19歳のとき、大好きだった彼を亡くし、私は「愛の意味」を知った。

Elite Daily」に掲載されていた、女性ライターSamantha Bunさんの記事を紹介します。19歳で最愛の恋人を亡くした彼女が、その経験から学んだ「愛のレッスン」をまとめたものです。

10代の頃思い描いていた、おとぎ話のような人生計画。でもそれは19歳の時、高校生の頃から付き合っていた大好きな彼が癌だとわかった瞬間、あっけなく崩れ落ちた。それから1ヶ月も経たないうちに彼は亡くなった。

生きる希望も失い、夢に満ちた私の未来は消えてしまったわ──。

あれから6年。現実を受け入れるのに4年、自分の未来に目を向けるのに2年かかった。その間に気付いたことがあるの。彼の人生に関わることができたのはとても特別な経験だってこと。「ひとりの人を愛し、そして愛される」とはどういうことか、その意味を教えてくれたのは彼だった。

これから書くのは、人生を最大限に生き尽くしたひとりの青年から私が学んだことよ。

01.
「愛してる」と言うことを
躊躇してはいけない

どんなシチュエーションでも、相手に対して「好きだな」とか「愛おしい」という気持ちが芽生えたらその瞬間に伝えること。一日に何度も言っていたら言葉の価値が薄れてしまう気もするけれど、私はもう彼に一生伝えることができないの。

口にすることをためらわずに、たくさん言っておけばよかったと思う。

02.
会話はオープンマインドで

心をオープンにして思ったことをそのまま言葉にする。以前はそれを怖いと感じていて、伝えられなかったことがたくさんある。彼にもそれ以外の人にもね。

「死」の話題を避けてしまったことについては後悔してもしきれない。彼が死を恐れていたから話さないようにしてたんだけど、家族や友人には自分の考えを伝えておくべきだったわ。私が抱いていた不安を和らげることができたかもしれない。自分ひとりで背負い込む必要はなかった。まわりの人はきちんと聞いてくれたはず。

03.
相手の話には
真剣に耳を傾ける

人の心に寄り添ういちばん良い方法は、相手の話を面と向かって聞くこと。

SNSで会話するのも簡単だけど、大切なことはちゃんと口頭で伝えあうべき。そうじゃないとやっぱり、言葉の意味を本当に理解するのは難しいもの。

04.
尊敬の気持ちを
持ち続けること

尊敬とはその人の意見や決断を大切にすること。その気持ちは時間をかけて育むもの。

私は化学療法は受けないという彼の決断を尊重した。治療についていける体力が残っていないと自覚していたのね。たぶん彼は、私が反対して治療するよう説得されると思っていたはず。

でも、彼の体のことは彼がいちばん分かってるんだから、私はその決断を受け入れたの。

05.
何気ない2人の時間を
大切に過ごす

彼がいなくなってから頭に浮かんできたのは、何気なく過ごしていた、家での2人の時間。大好きな人の隣にいられるってサイコーに幸せなことなのに、一緒にいるのが当たり前になって、彼をおざなりにすることもあった。

日常は何気ないことの積み重ね。それを大切にできるかどうかが、人生を大きく左右するのね。

06.
それぞれの夢を支え合おう

ドライブしながら将来の夢について話した夜のことをいつも思い出すの。スポーツジムと航空会社を手がける凄腕の事業家になるんだって彼は言ってた。私も「この人ならできる」と信じていた。

私の夢を話すと、まず彼は「ガレージで勉強を教えたら?」とアドバイスをしてくれた。どうしたら生徒が集まるかを真剣に考えてくれたわ。失敗したらどうしようという不安に負けてしまわないよう、私がポジティブに頑張れるような方法をいつも探してくれた。

いちばん大好きな人が自分を信じてくれて、目標を達成できるよう手助けしてくれるのは、とても素晴らしいこと。時間が経つにつれて夢が変わったりするかもしれないけど、どんな夢も大きな価値があるはずよ。

07.
まず「健康」を
いちばんに考える

「体は神聖な社である」という言葉があるんだけど、これを知らずに体のケアをじゅうぶんにできていない人もいる。

私は彼を癌でなくしたあと、健康を保つことにとても苦労したの。たくさんのストレスから体重も増えた。けど今はきちんと食べて運動もしている。自分の体が好きになったわ。

じつは私の彼も健康な人だった。ただ…癌は若いほど進行が早くて、みるみるうちに彼は弱っていった。でも、健康であればあらゆる病気のリスクを減らすことはできる。私は、楽しく生きるために健康は必要不可欠だって思う。

