本当の恋に落ちたとき、あなたのカラダには「異変」が起きる。

「今まではなかなか『彼一筋!』って思えなかったんだけど、今の旦那と出会ってから全てが変わったんです」と「Elite Daily」の Anjali Sareen Nowakowski氏。旦那と順調な生活を送る彼女は、本当の恋に落ちるとカラダに異変が起きると話します。

彼と一緒にいる時に「あれ、普段の私とちがう?」と感じるのなら、それは恋すべき相手である証拠なのだとか。彼女の持論を紹介。

01.
ドキドキ感と安心感を
なぜか同時に感じる

B2e043a3cd8df97bac39898083a2025d4977789d

不思議なことに、旦那といると「ドキドキ」と「安心」という両極端の感情が湧きます。過去にこういう感覚ってなかったんですが、彼といると体はリラックスしているのに、心は常にときめいているんです。

興奮はアドレナリン、安らぎはエンドルフィンの仕業なんだとか。これ、どちらも恋をすると分泌されるもの。つまり、アドレナリンの分泌が多ければワクワク感が強く、エンドルフィンの分泌が多ければ安心感がより強調されるということ。

相反する感情がどちらも感じられる。恋って、不思議です。

02.
彼と一緒にいることが
クスリみたいにクセになる

彼に信じられないほど夢中になってしまうのは、いわば恋の副作用

だって彼とのツーショット写真を見るだけで、コカインを吸うときと同じ脳の部分が活性化されると言うのだから、彼に中毒になってしまうのも無理ないのかも。

さらには付き合いたてのラブラブな時期には、セロトニンの分泌も減ると言います。するとストレスホルモンの分泌が増加するため、とある研究によれば「恋愛の初期段階では、煩わしさや、狂うほどの心配」を感じてしまうのだそう。

Love + CoのクリエーターであるAlyssa Bunnさんはこう言います。

「本当の恋とは、『クスリ』をやっているのと同じようなもの。ドーパミン、オキシトシン、バソプレシンの量がいつになく多く分泌される上、恐怖を感じるへんとう体の反応が鈍るんです」

つまり常に一緒にいたいと思うのは、判断力が低下しているストーカーだからではなく、相手に夢中なだけと思ってOK。

03.
つねに彼に触れたくて
しょうがなくなる

C8cf7fe53907c32a178c187f67616fa3f42de6b9

元彼と付き合っている時には「精神的に弱っている人ほどイチャイチャしたがるものよ」と伝えて、あまり触れ合わなくてもいいように逃げていました。

でも今の旦那とは、イチャイチャしたくてしょうがないんです。以前までは自分のスペースがないと嫌だったのに、今となっては彼が椅子に座ると、自然と彼の膝の上に座ってしまいます。彼がベッドに寝っ転がると、自分の足を彼のものに絡ませてしまうし、彼の隣りに立てば二人の間は5センチにも及びません。

…なんて盛りすぎたかもしれませんが、同じようにしたがる女性はきっと私だけじゃないはず。愛するパートナーとキスをしたり、イチャイチャしたりするとオキシトシン(通称「ラブ・ホルモン」)が分泌されます。すると、パートナーへの愛が深まり、できるだけ相手に近づきたいと思うのです。

「イチャイチャしすぎ!」と怒られたら、「ラブ・ホルモン」のせいにするのも一つの手ですよ。

04.
彼の前でだけは
つい噛み噛みになる

旦那と一緒にいる時に限って頭の中がグチャグチャ、口に出す言葉は噛み噛み…なんてことが、今でもたまにあるんです。

でもこれは自分のせいではなく、愛のせい。なんせ恋に夢中な時は一時的に認知能力が下がるって言いますからね。すると意味不明なことを口走ったり、変な行動に出たりしてしまうのです。パートナーの前では、何だかいつもヘマしているように感じるのなら、それは愛が溢すぎて脳を100%使えていないサイン。

