「警戒心」が強い女性を好きになってしまったとき、知っておくべき25のこと

相手に対する強い「警戒心」は、ときに誠実さの象徴にもなります。彼女たちは簡単に人を信用しない代わりに、その感性は正しく、美しいことが多いのです。

そう語るのは「i heart intelligence」のRovinReiscchさん。

あなたは、そんな慎重な性格の女性とお付き合いしたことがありますか? これから紹介する25個の項目についても知っておくことで、彼女たちの本当の心の美しさに気づくことができるかもしれません。

01.
モノよりも、やさしさや誠実さが大切。

響くのは、お金やルックス、高学歴や社会的な成功ではないのです。

02.
言ったことがどれだけ行動に移せているかを重視。

03.
愛が持つパワーも、リスクも心得ている。

04.
誰よりも尽くしてくれる。

05.
つねに我が道を行く。

あなたを道連れにする可能性もあるけど、基本的にはひとりでも平気。

06.
チャンスは一度しかない。

彼女たちは、ひとつの恋にすがるほど弱くはありません。だからチャンスを与えられたら、大切にしてあげましょう。

07.
恋人に求めることは「やさしさ」に尽きる。

彼女は、少しでも危機感を感じたら逃げ出してしまう傾向があります。

08.
打ち明けづらいことも受け入れてくれる。

そして、その弱さも尊重してくれます。

09.
「共感力」が高くて、深い。

10.
恋人がいなくても大丈夫。

それでもずっとあなたと一緒にいるなら、「そばにいて欲しい」という証拠。

11.
最後まで生き残るタイプ。

12.
お花や高級ギフトをもらうと、裏があるように感じてしまう。

13.
欠点まで愛してくれる。

14.
ちょっとだけ、クレイジー。

でも、だからこそ人生が鮮やかになるのだと言い聞かせ、受け止めてあげましょう。

15.
誰かを頼るのは、あまり好きじゃない。

それがたとえ、空港までのドライブであっても。

16.
心を開くまでに時間がかかる。

そうするには勇気も必要だから、無理にこじ開けず、たっぷり時間をとらせてあげること。

17.
非常事態でも冷静でいられる。

18.
物事を抱え込みすぎる。

19.
恋人にも打ち明けないことが1つや2つはある。

それが「愛されていないから」だと思ったらダメ。

20.
急速に物事が進むと、逃げ出したくなる。

恋愛のリズムは、彼女に任せること。

21.
恋人だからといって、なんでも話せるわけじゃない。

それは公平ではないと感じる人も多いかもしれません。でも彼女たちにとっては、それが正しいことでもあるのです。

22.
彼女のことは、一生理解できないかもしれない。

23.
周りにお願いするのが苦手。

だから助けを求められたときは優しくしてあげて欲しい。

24.
たったひとつの善意では、信頼にならない。

つねに良心的な姿勢で向き合えば、信頼してくれるようになるでしょう。

25.
1度しくじったら、2度目はない。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
「この人付き合いづらいな〜」と思うのは、どういう人でしょうか?ネガティブな人、自意識過剰な人、知ったかぶりをする人など、挙げはじめたらいろいろと出てくると...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
3Bとは、彼氏にすると女性が幸せになれないよ、という職業のこと。実際にこの3Bの男性と付き合った人は、ことごとく幸せになっていません。でもどこか憎めない、...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
イギリスでこのコーラルピンクのカードを持っていれば、若者は「あっMonzo(モンゾ)を使ってるんだね。どんな感じ?」と声をかけてくるはずです。
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
絶えることなく彼氏がいる女の子。あなたの友達にもいませんか?彼氏がいないと不安なのか彼女たちは「あ、もうこの彼とはダメかも」と思うと、すぐに次の相手を探し...
恋愛から疎遠になるほど付き合いにくい女性が増える、とは「Elite Daily」に寄せたライターAlexa Mellardoさんの主張。彼女のアドバイス「...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。
円満なカップルは、「正直に伝えること」と、「秘密にすること」の線引きがうまいのかもしれません。なぜだかいつも、恋人との関係をダメにしてしまうという人は、参...
とても仲良しでいい雰囲気だったのに、いざ付き合うことはなかった…という時、男性はどんなことを考えているのでしょうか。気になる女性と付き合わずに「キープした...
お互いに好きであっても、相手の心を傷つけてしまうことはあるもの。時々であるならまだしも、一緒にいると不幸になるんじゃないかと。見ているコチラが心配になるよ...
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
パートナーと一緒にいる「安心感」に敵うものは、なかなかないですよね。でもその関係、見掛け倒しではありませんか?心の底から寄り添うためには、お互いに深く理解...
「Elite Daily」のライターAlison Segelさんは、恋愛停滞期を迎えているのだとか。いろいろ考えたすえに、それはすべて自分のこの5つの性格...
異国の地アメリカの、女性あるある。それは「え、私って彼女じゃなかったの!?」。毎週末デートをして、確かな時間も過ごして(そりゃあやることもやって)付き合っ...
女性ライター・キャンディスは、「Elite Daily」にこんなことを書いていました。居心地が良いからと惰性でする恋愛じゃなく、上辺だけの軽いものでもない...
EmilyとKevinのカップルは、付き合って5年。それだけ一緒にいれば、きっと言葉にしていない本音もいろいろあるでしょう。ということで、お互いの心の内を...
気になっている人とのデート中に、話を盛り上げるきっかけにもなりそうな、「Elite Daily」で見つけた6つの質問。なぜ、この質問をする意味があるのかも...
長い時間を、一緒に過ごすわけだし。
若いときは後先考えず、最初のときめきで恋愛に踏み込みがち。そうやって早まった判断から失敗に終わることも。そうして、ある程度の恋愛を経験して辿り着く年齢が、...