恋に恋をしてしまっていた5つのパターン

好き同士が一緒になれれば、きっと幸せになれる。本来はそのはずだけれど、それほど単純じゃないからこそ恋愛は難しい。そう、実は「好きの対象」が重要なんです。

Elite Daily」のCaitlyn Luce Christensenさんによると、その対象が「彼」なら問題なし。でも、「恋」や「恋をしている自分」だと黄信号。以下5つに該当したら、本当の意味で彼を愛せていないかも。

01.
今よりも、将来の
「妄想」にときめいてた

私は恋に恋をしているとき、「いま」のことはほとんど考えてなかった。将来の「可能性」に心をくすぐられていたの。

もちろん恋をすると、先のことが楽しみになるのは当たり前。週末のおでかけに、夜寝る前の長電話。付き合いが長くなると、「どんな家庭にしたい?」「どんな家に住みたい?」っておしゃべり。

でもその度が過ぎると、ときめくのはもっぱら「妄想」ばっかりに。いま彼といる時間より、まだ起きてもいないことの方にワクワクしちゃうの。

その上、ふたりの「理想」を勝手にひとりで作り上げちゃってた。「ロスに住みたい」なんて彼は一言も口にしていないのに、「絶対ふたりでロスに移住するの、それが幸せへの道なんだから!」なんて勝手に思い込んだりね。でもそれは「いま」から目をそらして、現実逃避に夢中になっていただけなのかも。

02.
相手の中身じゃなくて
ステータスに惹かれてた

「この人と一緒になるべきなんだ」とか「きっと彼こそ完璧なパートナーのはず」なんて、自分に言い聞かせたことはない?ものすごく惹かれているわけじゃないし、セックスも普通なのに、「彼といれば幸せになれる」って思いこんじゃうのよね。

有名な会社に勤めていたり、名の知れた人だったり、何らかの才能に長けていたり…。自分にはないものを持っている人に惹かれるのは人間の性。でもバンドのヴォーカルと付き合っているのは、本当は自分がステージに立ちたいからじゃない?そんなことはできないのに。

本当に好きなら、彼が何をしていようといくら稼いでようと、関係ないはず。もちろんステータスも知っておくべきだけど、それだけに惹かれていてもうまくいかないの。

03.
周りの反応ばかり
気にしていた

外見に惹かれるのはごく普通のことだけど、何事もバランスが大切。性格を知って恋に落ちることもあれば、ただセックスがしたいだけなのに「好き」と思い込んでしまうこともある。

外見と中身のどちらに惹かれているのかを判断する方法は、ずばり「周りの目を気にしているかどうか」。本当に好きなら、周りからどう見られているかなんてお構いなしのはず。彼は私が好きで、私は彼が好き。それだけでことは足りるの。

でも恋に恋してるときは「私と彼はお似合いかな」「みんな気付いてるかな」「彼といることで私の株も上がった?」なんて考えちゃう。もしそうなら、彼に対する想いも上辺だけね。

04.
相手に合わせて
自分をコロコロ変えていた

好きな人のために自分を高めるのはいいこと。でも恋に恋をしていると、彼の理想像になろうとして、無理やり自分を変えようとしちゃうの。

でもそれって、男の子にモテるために見た目をコロコロ変えていた高校生みたい(そういえば私は大学生のとき、パンク気質の彼の気を引くために黒い服ばかり着ていたわ…)。

本当に好きなら、相手の理想とは違ってても気にならないはず。だって心の底からお互いに惹かれ合っているのなら、ありのままを受けいれられるはずだから。もしそうじゃなければ、残念ながらその恋は本物ではないのかも。

05.
しばらく会わないでいると
気持ちが離れてしまっていた

少しの間離れているだけですぐ相手のことを忘れてしまうのなら、それは本当の意味で惹かれていない証拠。

休暇で遠出しているとき、彼に連絡を入れる努力をしていないのなら、その恋を暇つぶしとしか思っていないのかも。

Licensed material used with permission by Elite Daily
これまでに「運命の人」だと感じた経験は、何度かあるかと思います。でも、「違った」「思い過ごしだった」「出来心だった」という結末を迎えてしまうことも、同じく...
お互いに好きであっても、相手の心を傷つけてしまうことはあるもの。時々であるならまだしも、一緒にいると不幸になるんじゃないかと。見ているコチラが心配になるよ...
恋をする、人を愛する感覚は、男女に差があるものなのでしょうか。多くの人が考えてしまう、答えのない問いのようなもの。その疑問を、様々な視点から解明するEli...
運命の出会いとも言えるほどに相手のことを好きになっている3つのサインを、性科学者兼リレーションシップ・エキスパートの意見から紹介。相手の匂いが何とも言えず...
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。
ひとりの相手と半世紀ほど共に過ごすことになる結婚生活。そんなに長い期間一緒にいるのならば、「運命の人」と人生を歩んでいきたいもの。でもそれが誰かって、どう...
「本当に成功したカップルというのは、同じ人に、何度も恋に落ちるものだ」最初はラブラブだったはずなのに、だんだん「ときめき」がなくなり…という悲しいパターン...
人となりやキャリア、ステータス。恋とはそのような特徴に左右されるものだと思っていたのなら、「I Heart Intelligence」でMilen Ray...
男性をきゅんとさせるポイントは、あなたのどこに隠れているのか。それを見つけるだけでも、大きな進歩になるはず。「Elite Daily」の記事をもとに、恋愛...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
いくら愛しい人でも、一緒にいる時間が長くなればマンネリ化してしまうもの。ロマンチックな関係というよりは、ただの空気のように感じられてきてしまうことも。でも...
普通に恋したいし、駆け引きなんて私には無理。なれないってわかってるのに、なぜこんなにも恋の駆け引きが上手な女性に惹かれてしまうのかな。もしかしたら、Cri...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
『きみへの距離、1万キロ』、2018年4月7日(土)より全国ロードショーです。
運命の人との出会いは、美しくとても神秘的なものです。その人のすべてがあなたを夢中にさせ、「今までの恋愛は間違いだったかも!」と気付かせてくれるでしょう。で...
「今まではなかなか『彼一筋!』って思えなかったんだけど、今の旦那と出会ってから全てが変わったんです」と「Elite Daily」の Anjali Sare...
映画で観るお姫様と王子様の恋愛は、いつもハッピーエンド。ところが現実は純粋なラブストーリーからどんどん離れていくばかり。まずは「Thought Catal...
今あなたが一緒にいるパートナーは「運命の人」ですか?もし確信がないなら、辛い恋愛の末に運命の人と出会えたというAnjali Sareen Nowakows...
それでも、一緒にいるあいだは、幸せだったし。
好きな男性とスキンシップする女性たちの姿。幸せいっぱいな気持ちが伝わってくる。恋愛がめんどくさいと思っている人も、Lorraine Sorletの描くカッ...
「Elite Daily」のライターAlison Segelさんは、恋愛停滞期を迎えているのだとか。いろいろ考えたすえに、それはすべて自分のこの5つの性格...