「ケンカするのに仲がいい」。そんなカップルになるための7つのコツ

恋愛をすると「こんな広い世界で私を選んでくれる人がいて幸せ!」という嬉しい気持ちの反面、だからといって何もかもうまくいくワケではない、という不安も生まれます。まったく違う考えを持って育ってきた者同士がお互いの理解に努めるワケだから、時には踏ん張る必要も出てきます。そして、ケンカもつきものなのです。

ケンカばかりが続いてしまうと「この恋愛、うまくいかないかも…」と意気消沈してしまいますが、恋愛アドバイザーであるJohn Gottmann氏によれば「ケンカのうちの69%は、いい関係につながる」のだそう。

ケンカをただ悪いことだとは思わず、大切な相手との仲を深めるきっかけだと考えてみましょう。女性ライターのSarah Herstichさんが「Elite Daily」にまとめていたので紹介したいと思います。

01. 
同じ内容のケンカは
繰り返さない

Ad94c45440c92b41595f006df6969aef6ef8aca1

気がつくと、毎回同じ内容でケンカをしていませんか?

たとえば、食器の洗い方が原因だったり…。順番を決めてやるなど、解決案がきっと見出せるはずです。ふたりで冷静に話せば解決できる問題につまずくのは、もうヤメにしましょう。

02. 
ケンカのタイミングを
把握しておく

よく、決まったタイミングでケンカをするなんてことありませんか?たとえば酔っ払ったあと、生理前、など…。もしパターンがあるならば、それをしっかりと把握しておきましょう。どうすればそのイライラを抑えられるか、問題の根源を探ることが肝心です。

仕事でのストレス?気持ちが不安定になるから?

パートナーと話し合って問題を突き詰めることで、うまくその問題と付き合っていく方法が見つかるはずですよ。

03.
相手を傷つけずに
イライラを解消する

E341e552c5cc460492ee5ac1974156971fee66ef

何かにイライラしてしまうことは、ごく自然なことです。だけど、相手を傷つけずにそのイライラを解消できていますか?

それとも、イライラを理由にして相手に悲しい思いをさせていませんか?

04. 
批判と非難はしない

イライラしていると、もともとそこまで気にしていなかったことまでどんどん思い出し、気づいたら大きなケンカに発展している…なんてこともあるでしょう。

日々の小さな不満がこぼれて、必要以上に大きなケンカに膨らんでしまう前に、そもそも何が問題なのかをハッキリさせてから話し合いましょう。これでケンカも効率的(?)になるはず。

05. 
ひとまず深呼吸する
習慣を

4055f6848f75048850ee3a3890ed6caca51e7b97

カッとなっていると、冷静な判断を下すのが難しくなってしまいます。思いもしなかった言葉をぶつけてしまい、相手を傷つけてしまうこともしばしば。そんなときは、後悔する前に一度口を閉じて、考えを整理しましょう。

言い争いがヒートアップしそうなときは、あらかじめ「考える時間」を設けることを決めておきましょう。そうすれば、思ってもいなかったことを口にせず済みます。

06. 
自分の非を認める

悔しいことかもしれませんが、自分の非を認めることはとても大切です。もしも筋の通らない理由で相手を傷つけてしまっているのなら、ひとつ大人になって非を認めないといけません。

今後も一緒にいたいのであれば、「大切な相手を傷つけたくない」という思いがきっと根本にはあるはず。その思いに素直に従いましょう。

07. 
毎日「ポジティブ」を
心掛けること

3ba9250fd314d03c81471b50765992414ad17246

そして最後に。ケンカをしていない間は、できるだけ「ポジティブ」を心掛けること。そのためにはお互いの考えを尊重し、お互いが居心地よくいられるように日々のコミュニケーションをとっていくことが重要です。日々相手を思いやり、尊重し、愛情深くいることがいい関係性の鍵を握ります。

ふたりがいてこそ関係が成り立つので、自分が欲しいものを求めるだけではなく、相手があなたと一緒にいて「幸せだ」と思えるよう、自分からも働きかけましょう。ポジティブな毎日が続けば、ケンカをしたときに相手の悪いところよりも良いところが際立って見えるかもしれません。

結果的に、ケンカもいつもより早く済むかも。

Licensed material used with permission by Elite Daily
そのケンカ、これらの理由に当てはまる?
パートナーとケンカをしたことない、というカップルはいないでしょう。他人同士だからケンカをゼロにするのはどうしても難しい。でも、大事なのはケンカをしないこと...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
「人と人がわかり合う」のは簡単なことじゃありません。これまで歩んできた道が違うんだから、当たり前といえば当たり前です。でも、大好きなパートナーのことはでき...
人の関係はずっと同じとはいかないもの。長く一緒にいれば、どんなに仲の良いカップルだって、うまくいかない時期がやってきてしまいます。「The School ...
ケンカするほど仲がいい、なんてよく言うけれど、彼氏とはケンカしなくても仲良しでいられるのなら、ぜひともそうありたい。「YourTango」に掲載されていた...
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
恋人と長続きするために必要なのは「相性」と「寛容さ」です。基本的にそのポイントさえ抑えていれば、小さなトラブルでつまずくことは、まずないでしょう。「You...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
これから同棲を考えているカップル(もしくはすでに同棲しているカップルでも)に効く5つの抱負をKimmy Foskettさんが「Elite Daily」にて...
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。
パートナーと一緒にいる「安心感」に敵うものは、なかなかないですよね。でもその関係、見掛け倒しではありませんか?心の底から寄り添うためには、お互いに深く理解...
お酒はときに人生の歯車をおかしくさせますが、楽しむ程度であれば、大好きな恋人ともっと仲良くなれる最高のスパイスになります。「Elite Daily」の女性...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
円満なカップルは、「正直に伝えること」と、「秘密にすること」の線引きがうまいのかもしれません。なぜだかいつも、恋人との関係をダメにしてしまうという人は、参...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
世の中にカップルは星の数ほどいますが、彼氏が大好きで本当に幸せな女性は、彼氏にどんなことをしてもらっているのでしょうか?彼女を大切にしている彼氏は、LIN...
ところ構わず、SNSで恋人とのラブラブ度合いをアピールする人たちに向けた「Higher Perspective」の記事をご紹介。本当に絆の強いカップルは、...
リレーションシップコーチとして数々のカップルにアドバイスしてきたというJordan Gray氏。彼は、愛し合うふたりが過ごす1日の終わりについて、些細であ...