恋愛において、絶対に許してはいけない「8つのこと」

「これくらいだったら我慢できる…」と、知らず知らずのうちに恋愛において問題のあることも良しとしていませんか? 相手のことが好きだからといって、あまりにも許容範囲を広げてしまうと、あとになってから大きな傷を負うハメになります。

Raven Fonさんが「I Heart Intelligence」にまとめている8つのことのなかで、複数当てはまる場合は、その関係にサヨナラすることも視野に入れてみて下さい。

01.
トゲトゲしい指摘や
失礼な言動をする

長く一緒にいればいるほど、大変な時期も出てくるでしょう。こういったつらい時期に厳しい指摘をしてきたり、思いやりのない言葉を口にする人とは、一緒にいるべきではありません。

関係を続けていくには、何より相手に敬意を持って接することが大切です。本当に相手を想っているのなら、わざわざ傷口に塩を塗ったりはしないはず。

02.
言葉も行動も
暴力的

暴力を振るうのもそうですが、攻撃的な言葉で恐怖をそそるのも立派なドメスティック・バイオレンスです。

これは、恋愛において絶対に我慢してはいけないこと。一緒にいることで恐怖や危機感を感じたり、発言すら恐れているのであれば、直ちに関係を断ち切りましょう。あなたは「相手の悪を受け止める場」ではないのです。

03.
「ウソ」ばかり

ウソをつくのは、あなたに誠実でない証拠。信頼関係が育めないと、いつまで経っても関係の基盤は築けないものです。

その上、最終的にはあなたが傷を負うハメになるでしょう。

04.
とにかく束縛が強い

相手を不安にさせたことがないにも関わらず、毎回どこに誰と行くかを確かめてくるタイプは、あなたの生活をコントロールしたいタイプ。でも自分の生き方は、自分で決めていいのです。

Andrea Bonior氏は「Psychology Today」にこう綴ります。

パートナーを支配したがる人は、様々な方法を駆使して相手を支配するので、ときに相手は束縛されていることにすら気づかないことも。それがたとえ暴力的な言動につながらなくても、決して健全な関係とは言えません」

05.
約束を破ってばかり

恋愛をする上で「独立心を持つこと」は望ましいものですが、それを大事にしながらも、相手の言うことは信じたいものです。

約束を破る、互いに同意したことを無視する、ドタキャンが直らない…。これらが日常茶飯事だとしたら、危険信号です。

06.
毎回、後回しにされる

予定表はパンパン、やりたいことすら手に負えない状態…。そんなことは、誰にでもあるものです。でもだからといって、毎回2番手に扱われるのはおかしな話。本当に大事に想っているのなら、忙しい中でも時間を作ってくれるはず。

あなたは特別な存在なのです。優先してくれない相手と一緒に居続ける必要はありません。

07.
あなたの夢や目標を
応援してくれない

人は夢や目標を持ってこそ、チャレンジ精神が生まれ、意欲的になり、成長できるものです。大事なパートナーなら、きっと輝かしい夢や目標の話をしたくなるはず。

ですが、なかには相手の成長をひがみ、妨げ、引きずり落とそうとする人もいます。このように気を弱らせてくる人は、あなたにふさわしくありません。

08.
行動に責任をとらない

自分の言動に責任がとれない人は、残念ながら真剣な恋愛をするのにはまだ早いのかもしれません。問題のある特徴を変える努力ができないと、関係性も成長しませんし、自分が息苦しくなるばかり。

このようなストレスは、時間の無駄です。すべてを共有してくれ、責任を持って行動を起こしてくれるような人を求めてもいいはず。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
「なんであんな男と付き合ってるの?」と、周りからヒドい言われようをする。そんなつもりも自覚もないのに、なぜかこう「ダメな男」ばかりと付き合ってしまう…。じ...
我慢しすぎの恋愛をしていませんか?関係を続けていくためにはある程度の妥協が必要ですが、自分ばかり我慢していては恋愛も楽しくありません。今の関係に少しでも違...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
この恋愛、間違いなし!と、自信をもって言い切るための決定的な要因。うまくいっていない恋愛に、我慢しているようでは自分がダメになる。あなたのお相手が“最高の...
自身も兄を持つライターが、独自の目線で、恋愛関係でおすすめな男性を紹介する。家族で、「兄」をいう役割をこなす男性だからこそできることがある、と彼女は主張し...
『ナチョサウルス』と名付けられた、ナチョス専用の入れ物。背中部分にある隙間にスナックを入れると、写真のとおり恐竜の完成!ディップやケチャップ、マヨネーズな...
「愛が薄れてしまったから」、「より理想と思えるパートナーに出会ってしまったから」。一度はうまくいっていた恋愛が幕を閉じる理由はいろいろあるでしょう。ところ...
浮気をする人は、言葉巧みです。時に魅力的に見えてしまうこともあります。でも彼らの言葉は、絶対に信じてはいけないのです。「I Heart Intellige...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
彼氏/彼女がいる人にぜひチェックして欲しい恋愛診断の記事が「Higher Perspective」に掲載されていました。5つのシンプルな項目で、彼との恋愛...
「わかっているつもりだったのに、まったく相手のことを理解できていなかった…」なんて経験、ありませんか?恋愛で失敗する原因は、あなたが異性のことを知らなすぎ...
円満なカップルは、「正直に伝えること」と、「秘密にすること」の線引きがうまいのかもしれません。なぜだかいつも、恋人との関係をダメにしてしまうという人は、参...
ラブラブな夫婦生活をおくるライターAnjali Sareen Nowakowskiからのアドバイス。読めばやっぱり、単なる“おのろけ”。ところが、まんざら...
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。
友達か、恋人か。白黒つけられない恋愛は、そんなに悪いことですか?
「Elite Daily」の人気レズビアンライター・Zara Barrieさんは、30代がパートナーに求めるべき特徴を洗い出してくれています。少しぶっ飛ん...