じつは彼と順調じゃない「5つのサイン」

我慢しすぎの恋愛をしていませんか?

関係を続けていくためにはある程度の妥協が必要ですが、自分ばかり我慢していては恋愛も楽しくありません。今の関係に少しでも違和感を感じているのなら、Alison Segelさんが「Elite Daily」にまとめている「別れを示唆するサイン」に共感できるかも。

彼女は恋愛エキスパート・Jen Kirschさんの言葉を借りながら、5つのポイントを紹介しています。

01.
いざという時
待ち合わせ場所にいない

恋愛エキスパートのJen Kirschさんは「セックス・アンド・ザ・シティ」の例を挙げています。

「先日『セックス・アンド・ザ・シティ』を観ていたんです。そこで主人公のキャリーが、友だちに彼を紹介することをとても楽しみにしているシーンがありました。

オシャレに着飾ってレストランに出かけ、あとは彼の登場を待つのみ。そこにウェイターが来て『彼は来ません』と言うんです。彼女がそれにガッカリしたのには深く共感しました。恥ずかしい気持ちになりますし、気分も消沈します。自分に価値がないように思えてくるんです」

「もちろん大変なときは、一緒に乗り越えていくべきです。でも、もし約束ばかり破っているのであれば、別れを告げるべきです。毎回ガッカリさせられる人よりも、頼れる人を見つけたほうがいいでしょう?」

彼女に言わせてみれば、「自分の価値を知っておくこと」が鍵なのだそう。

02.
「今日は何をしてたの?」と
聞いてこない

毎回上辺だけの会話しかできていないのなら、難航のサイン。

「話題に出るのは、たまたま見かけた人など、上っ面しか知らない人の話ばかり。あなたにとって重要な存在について触れないのなら、黄色信号です」

「薄っぺらい会話を好み、真剣な話ができない男は、きっと成長を避けているんでしょう。それに気付かせてあげることは、あなたの役目ではありません」

真剣な話も必要だということを、相手に無理強いする必要はありません。そもそも恋愛では、何かを「強制する」必要なんてないはず。

恋人とは、一緒に成長していくもの。もし相手があなたに興味を持ってくれないのなら、サヨナラも検討しましょう。

03.
セックスを拒むと
すぐにスネる

それは、あなたに求めているものが「セックスだけ」だから。

「そんな彼は、幼稚なタイプです。うまくコミュニケーションがとれないんです」

「『なんでやらせてくれないんだ』なんて文句を言ってくるなら、彼はまだまだ子ども。性的な部分を理解してくれない相手には、時間とエネルギーをかけても無駄です」

いくらやんわりでも、無理やり迫ってくるのは「恋人なんだからセックスして当たり前」と思っている証拠。でもこういった男性とは、そもそも付き合うべきではありません。彼の「求め方」が、そもそも恋愛のルールに反しています。

04.
すぐにカッとなる

すぐに機嫌が悪くなる人とは付き合わないこと。これは暗黙のルールです。

「いつ彼が爆発するかビクビクしているなら、一生安心できないでしょう。自分の機嫌をコントロールできないと、彼らは怒りをもとに行動を起こし続けるでしょう。そして決まって彼らはあとから恥ずかしくなり、謝ってくるのです」

彼らにすがるのではなく「自分の言動をコントロールできるような相手」を選ぶのがベストです。だって、その怒りはどんどんエスカレートしていくかもしれませんしね。

05.
ケンカするたびに
あなたの欠点を言ってくる

あなたの気に入らないところをリストアップしていて、ケンカになるとすべて持ち出してきたりしませんか? 過去の過ちを、おつかいメモのように見せてくる彼なんて願い下げです。

「これは、最もいけない言動です。別れを切り出しましょう。悪いところをリストアップなんて愛でも何でもありません。その関係からは『歩いて』立ち去らず、『走って』立ち去りましょう」

万が一、いまの関係にこのようなポイントが見え隠れしているなら、新しい関係を探してもいいはず。シングルでいる時間を少し設けるのも、決して悪くはありません。

あなたは特別な人です。きちんと扱ってくれない人と、わざわざ一緒にいる必要はないのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「一見良いようで実は害がある関係」や「ダメ男」と付き合ってしまっていない?特に、その特徴は些細な行動として表れるもの。でも、この5つの特徴を頭に入れておけ...
失恋した時に読みたい「立ち直る5つの方法」「星座別、最速で立ち直るには?」「失恋は3ヶ月で克服?」「新しい恋に向けて知っておくべきこと」「次の恋のための独...
「なんであんな男と付き合ってるの?」と、周りからヒドい言われようをする。そんなつもりも自覚もないのに、なぜかこう「ダメな男」ばかりと付き合ってしまう…。じ...
じつは彼との関係、まだまだ良いものになるポテンシャルを秘めているかもしれませんよ?今諦めちゃっていいんですか?
立ち乗り電動二輪車で知られる「セグウェイ」が、電動キックスクーターの新作「Ninebot KickScooter Air T15」の予約を受付中。以前から...
日頃の彼の行動、改めて思い出してみてください。
付き合い始めの頃は、誰だって恋人に夢中になるもの。けれど付き合いが長くなるとふたりの関係は変わっていき、時には「心が離れていっているのでは?」と心配になる...
「失恋」目前の人に、別れる前にやっておくべきこと、失恋の忘れ方、人生にどう影響を与えるかなど、恋愛アドバイスをまとめました。
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
米国で医療品などの安全性を管理・監督する機関「アメリカ食品医薬品局(FDA)」がADHDの治療効果があると認めた、初めてのゲーム。とくに注意力改善に役立つ...
彼氏/彼女がいる人にぜひチェックして欲しい恋愛診断の記事が「Higher Perspective」に掲載されていました。5つのシンプルな項目で、彼との恋愛...
自分から別れを切り出せない。そうなったら一緒にいる理由は、『情』や『寂しさ』なのかもしれない。EliteDailyより、パートナーとの関係が惰性になってい...
すべて当てはまるなら、別れるしかないでしょう。
元彼のことは吹っ切れていますか?相手に合わせてばかりいませんか?
本記事では、彼氏が大好きな人の共通点や関係を長続きさせるコツをご紹介しています。大好き過ぎて依存しているかもしれない人は、依存する人の共通点、依存する人の...
2007年より世界各国で展示され、14年間で1000万人以上の来場者を達成した「アートアクアリウム」が、常設の美術館となって8月、東京・日本橋にオープン。...
昨日から、「東京スカイツリータウン」と「すみだ水族館」にて夏の風情を感じられるコンテンツ「未来につなぐバーチャル花火」がスタート。
この恋愛、間違いなし!と、自信をもって言い切るための決定的な要因。うまくいっていない恋愛に、我慢しているようでは自分がダメになる。あなたのお相手が“最高の...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
「Elite Daily」のパートナーとの関係が終わっていることを示す4つのサインを読めば、見て見ぬフリをしてきた“恋の結末”と向き合う勇気が湧いてくるか...
「愛が薄れてしまったから」、「より理想と思えるパートナーに出会ってしまったから」。一度はうまくいっていた恋愛が幕を閉じる理由はいろいろあるでしょう。ところ...
今のパートナーとの関係は良好ですか?すぐに「はい」と答えられなかった人。今の状況は良くないと思いながらも、惰性で相手と付き合っていたりして...。「I H...
本当に恋人を大切にしてくれる男性「15のサイン」をご紹介。