自分とはまったく違うキャリアを追う人と付き合うべき。その理由って?

共通の趣味をきっかけに発展する友情や恋愛が多いなか、まったく違う背景を持つ相手をパートナーにオススメするのは、「Elite Daily」の女性ライター、Kaitlin Bradleyさん。

なぜかと言うと、パートナーの条件を頑なに決めつけることで、せっかく手に入るかもしれない新鮮な体験を逃しているかもしれないから。ときには、まったくの別世界に触れてみるのもあり、と思える「3つの理由」を紹介しましょう。

01.
ふたりの間の
競い合いや嫉妬がない

46db3bb9375f0fc89f738198cf798ddddbfc864f

お互いの仕事がうまくいって、サポートし合えるのが理想のシナリオですよね。相手がうまくいっていることに嫉妬心を抱いてしまうのは、関係が崩れるきっかけにもなり得ます。

まったく別々の分野で活躍する2人であれば、どちらかが「先を越す」なんてこともないので、お互いに嫉妬する心配もないでしょう。

02.
未知の世界を見せてくれる

いくら仕事が好きでも、休息をとる時間は大切です。でも、パートナーが同じ業種で働いていると、流れは自然と仕事の話へ…。ディナーのときくらい、仕事の業績や数字の話は避けたいですよね。

それがお互い異なる職種に就いていると、仕事の話はお互いのことをもっと知れるいいきっかけになります。だからこそ、パートナーと話をすることはとても刺激的なんです。

03.
まったく違う分野の人と
知り合える

6b45e41266d680f6be90fb949f8044da9ac5b2d5

もちろん共通の趣味があれば、「分かり合えるからこその楽しみ」があるはず。だけどまったく違う分野で活躍する人と付き合うと、自分のネットワークでは決して出会えなかった人と出会えることもあります。

幅広い分野で活躍している人と出会うことは、私生活の面でもキャリアの面でも、人生を豊かにしてくれるはず。

キャリアは人を象徴する大きな一部ですが、「自分とあまりにも世界が違うから」という理由だけで誰かから遠ざかるのは、もったいない話です。自分にとっては未知の世界を知る彼らだからこそ、新鮮味や学びがあるのです。

最終的には、彼らが「していること」ではなく、彼らの「取り組み方」など、人間性が見える部分こそ抑えておきたいポイント。「これだ」と決めつけて自分の行動範囲を狭めるのは、あまりにももったいないのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
恋人が、もしもあなたと正反対の性格だったら?「みんな、1度は自分とは真逆の人と付き合ってみるべき」と主張するのは「Elite Daily」の恋愛ライター、...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
カーネーギーメロン大学の心理学者の教授、Brooke Feeney氏による研究でサポートや応援してくれるパートナーを持つ人は仕事で成功することがわかりまし...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
「Dinner In The Sky」は話題になっていく中で他のサービスも展開し、今ではフェスに参加でき、サッカー観戦までできるようになっているんです。
恋愛から疎遠になるほど付き合いにくい女性が増える、とは「Elite Daily」に寄せたライターAlexa Mellardoさんの主張。彼女のアドバイス「...
「Elite Daily」のライターAlison Segelさんは、恋愛停滞期を迎えているのだとか。いろいろ考えたすえに、それはすべて自分のこの5つの性格...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
恋人でも夫婦でも、誰かと付き合うというのは、責任が伴うものです。なのに他の人のことが好きになっちゃうのって、どうしてなんでしょう。そのときの実際の気持ちな...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
元彼のことは吹っ切れていますか?相手に合わせてばかりいませんか?
ラブラブな夫婦生活をおくるライターAnjali Sareen Nowakowskiからのアドバイス。読めばやっぱり、単なる“おのろけ”。ところが、まんざら...
後々、「やっぱり年下の彼は私には合わなかった…」となる前に、「Elite Daily」のTayi Sanusiさんが恋愛コーチのDamona Hoffma...
絶えることなく彼氏がいる女の子。あなたの友達にもいませんか?彼氏がいないと不安なのか彼女たちは「あ、もうこの彼とはダメかも」と思うと、すぐに次の相手を探し...
独断と偏見でピックアップしました。
異国の地アメリカの、女性あるある。それは「え、私って彼女じゃなかったの!?」。毎週末デートをして、確かな時間も過ごして(そりゃあやることもやって)付き合っ...
3Bとは、彼氏にすると女性が幸せになれないよ、という職業のこと。実際にこの3Bの男性と付き合った人は、ことごとく幸せになっていません。でもどこか憎めない、...
自身も兄を持つライターが、独自の目線で、恋愛関係でおすすめな男性を紹介する。家族で、「兄」をいう役割をこなす男性だからこそできることがある、と彼女は主張し...
常に彼氏がいる「安定」を「幸せ」と勘違いしていませんか?もちろん誰かに愛されることは、嬉しいこと。でも自分の好きなことを犠牲にしている関係なら、勇気を出し...
恋人に不満があるけれど、今の関係を壊したくないがために、意見を飲み込むことは多いですよね。でも、無理をしてまで続ける関係って、一体どうなんでしょう?そんな...
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。