不安に思っていたけど、じつは順調な恋愛「7つのサイン」

恋愛って、最初が一番ドキドキするもの。相手によく見られるために、メイクや服装から態度まで必要以上に無理したり…。心が弾むこともたくさんあるけど、まだあまり親しくないからこそ、間違った方向に深読みしてしまうこともある。

「私のこと、そんなに好きじゃないのかな…」そんな風に疑いがちだけど、じつはそこまで気にする必要のない彼の行動を「Your Tango」のRebecca Jane Stokesさんがまとめていました。

きっと、安心材料になるはずです。

01.
食べるものにまで
気を配っている

この「気配り」は、体重を気にしているからではなく、「相手にソースをかけちゃうのが不安だから、パスタを頼まない」というような「気にする」のこと。とくに付き合いたての頃はお互いに「かっこ悪い姿を見せたくない」と、見栄を張ってしまうもの。

でも、だんだん一緒にいることが心地よくなり相手を信頼できるようになると、変に躊躇することもなくなるはず。

02.
トイレのドアは
いつも施錠

もう付き合って何ヶ月も経つのに、「小」のときも、ユニットバスで歯を磨くときも、必ずロック音が…。でも気にしないであげて。何か変なことをコソコソしているわけじゃなくて、誰かと一緒に過ごすことに慣れようとしているだけ。

どれだけ大事なパートナーだとしてもトイレ事情は隠しておきたい、という人もいれば、束の間の「ひとりの時間」を楽しんでいるのかもしれません。

大切なことは、とにかく変なプレッシャーはかけないこと。じっくり時間をかけて変わることもありますし、ひょっとしたら「彼らはそういう人間なんだ」と受け止めればいいだけの話かもしれません。

03.
「一緒に踊ろう」と言っても
断られる

断るのは、あなたと一緒にいるのが恥ずかしいからではなく、人前でそこまで得意でもないダンスを見せることに抵抗を感じているから。

決して、あなたへの想いが弱いからではありません。もし「どうしても」と言うなら、拷問だとは感じつつも、プライドを振り払って、あなたが満足するまで一緒に踊ってくれるはず。

04.
なかなか
裸を見せてくれない

ベッドではすぐに脱ぐのに、ベッド以外だと裸に抵抗があるなんて、ちょっと不思議。でもたしかに、包み隠さず相手に素っ裸を見せるのは、ちょっと勇気がいるもの。

性的欲求で脱ぐことはあっても、四六時中裸でいられるような居心地の良さを感じてもらえるまでは、意外と時間がかかるかもしれません。

05.
自分の強みを
隠してる

私は、今の彼と4ヶ月ほど付き合っています。お互いに大好きで、将来のことも考えてるくらい真剣な交際です。

少し話は逸れるけど、私はクラシックの教育を受け、オペラを学んできたソプラノ歌手です。でも彼は、私の歌を一度も聞いたことがありません。

ちなみに、恥ずかしいから隠しているわけではなく、ただ見てもらう機会が今までになかっただけ。もし付き合って数ヶ月してから彼の隠れた才能が見えたとし「なんで今まで教えてくれなかったんだろう」と悲しまないで。

ようやく披露できる機会ができたんだ、と思えば喜べるはず。

06.
もの静かで
あまり喋らない

3回以上会っているのにあまりにも「もの静か」だったら、不安になる気持ちも分かります。逆に根っから社交的な人もいるので、比べてしまうのも無理はありません。たとえば元カレがそうだった、なんてこともあるでしょう。でも、みんながみんな同じではないのです。それに、あなたに「いい印象を与えたい」と思って逆に緊張してしまっている可能性もあるでしょう。

すでに仲のいいグループの中に入り込むのは、予想以上にエネルギーを使うもの。となると、最初のうちはその人たちをよく知るために観察するのも、意外と普通なのかもしれません。

07.
つねにパーフェクトを
目指してる

元カレと付き合っていた頃は、いつでも化粧バッチリでした。彼よりも早く起きて、チーク、マスカラ、クリアなリップグロスで仕上げていたんです。

ちなみに私は「そうしないと愛されないんじゃないか」という不安からやっていたわけではありません。彼が大好きだったから、そうしていました。どれだけ愛情を感じているかを、外見で表現したかったんです。

そんな、お互いにドキドキしていた日々も、時間が経てば笑い話になると思います。

Licensed material used with permission by Your Tango
More content from YourTango:
我慢しすぎの恋愛をしていませんか?関係を続けていくためにはある程度の妥協が必要ですが、自分ばかり我慢していては恋愛も楽しくありません。今の関係に少しでも違...
誰かと付き合うと好きだからこそ不安になってしまうことがある。でもそれ、上手く処理できないと地雷となって関係が修復できない形まで崩れてしまうかも。そうなる前...
彼氏がなかなかできずに不安を抱いている女性も少なくないでしょう。今回は彼氏ができない不安をもつ女性たちに向けて、不安を解消する方法を提案していきます。どれ...
遠距離恋愛で悩んでいる人、いませんか?距離が邪魔すると心が見えない気がして、不安がつのりますよね。遠距離恋愛をうまく続けるコツは、互いを思い合う気持ちと、...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
12月14日、日本で公開されて30年の時を経て、中国で初めて『となりのトトロ』上映されました。子ども時代に観た人は今大人になり、子連れで映画館へ足を運ぶ人...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
「パートナーのため」と思ってしていることが、じつは想像以上にあなたの首を締めてしまっているかも…?だって「犠牲」と「妥協」のちがいは、恋愛にどっぷりハマっ...
元彼のことは吹っ切れていますか?相手に合わせてばかりいませんか?
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
「一見良いようで実は害がある関係」や「ダメ男」と付き合ってしまっていない?特に、その特徴は些細な行動として表れるもの。でも、この5つの特徴を頭に入れておけ...
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。減ると不安になったり、そも...
ひとりの相手と半世紀ほど共に過ごすことになる結婚生活。そんなに長い期間一緒にいるのならば、「運命の人」と人生を歩んでいきたいもの。でもそれが誰かって、どう...
カレとの初デートを控えて心配が山盛り…。そんな不安の解消法を提案するのが「Elite Daily」のRachel Shattoさん。彼女が提案する初デート...
結婚を決意するのってどんな時?何が決め手になる?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。男性には、“あ、オレはこの人と結婚するんだ”ってなんとなく...
おのろけと言ってしまえばそれまで。だけど、ライターAnjali Sareen Nowakowskiが書き上げたこのチェックリストは、ふたりの相性をはかるう...
お互いに、簡単に会うことが叶わない国際遠距離恋愛を続けるには、かなりの覚悟と、無理をしない程度の努力が必要です。国際遠距離恋愛にありがちな悩みを上手に克服...