1日の終わりで疲れてるし眠いしで、些細なことでもイライラしてしまうからです。

そういう時は、一旦休戦。寝る。翌朝起きれば、忘れていたり、「なんであんなに小さなことでケンカしてしまったんだろう」と思うはずです。

お互いを想う気持ちが強いからこそ言い争いをするカップルもいます。

そういうカップルほど感情的になり、本題からそれたムダな言い合いに発展しかねません。侮辱する言葉をつかえば、相手からの信頼を失います。ケンカをしているときは、その目的が「愛する相手との絆を深めること」だというのを念頭に置いて、慎重に言葉を選びましょう。

Licensed material used with permission by YourTango
More content from YourTango:
そのケンカ、これらの理由に当てはまる?
パートナーとケンカをしたことない、というカップルはいないでしょう。他人同士だからケンカをゼロにするのはどうしても難しい。でも、大事なのはケンカをしないこと...
恋愛をすると「こんな広い世界で私を選んでくれる人がいて幸せ!」という嬉しい気持ちの反面、だからといって何もかもうまくいくワケではない、という不安も生まれま...
ケンカするほど仲がいい、なんてよく言うけれど、彼氏とはケンカしなくても仲良しでいられるのなら、ぜひともそうありたい。「YourTango」に掲載されていた...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
「結婚相手は、尊敬できる人を選びなさい」とはよく聞きますが、恋愛でもそのルールを考慮していると、なかなか「彼氏彼女」の関係に踏み出せません。では、何を重視...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
恋人と長続きするために必要なのは「相性」と「寛容さ」です。基本的にそのポイントさえ抑えていれば、小さなトラブルでつまずくことは、まずないでしょう。「You...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
恋人でも夫婦でも、誰かと付き合うというのは、責任が伴うものです。なのに他の人のことが好きになっちゃうのって、どうしてなんでしょう。そのときの実際の気持ちな...
「好き」と「愛」の違いを見分けるのは、難しいものです。人はいつ「好き」になって、いつ「愛」するようになるのでしょう。ここでは、何人かの恋愛アドバイザーの見...
お酒はときに人生の歯車をおかしくさせますが、楽しむ程度であれば、大好きな恋人ともっと仲良くなれる最高のスパイスになります。「Elite Daily」の女性...
ラブラブな夫婦生活をおくるライターAnjali Sareen Nowakowskiからのアドバイス。読めばやっぱり、単なる“おのろけ”。ところが、まんざら...
これから同棲を考えているカップル(もしくはすでに同棲しているカップルでも)に効く5つの抱負をKimmy Foskettさんが「Elite Daily」にて...
世の中にカップルは星の数ほどいますが、彼氏が大好きで本当に幸せな女性は、彼氏にどんなことをしてもらっているのでしょうか?彼女を大切にしている彼氏は、LIN...
付き合っている人との間で何か問題が発生すると、友達に話したがるのは女子の悪い癖かもしれない。でもそれ、肝心な恋人との関係に亀裂をいれているかもしれない。知...
冬が近づいてくると、理由もなくなぜだか寂しいという気持ちになって、シングルの人は出会いを欲するのではないでしょうか。いまは恋人が欲しくないと考えていたけれ...
恋人との関係が「落ち着いてきた」ということと「停滞してきた」ということって、似て非なるもの。後者のほうがピンとくるあなたは、関係をよくしようとする「努力」...