08.
「嫌い」より「好き」の
ために時間を使う

楽しくないことや疲れることに時間を費やすなんてもったいない!健康を損なう原因にもなってしまうもの。

彼はね、好きなことをする大切さを体現していたように思う。病気で体力が落ちてしまった時でもスポーツを諦めなかったの。体が万全じゃないのに自分を限界まで追い込んでいたのはダメだけど、動ける時は仲間とオージールール(オーストラリア特有のラグビー)をすることを欠かさなかった。

好きなことをしていると心が踊る。自然と目標もできて、エネルギーが湧いてくるわ。

09.
夢は大きすぎてもいい

夢は大きければ大きいほど恐怖心も大きくなる。試してもいないのに勝手に、ね。

だけど彼は違った。私がビックリするようなことを堂々と言い放って、恐れを知らなかったの。「次のリチャード・ブランソンになってみせる!」なんてことも言ってたわ。

結局その夢は叶えられなかったけど、彼のおかげでこう考えるようになったの。「人生には限りがある。その限られた時間を濃いものにするにはどうすればいいか?」ってね。

10.
「愛する」とは、欠点も含めて
すべてを愛しいと思うこと

「この部分は愛おしいと思うけど、あの部分に関してはそう思えない」というのは愛じゃない。すべてを愛おしいと思うのが、本当の愛よ。

愛するって簡単じゃない。傷つく時だってある。けど、それを恐れてはダメ。愛の素晴らしさは一度傷つかないと理解できないと思う。彼の死から私はこんな10個のことを学んだ。彼を愛せたこと、そして彼に愛されたことは、とても幸せで大切な思い出よ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
あなたはレズが男性を愛することは、不思議だと思いますか?愛とは形式ばったものではなく、様々な形を持つものだと話すのは、その毒舌で正直な書き口調が好評な「E...
じつは彼との関係、まだまだ良いものになるポテンシャルを秘めているかもしれませんよ?今諦めちゃっていいんですか?
大好きな人と付き合い始めたら、ついつい盲目になってしまって彼氏のことしか見えなくなってしまいますよね。彼氏のことを大好きで幸せすぎるがあまり、とんでもない...
パートナーと一緒にいる「安心感」に敵うものは、なかなかないですよね。でもその関係、見掛け倒しではありませんか?心の底から寄り添うためには、お互いに深く理解...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
世の中にカップルは星の数ほどいますが、彼氏が大好きで本当に幸せな女性は、彼氏にどんなことをしてもらっているのでしょうか?彼女を大切にしている彼氏は、LIN...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
元彼のことは吹っ切れていますか?相手に合わせてばかりいませんか?
「ラブランゲージ」とは、愛する人へしっかり愛を伝えるために、知っておいた方が良いコミュニケーションの仕方。もともとは、30年以上、カップルのカウンセリング...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
「Elite Daily」の人気レズビアンライター・Zara Barrieさんは、30代がパートナーに求めるべき特徴を洗い出してくれています。少しぶっ飛ん...
円満なカップルは、「正直に伝えること」と、「秘密にすること」の線引きがうまいのかもしれません。なぜだかいつも、恋人との関係をダメにしてしまうという人は、参...
我慢しすぎの恋愛をしていませんか?関係を続けていくためにはある程度の妥協が必要ですが、自分ばかり我慢していては恋愛も楽しくありません。今の関係に少しでも違...
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
日頃の彼の行動、改めて思い出してみてください。
すべて当てはまるなら、別れるしかないでしょう。
「Elite Daily」のライターAlison Segelさんは、恋愛停滞期を迎えているのだとか。いろいろ考えたすえに、それはすべて自分のこの5つの性格...
付き合い始めの頃は、誰だって恋人に夢中になるもの。けれど付き合いが長くなるとふたりの関係は変わっていき、時には「心が離れていっているのでは?」と心配になる...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
正直になるのって、結構難しいことです。大人になるにつれて、周りの意見を気にするクセが染みついてしまっているのもしょうがありません。でもだからこそ、大切なパ...
お互いに好きであっても、相手の心を傷つけてしまうことはあるもの。時々であるならまだしも、一緒にいると不幸になるんじゃないかと。見ているコチラが心配になるよ...
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。