毎日のちょっとした心がけさえあれば、ずっと好きでいられる

出逢った当初は「なんて素敵な恋人」と思っていても、時が経つにつれ、徐々に相手のネガティブなところが気になってくるもの。「Negative Sentiment Override(負の感情の優位性)」なんて呼び方もあるそうです。

一度そういうマインドセットになったカップルは、相手のポジティブな面になかなか気づかなくなります。そうなると、良い関係を築くのは大変です。

相手のことをずっと好きでいるためには、小さなことでも、一つひとつ実行することが大切です。

01.
コーヒーを淹れてあげる 

89afe5a2960d4b81e70821c80be695a621e43799

毎朝相手にコーヒーを一杯淹れてあげて、一緒に飲みながらおしゃべり。その日にやろうと思っていることを、ひとつでも共有しておくことが大切です。会話のきっかけに、ぜひ習慣づけたいですね。

02.
とにかく一緒に笑う

一緒に笑うことが多いカップルは、長続きしやすいそうです。それまでにあった楽しい思い出話をしたり、コメディを見て2人で爆笑したってOK。

03.
汗を流すのも効果的

運動をして汗を流すと、しあわせホルモンの「エンドルフィン」が分泌されて、心にも体にも良い影響を与えてくれます。ハイキングや水泳、エクササイズのクラスを一緒に受けるのも良いかもしれません。

運動して心拍数が上がることは2人の関係にも良い影響があるので、もちろんベッドで汗を流すのもアリ。

04.
新しいことに挑戦する 

133257de7425c177cc1370d315407042d91e173a

ダンスをしたり、新しい本を読むのもあり。初めは乗り気じゃなくても、とりあえず試してみるのがオススメです。

一緒に新しいことに挑戦するカップルは絆が深まり、長く仲良しでいられる傾向があります。

05.
いつもと違う場所で
セックスする

セックスがマンネリ化してしまったら、ちょっと違う場所でトライしてみるといいかも。性生活の充実も、2人の関係にはとっても大切なこと。

わざわざ外に出なくたって、家の中で場所を変えてみるだけでも全然気分が変わるはず。

06.
恨み言は引きずらない

誰だって失敗はあるものです。だからと言って、それを理由にずっと不満な顔をしていていいわけではありません。

自分だって完璧なわけじゃないんだ、ということを忘れないこと。もしもイライラが収まらないなら、誰かに話して発散しましょう。

07.
グチではなく
楽しいことを話題に

11ebd4d7e118576548e1546a87b5ba18b0f35fb2

仕事のこと、子供のこと、家のことなどなど、グチを言おうと思ったら、いくらでも言えちゃいます。でもそんなことを続けていると、2人とも暗い気分になってしまい、相手といるのがつまらなくなってしまいます。

イヤだったことなんて忘れて、相手といるときは楽しかったことを話題にするようにしましょう。

08.
離れている日でも
連絡をとる

その日の出来事が伝わるように、相手にメッセージを送りましょう。

たとえば、事前にその日に大事な用事の話をしていたなら、その結果を相手に知らせます。メッセージには、遊び心と愛を忘れずに。

09.
自分のことを
厳しい目で見る

何かがうまくいかないとき、相手のせいにするのは簡単です。でも、どちらか一方だけが悪いというケースは、あまりないのです。まずは自分について厳しい目で見ましょう。

「今朝、相手がゴミ出ししてくれたときに、ありがとうってちゃんと言ったかな」「メールの返事をすぐに書いたかな」と、自分にも至らなかったことがなかったか、考えてみましょう。すると自然に「相手ばっかり責められないな」という気持ちになってきます。

10.
お互いへの攻撃をやめる 

1ce9375805b539e4b7cee7a7f11caaf18f69e185

Gottman博士の研究によると、ケンカについて「始めたときから、どうやって終わるか、さらには将来的にどんな会話が待ち受けているかまで分かってしまう」のだとか。

建設的な議論をするためには、攻撃的な態度は絶対にNG。本当に傷ついたり腹が立ったりしたときこそ、言い合いは丁寧に優しいトーンで始めましょう。主語を「わたし」で話す「アイ・ステートメント」で自分の気持ちを伝え、具体的にどうしてほしいのかを話すのがポイントです。

「あなたって、帰って来るなりテレビばっかり見ているわよね」と言うよりも、「帰って来てから、わたしに話しかけずテレビをつけると、寂しい気持ちになっちゃう。テレビを見る前に、今日何があったか話してほしいな」と伝えるほうが、相手も意見を聞き入れやすいもの。

Licensed material used with permission by YourTango
More content from YourTango:
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
ラブラブな夫婦生活をおくるライターAnjali Sareen Nowakowskiからのアドバイス。読めばやっぱり、単なる“おのろけ”。ところが、まんざら...
恋人でも夫婦でも、誰かと付き合うというのは、責任が伴うものです。なのに他の人のことが好きになっちゃうのって、どうしてなんでしょう。そのときの実際の気持ちな...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
世の中にカップルは星の数ほどいますが、彼氏が大好きで本当に幸せな女性は、彼氏にどんなことをしてもらっているのでしょうか?彼女を大切にしている彼氏は、LIN...
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
どういうわけか、パートナーとセックスしたくない―。たまに、そう感じてしまうことはありませんか?付き合いたてや新婚の頃の気持ちのままで一生燃え上がれたらいい...
付き合いはじめはベッドから抜け出せないほど“愛し合っていた”のに、いつしかその熱も冷め。気づいたらセックスは誕生日にしかしていない、なんて状況。これって普...
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
Tayi Sanusiさんがこの記事で紹介しているのは、ヨーク大学の心理学教授の意見を参考にした、心理学的な視点から紐解く「セックスライフ」。彼女曰く、マ...
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
女性ライター・キャンディスは、「Elite Daily」にこんなことを書いていました。居心地が良いからと惰性でする恋愛じゃなく、上辺だけの軽いものでもない...
誰かと付き合うと好きだからこそ不安になってしまうことがある。でもそれ、上手く処理できないと地雷となって関係が修復できない形まで崩れてしまうかも。そうなる前...
恋愛のかたちは人それぞれ。でも、国や文化の違いを超えて万人に共通する「真実の愛」は存在します。ただ、自分の気持ちに自信が持てない人が多いのも事実です。ここ...
「好き」と「愛」の違いを見分けるのは、難しいものです。人はいつ「好き」になって、いつ「愛」するようになるのでしょう。ここでは、何人かの恋愛アドバイザーの見...
落ち込んだときや嬉しいとき。誰かにその体験談を共有できてこそ、痛みが軽くなったり、喜びが倍増するもの。そうして人と触れ合い、互いに刺激し合いながら切磋琢磨...
大好きな恋人と良好な関係を維持する秘訣とは?この問いを20年にわたって研究しているJohn Gottman氏の主張によると、派手な愛情表現は必要ありません...
幸せなカップルは、朝から幸せな習慣を一緒に身につけています。同じ時間に目を覚ましたり、心から「おはよう」と言い、モーニングコーヒーを共にし、そしていってら...