付き合いが長くなっても、パートナーに「何度も恋に落ちる」アドバイス

「本当に成功したカップルというのは、同じ人に、何度も恋に落ちるものだ」

最初はラブラブだったはずなのに、だんだん「ときめき」がなくなり…という悲しいパターンにならず、付き合ったあとも何度も恋に落ちるような関係って素敵ですよね。

今回ご紹介するのは、そんなときめきを保つためのちょっとした、でも科学的な5つのコツを、結婚&恋愛カウンセラーのLianne Avilaさんに伝授してもらいましょう。

01.
キスは6秒がいい?

E8ec98e7c850da33df7426087defabff807e7704

付き合いが長くなるにつれて、キスをする機会が減っていませんか?したとしても、ほんの一瞬だったり。

たっぷり時間をとって、唇に6秒間キスをしましょう。やってみるとそんなに長くは感じないはずですが、心理的な効果は抜群だと言われています。

02.
なんだかんだ言っても
記念日は大切

最初は毎年祝っていた記念日も、だんだんおざなりになります。記念日には、どちらかが出かける前に「今日は記念日だね」と声をかけること。

お互いにとって大事な日をちゃんと覚えていて関心があるよ、と示すことは、関係を築く上でとても大切です。

 03.
一日の終わりに
話をする

F550fbeeda0f255ceebe92484d7efc515add79fa

電気を消して眠る前、パートナーと20分ほど会話を交わしましょう。今日はどんな一日だったか、ただ話すだけでいいのです。お互いのストレスを軽くすることができますよ。

04.
理想や希望を話して
どんどん更新していく

恋愛関係をうまくいかせるためには、パートナーのことをちゃんと知っておかなければいけません。

恋愛に望むことは何か、相手に望むことは何か、理想の性的な関係は何か。そんなことを恥ずかしがらずに言葉にすることが大切です。

人間は複雑で、どんどん変わっていくもの。一度話し合うだけではなく、つねにお互いの希望や理想を更新し合うことも大事ですよ。

05.
日頃から
スキンシップ

984844356964d7c77c22353895f86eab3721b8c7

キスしたり、抱き合ったり、じゃれあったり、スキンシップは多ければ多いほど良いのです。

John Gottman博士はなんと「カップルが自分たちの関係のためにやっているポジティブなことっていうのは、全部前戯だ!」と言うほどに、親密さとセックスには密接な関わりがあります。

人間は触れるのも触れられるのも大好き。パートナーが料理をしている時、掃除をしているとき、後ろから抱きついてみましょう。

Licensed material used with permission by YourTango
MORE CONTENT FROM YourTango:
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
恋をする、人を愛する感覚は、男女に差があるものなのでしょうか。多くの人が考えてしまう、答えのない問いのようなもの。その疑問を、様々な視点から解明するEli...
いくら愛しい人でも、一緒にいる時間が長くなればマンネリ化してしまうもの。ロマンチックな関係というよりは、ただの空気のように感じられてきてしまうことも。でも...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
パートナーと一緒にいる「安心感」に敵うものは、なかなかないですよね。でもその関係、見掛け倒しではありませんか?心の底から寄り添うためには、お互いに深く理解...
ラブラブな夫婦生活をおくるライターAnjali Sareen Nowakowskiからのアドバイス。読めばやっぱり、単なる“おのろけ”。ところが、まんざら...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
恋愛とは、うまくいっていると「永遠に続く」なんて思うものですが、実際は想像以上にもろいもの。でも「この人だ!」と思う人なら、できるだけ関係を長持ちさせたい...
恋人でも夫婦でも、誰かと付き合うというのは、責任が伴うものです。なのに他の人のことが好きになっちゃうのって、どうしてなんでしょう。そのときの実際の気持ちな...
浜松駅から徒歩10分ほどにある「肴町(さかなまち)」は、ディープに楽しめる飲食店が軒を連ねる人気のエリア。そこからさらに1本細い路地裏に入って行くと見えて...
人となりやキャリア、ステータス。恋とはそのような特徴に左右されるものだと思っていたのなら、「I Heart Intelligence」でMilen Ray...
落ち込んだときや嬉しいとき。誰かにその体験談を共有できてこそ、痛みが軽くなったり、喜びが倍増するもの。そうして人と触れ合い、互いに刺激し合いながら切磋琢磨...
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
付き合い始めの頃は、誰だって恋人に夢中になるもの。けれど付き合いが長くなるとふたりの関係は変わっていき、時には「心が離れていっているのでは?」と心配になる...
これは、すべての夫婦、または夫婦になろうとしているカップルが知っておくべき内容かもしれません。米メディア「Your Tango」に関わる、恋愛や夫婦関係の...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
賢くパートナーを選ぶ。そんなロジカルにモノゴトが上手くいかないことくらい理解しているつもりです。が、それにしたってこの動画(「The Schoool of...
長く一緒にいると、付き合いたての頃の初々しさはなくなり、居心地のいい関係になってきます。もちろんそれも素敵なことですが、たまにはドキドキしたいもの。そこで...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
「Elite Daily」の Alison Segelさんの記事より、恋愛で決して耐えてはいけない6つの兆候。パートナーによる精神的・肉体的暴力、態度・感...
「Elite Daily」のパートナーとの関係が終わっていることを示す4つのサインを読めば、見て見ぬフリをしてきた“恋の結末”と向き合う勇気が湧いてくるか...
「優しい」「笑わせてくれる」そんなのは、当たり前。