【シチュエーション別】破局のサイン or やり直すチャンス

付き合い始めの頃は、誰だって恋人に夢中になるもの。けれど付き合いが長くなるとふたりの関係は変わっていき、時には「心が離れていっているのでは?」と心配になることも。

しかしそれは、必ずしも恋愛の終わりを意味しているわけではありません。「Elite Daily」のライター・Caitlyn Luce Christensenさんは、その危機が別れのサインかやり直すチャンスかを見極めるポイントを紹介しています。

01.
距離を置こうと言われた時
「やり直そう」と提案できるか

B8cb00ef8ecc10809e20249245336e9a5e76e585

ふたりのうちどちらかが「距離を置いた方がいいのでは?」と提案すると、言われた側は危機感を持って距離をつめようとするか、相手に合わせて距離を置こうとするかのどちらかを選ぶでしょう。後者の場合、ふたりの心はそのまま本当に離れてしまう可能性があります。

ふたりの間にできた溝を埋めるには、ふたりで今一度関係を見直す必要があります。つまり、一緒の時間を長く過ごしてみるのです。それをができないと感じてしまうのであれば、その関係は終わりにした方がいいかもしれません。

02.
イライラがたまってきた時
セックスの頻度が落ちてないか

A7f5aed1e62c16491b0fdfdb65905b5d6f821d39

付き合い始めの頃は、相手のいろいろな部分を知ることが楽しく、それが良い刺激となります。しかし時間が経ってくると、相手の癖にイライラしたり、相手がいつもやっていることが急に鼻につくようになったりするかもしれません。

そのときに考えて欲しいのは、セックスの頻度があまりに少なくなっていないかということ。身体の関係がなくなると、精神的な結びつきも弱くなり、相手の魅力的な部分よりもイライラする部分にばかり目が向いてしまいます。

長く関係が続くと、相手に対する興味は自然と失われていくものです。しかしそれは、きちんと恋人同士らしく愛を確かめ合うことで、補えるのかもしれません。

03.
ふたりで一緒にいる時
スマホに逃げていないか

6113f93cebf0a4ecc5f4e042a14c764c558c322a

私が昔付き合っていた人と距離が離れていると感じた時には、お互いが向き合ってコミュニケーションを取る頻度が非常に少なくなっていました。スマホを見ることで、差し迫った別れのストレスから気を逸らしていたし、長い会話はほとんどスマホのメッセージを通してでした。

一方で今付き合っている人とも、同じ部屋で各々がInstagramを見て過ごしたりもしますが、別にそれを気にすることはありません。

スマートフォンに逃げているのか、自然な流れでスマートフォンを見ているのかの違いは大きいもの。相手と向き合わないため、用もないのに画面を見ていたら危険サインです。

04.
ひとり旅をした時
相手に連絡したいと思うか

Fad36105ec26617c514bfc4735f91ebcedfd6f61

パートナーとの心の距離が離れ始めたことが気になるならば、ひとりで旅行に出かけてみてください。旅行前には、なるべく相手に電話をかけたりLINEを送ったりしてみてください。

実際に旅行に出かけてパートナーに連絡を取った時、相手があなたの旅に興味を示してくれないのならば、その関係はもう長くないのかもしれません。あるいは、あなたが思った以上にひとり旅を満喫して、パートナーがいなくても幸せに過ごせることが分かったなら、ふたりの関係を終わらせるひとつのきっかけになるでしょう。

05.
付き合い始めと今の気持ちが
かけ離れていないか

F8268cb8685b1c15d80e6471e03c7f91d1c83a58

付き合いはじめたころは何もかもが完璧のように思えます。初めてのデート、初めてのキス…思い返せば素敵な思い出ばかりです。そしてその頃の思い出は、自分とパートナーの現状と将来を考える良い材料になるかもしれません。

付き合い始めの頃と今とでパートナーを別人のように感じたり、自分もパートナーへの接し方が今と昔で全く違うことに気付いたりしたのであれば、別れの日は近いのかもしれません。

それを踏まえて、その頃に戻りたいのかどうか、自分に問いかけてみましょう。

あなたが今のパートナーとの関係を良くしていきたいのかどうか。その答えが、ふたりの未来を決める全てになると思います。

Licensed material used with permission by Elite Daily
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
我慢しすぎの恋愛をしていませんか?関係を続けていくためにはある程度の妥協が必要ですが、自分ばかり我慢していては恋愛も楽しくありません。今の関係に少しでも違...
結婚を決意するのってどんな時?何が決め手になる?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。男性には、“あ、オレはこの人と結婚するんだ”ってなんとなく...
ひとりの相手と半世紀ほど共に過ごすことになる結婚生活。そんなに長い期間一緒にいるのならば、「運命の人」と人生を歩んでいきたいもの。でもそれが誰かって、どう...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
このリサーチに協力してくれたのはまさかの『Facebook』さん。イギリスのジャーナリスト、デビッド氏が率いる研究チームは、Facebookの1万件以上の...
職業別、合コン。やったことあります?「Thought Catalog」のライターErin Cossettaさんがオススメするのは、ぶっちぎりでナースだそう...
「Elite Daily」のパートナーとの関係が終わっていることを示す4つのサインを読めば、見て見ぬフリをしてきた“恋の結末”と向き合う勇気が湧いてくるか...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
自分から別れを切り出せない。そうなったら一緒にいる理由は、『情』や『寂しさ』なのかもしれない。EliteDailyより、パートナーとの関係が惰性になってい...
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。
恋愛のかたちは人それぞれ。でも、国や文化の違いを超えて万人に共通する「真実の愛」は存在します。ただ、自分の気持ちに自信が持てない人が多いのも事実です。ここ...
おのろけと言ってしまえばそれまで。だけど、ライターAnjali Sareen Nowakowskiが書き上げたこのチェックリストは、ふたりの相性をはかるう...
パートナーと一緒にいる「安心感」に敵うものは、なかなかないですよね。でもその関係、見掛け倒しではありませんか?心の底から寄り添うためには、お互いに深く理解...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
「あんなに仲良しだったのに、どうして別れちゃったの?」と言いたくなるカップル、いますよね。呆れるほどふたりのセルフィーだらけのアカウントが、ある日トツゼン...
「Elite Daily」の Alison Segelさんの記事より、恋愛で決して耐えてはいけない6つの兆候。パートナーによる精神的・肉体的暴力、態度・感...
じつは彼との関係、まだまだ良いものになるポテンシャルを秘めているかもしれませんよ?今諦めちゃっていいんですか?
いま、あなたは自分の恋愛に満足していますか?相性の良い相手だったら、ものごとは意外と簡単に進むものですが、もし「難しい」恋愛に時間を割いているならば、大事...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...