口が回らないことが彼への愛を物語るだなんて、不思議ですよね。

05.
パートナーの匂いに
無条件に惹かれる

5c7e413c2bad248e9417f5e115c83deba76011f2

私もつい、旦那を匂いを嗅ぎすぎてしまう傾向にあります(だっていい匂いがするんだもの)。でも、これに共感できる人はたくさんいるはず。

どうやらパートナーの匂いに惹かれるのは、子孫を残すための本能みたい。進化論によると、異なったMHC構造を持つ相手との間に生まれた子どものほうが、健康的な免疫システムを持って生まれるのだそう。だから彼の匂いに惹かれるのなら、生理学的にも相性がいいと思ってOKでしょう。

愛するパートナーと一緒にいると、体は普段とは異なる反応を引き起こしてしまうもの。だから恋をしていると、自分にも理解不能な行動に出てしまいます。でもこれはあなたがおかしいのではなく、相手が好きで好きでしょうがないだけなので、安心してくださいね。

Licensed material used with permission by Elite Daily
恋をする、人を愛する感覚は、男女に差があるものなのでしょうか。多くの人が考えてしまう、答えのない問いのようなもの。その疑問を、様々な視点から解明するEli...
運命の出会いとも言えるほどに相手のことを好きになっている3つのサインを、性科学者兼リレーションシップ・エキスパートの意見から紹介。相手の匂いが何とも言えず...
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
人となりやキャリア、ステータス。恋とはそのような特徴に左右されるものだと思っていたのなら、「I Heart Intelligence」でMilen Ray...
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
ベネチアのゴンドラで移動するスタイルを取り入れるそうなので、これに合わせたインフラも整備予定。
「本当に成功したカップルというのは、同じ人に、何度も恋に落ちるものだ」最初はラブラブだったはずなのに、だんだん「ときめき」がなくなり…という悲しいパターン...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
「Elite Daily」のLily Rouffさんが提唱する、彼との関係が「本当の愛」か「カラダだけの付き合い」を見極める6つのチェックポイント。
アメリカでビジネスを展開するPaladin Deception Servicesは、ちょっと変わった企業。お金を払えば、スタッフがあなたのためにウソをつく...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
「Elite Daily」のライターAlison Segelさんは、恋愛停滞期を迎えているのだとか。いろいろ考えたすえに、それはすべて自分のこの5つの性格...
いくら愛しい人でも、一緒にいる時間が長くなればマンネリ化してしまうもの。ロマンチックな関係というよりは、ただの空気のように感じられてきてしまうことも。でも...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
フランス産発酵バター<エシレ・メゾン デュ ブール>で買うべきは、マドレーヌよりも、ケーキよりも、クロワッサンよりも、マシュマロ!
お互いに好きであっても、相手の心を傷つけてしまうことはあるもの。時々であるならまだしも、一緒にいると不幸になるんじゃないかと。見ているコチラが心配になるよ...
女性ライター・キャンディスは、「Elite Daily」にこんなことを書いていました。居心地が良いからと惰性でする恋愛じゃなく、上辺だけの軽いものでもない...
「LOVE」という単語、「恋」という?「愛」という?
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
あなたはこれまでに何回、恋に落ちましたか?人は人生の中で、いったい何回「恋」に落ちるのでしょう。ライターのKate Roseさんの意見ははっきりしています...
恋愛のかたちは人それぞれ。でも、国や文化の違いを超えて万人に共通する「真実の愛」は存在します。ただ、自分の気持ちに自信が持てない人が多いのも事実です。ここ...
誕生日を知るだけで、あなたの恋愛癖がまるわかりできてちゃう恋愛星座占いを「Elite Daily」のGigi Engleさんが紹介しています。いまの相手や...
恋に落ちると世界が変わって見える、とはよく言われたもの。でも実際どうしてそうなるのでしょうか?ライターのEevee G氏が「I Heart Intelli...