理想の男性は「私についてこれること」。人気ブロガーの結婚観

Your Tango」の女性ブロガー、Liz Pardue-Schultzは、長年「結婚なんて冗談じゃない」と思い続けたきたそう。にも関わらず、今はひとりの男性と結婚し、とても幸せな日々を過ごしています。彼女自身も、自分の変化に驚いているとか。

今回は、そんな彼女が「理想の男性」について綴ったエッセイを紹介します。

小さい頃から
気難しかったLiz

私にあれこれ指図をする人は大嫌いなの。そういう人って、大抵自分に自信がないのよ。きっと私に負けてるって思っている。

私は小さい頃から意見がはっきりしていて、自己主張が強くて、頑固な子供だった。「気難しい」ってよく言われたわ。でも、だからといって大人しくしようなんて思ったことはないし「年相応」とか「上品なレディとして」とか、鼻で笑い飛ばしてきた。

「私についてこれる男性が好き」

だから私が付き合いたいと思う男性は「私についてこれる」男性。だけど勘違いしないでほしいのは、私のやることなすことすべてに賛成する人がいいっていうわけじゃない。私が好きな男性は、自立していて、自分の考えを持っている人。そう、私みたいにね。

私が活躍したときに嫉妬して、あれこれと指図してくる人とは絶対に付き合いたくない。そういう人に限って「レディとは」とか「よき妻とは」とか、時代遅れの理想を押し付けてくるの。強く自立した女性を受け入れられない器の小さい男性には、興味がない。

「お互いに依存するのは嫌」

私が結婚したいと思う人は、お互いを尊重しながら、手を取り合って生きていくことができる人。手を引いて欲しいなんて思わない。私には私のペースがあるし、彼には彼のペースがあるはずだから。

もちろん、自立しているからって、お互いに助け合わないわけじゃない。どちらかが困っていたら、どちらかが助ける。片方が片方を支え続けるとか、依存しているのがイヤというだけよ。

自分のリズムで歩いて、自分の考えで生きている、自立した人。それが私の理想。

そんな人ってそんなにたくさんいないわよね。わかってる。でもいいの。

たったひとり、そんな人に出会えれば、それでいいんだから。

Licensed material used with permission by YourTango
MORE CONTENT FROM YOURTANGO:
結婚を決意するのってどんな時?何が決め手になる?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。男性には、“あ、オレはこの人と結婚するんだ”ってなんとなく...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
彼氏のことが大好きで、今すぐにでも結婚したいけれど、彼氏からは何もアプローチがないと悩んでいる女性は、少なからずいます。彼氏にとって理想の女性になるにはど...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
職業別、合コン。やったことあります?「Thought Catalog」のライターErin Cossettaさんがオススメするのは、ぶっちぎりでナースだそう...
若いうちの恋人選びは「可愛ければいい」「ライバルがいるほうが燃える」なんて理由だったとしても、大人になるにつれて、内面的な部分やさりげない思いやりに目を向...
ラブラブな夫婦生活をおくるライターAnjali Sareen Nowakowskiからのアドバイス。読めばやっぱり、単なる“おのろけ”。ところが、まんざら...
左手の薬指にはめるリングは、やっぱり一生大切にしたい。でも、何から何まで自分の希望を込めたい女性に対し、「買ってくれる男性の身にもなってほしい!」と、声を...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
米メディア「Elite Daily」では、どちらかというとカジュアルな恋愛を切り口にした恋愛論が数多く登場しますが、なかにはこんな真剣な結婚論をまとめた記...
長年寄り添えば寄り添うほど、良くいえば落ち着く、わるくいえばマンネリ化するのが夫婦関係というもの。でもそんな日常の中に必ずあって欲しいのは、ふたりの愛を二...
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
落ち込んだときや嬉しいとき。誰かにその体験談を共有できてこそ、痛みが軽くなったり、喜びが倍増するもの。そうして人と触れ合い、互いに刺激し合いながら切磋琢磨...
恋愛においての絆の深さは、一緒に過ごす「期間」ではなく、そもそもの「相性」にあるのかもしれません。2ヶ月ほどで今の旦那さんとの結婚を踏み切ったというライタ...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
「恋は盲目」という言葉通りに、どんな事でも許してしまいがち。でももし今の彼にこのような特徴や性格があれば、将来の結婚は考え直して、別れを決断した方が良いか...
ある人は言いました。「準備をしないことは、失敗に備えているようなものだ」と。「Elite Daily」の既婚者ライターJasmine Vaughn-Hal...
結婚願望があまり強くない男性が増えてきている昨今。10歳以上も年下だったり、大学生だったりする彼氏と付き合っているならなおさらですよね。きっと結婚なんてま...