恋人の行動、どこまで許せる?「安定期」に入った11のサイン

恋人と長く過ごすようになると、お互いに「きれいなところ」だけでは済みません。もちろん、日常の「リアル」に直面することもあるでしょう。それを見て引いてしまったり、リアクションに困っているようなら、まだまだ関係がウブな証拠。

相手のことを本気で受け入れたとき、まったく気にならなくなる「11のこと」をまとめているのは「Elite Daily」の女性ライター、Alexia LaFataさん。当てはまるなら、あなたとパートナーは「安定期」に入ったってこと!

01.
ムダ毛の処理は
自分のタイミングで

Addc7e07356a10a9a13c837124a5e75d95f2cc59

安定期に入るということは「彼のためにムダ毛処理する日々」に終止符を打つ、ということ。もちろん恋人のためじゃなくて「自分のため」に剃る女性もいるけど、脚の露出が減る寒い季節に入ると、どれだけ几帳面な女性でもサボり気味に…。

だって、毛を剃ったあとにシャワーから出ると、一気に体が冷えるんだもの。

とにかく、1ヶ月剃らなかったくらいで別れるような男は最低。もしかしたら、彼の誕生日に向けてキレイにしようとしてたかもしれないじゃない?

02.
せめておならくらい
許して!

多くの女性が、長くて1年半くらいは彼の前でおならをしないように頑張るはず。でも、女性だっておならをする生き物なの。

自然の摂理なんだし、笑って聞き過ごしてあげて。

03.
トイレの「大」について
話し合える?

わざわざ「大きいほう」の話をしたがる人はあまりいないと思うけど、その話をするとすれば、ちゃんと繊維を摂っているか心配してくれる母親、診療してもらっているお医者さん、あとは便秘について話せるくらい、心を許した友だちとか。

それが恋人とも話せるようになったら、安定期突入のサイン。

04.
生理のことは
どうだろう?

7f50c3646bd7392859a5b2ff801992af82287d46

月に一度巡ってくるものだからこそ、理解してほしいと思うもの。その期間は、イライラしやすくなったり、感情のアップダウンが激しくなったり、急に食欲が湧いてきたり、むくんできたり。

セックスを拒みたくなる女性もいれば、性欲が増す女性もいる。こういう変化のせいで問題が起こったら、生理の話をしなければいけなくなるかもしれない。

彼がこの話題に触れるときに気をつけてほしいのは、話し方とタイミング。彼女が話し始めるまで、口にしないほうがいいわ。あと、彼女の機嫌の悪さがなんでも生理のせいだと疑ってかからないで。

生理の波も難なく乗り越えられれば、ふたりの関係は順調よ。

05.
シャワー中に
もよおしたり…

女性にとって「立ちション」は不可解なもの。それに、一緒にシャワーを浴びるなら、ムードを全開にしたいと感じているはず。もし、彼女からのお許しが出たとしても、彼女が見えないように用をたすのが礼儀ってもの。

ちゃんと流れるように排水口を目がけてね。

06.
話がしたいから
トイレのドアは開けっぱなし

大事な話をしている途中で急にトイレに行きたくなったとき、扉を閉めることで会話を中断するなんて、もったいないわ。

扉を少し開けておけば、会話も続けられるはず。

07.
寝起きの口臭も
「ま、いっか」

3181fd1f91fd4874f701384de767734ce0c091c0

一夜限りの関係だったらショックを受けるポイントは、よれたメイク、いびき、目やに、そして、衝撃的な朝の口臭。

でも、何度も夜を共にしている恋人同士であれば、それにも慣れてくるはず。彼が起きるまでに歯を磨いていたのも、昔のこと。

でも、その慣れこそがふたりの結束の強さを表すの。

08.
お互いのニキビをつぶす

女性は、どれだけ痛くても「美」のためならいくらだって我慢できるわ。だから、ニキビ潰しだって快感。まずは十分に洗顔をして、広がった毛穴に温かいタオルを当てるの。ピンセットを取り出したら、さぁ、はじまり。

ニキビをきゅっと掴むのが、たまらなく気持ちいい!

でもそれは、あくまでも自分の顔だから耐えられる行為。それを彼の顔までやろうとするのは、深い愛情の表れだと思わない?

09.
風邪ひいてるのに
キス

B1197a6b3e9cd617cc3e9f73ea4046a37d0ae233

鼻は詰まり、目は真っ赤、咳から嘔吐まで…。こんなに最悪なコンディションな相手の面倒を見てあげられたら、ふたりの愛は相当深いでしょう。

「ものすごい顔をしているから」「ブサイクな顔を見せたくないから」とか、何かと理由をつけて拒もうとしても、大事に想ってくれる恋人なら、体調不良なあなたを放っておきません。

本当にひどい顔をしていても、いつも通りに受け入れてくれるはず。

10.
少しくらい
太ったってOK

世間がイメージする「理想の体型」に近づくため、男性はプロテインを飲み、女性は野菜を食べ、どうにかジムに通う時間をつくろうと努力する。とくに付き合いたてのカップルだとお互いにそうするかもしれないけど、関係が安定してくると人は徐々にダラけてくるもの。

「気づいたらパートナーの体型が出会ったときとは全然ちがう」なんてことも。ウエスト周りが分厚くなってたり、去年よりひと回り大きいサイズのTシャツじゃないとパツパツだったり…。

でも、体重なんて関係ないの。恋に落ちたときの気持ちさえ忘れなければ、問題ないはず。

11.
「人間的な一面」だから
愛は変わらない

A792452cf796780f06dcc6464486068785d5a635

付き合いたてのカップルだと「恋人」に夢を抱きがち。でも、人間的な営みを含めたすべてを愛せるかどうかが、関係の深さを表すの。

おならや風邪をひいたときのかっこ悪い姿、太ったりニキビを潰したり…。ふたりの関係性が無敵なら、そんなことで愛情が変わることはないでしょ?

Licensed material used with permission by Elite Daily
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
恋愛のかたちは人それぞれ。でも、国や文化の違いを超えて万人に共通する「真実の愛」は存在します。ただ、自分の気持ちに自信が持てない人が多いのも事実です。ここ...
恋愛の本質は、自分よりも大切にしたいと思える相手と出会うこと。いつもは自分のことで頭がいっぱいなのに、恋愛をすると不思議と相手を優先するようになってしまう...
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
みなさんは恋人を選ぶとき、どんな理想を持っていますか?たとえば、自分の話をきちんと聞いてくれる。浮気をしない。自立していてクリエイティブ。など、いろんな要...
恋人に好意を抱けば抱くほど感じてしまう、やきもちや嫉妬心。何となく、女性の方が嫉妬するイメージが強いですが、なにもやきもちをやくのは女性ばかりではありませ...
自身も兄を持つライターが、独自の目線で、恋愛関係でおすすめな男性を紹介する。家族で、「兄」をいう役割をこなす男性だからこそできることがある、と彼女は主張し...
世界一大きなグミのピザをつくるというおバカなことを、大真面目にやってのける大人たちの動画があります。思わずクスッとなる場面がいくつかありますよ。Check...
大好きな恋人と良好な関係を維持する秘訣とは?この問いを20年にわたって研究しているJohn Gottman氏の主張によると、派手な愛情表現は必要ありません...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
「優しい」「笑わせてくれる」そんなのは、当たり前。
女性ライター・キャンディスは、「Elite Daily」にこんなことを書いていました。居心地が良いからと惰性でする恋愛じゃなく、上辺だけの軽いものでもない...
ポテトサラダの具を何にしようかは考えるでしょうが、「何を隠すか?」と考えたことはないはず。
隣りの花は赤く見える。他人のものは何でも良く見えてしまうことのたとえですが、日々の生活のなかでよくありますよね。たとえば誰かが着ている洋服が気になって仕方...
「Power of Positivity」に掲載されていた、恋人と別れるべきサインをまとめた記事から、一部を抜粋して紹介しましょう。恋人との関係に疑問を感...
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
もし付き合っている相手が、自分に対して不満を抱えているとしたら…。後々、「まったく気付きませんでした」とはなりたくない。特に、手遅れになるようなことには。...
いかにもセクシー服装をしている女性の姿より、セクシーじゃない女性の普段の姿や行動が、男性にとってそそられるそうです。例えば、歩く姿やユーモアのある時や、好...
恋人に求める条件……「やさしさ」。これ、アメリカでも似たような状況があるようで。以下に紹介するのは「Elite Daily」の女性ライターCaitlyn ...