「10代の恋愛」で学んだことは、意外と今でも参考になる。

人は、大人になるにつれて成長するものの、根本的なところはあまり変わらないのかもしれません。それは恋愛でも一緒。

Elite Daily」の女性ライターCaitlyn Luce Christensenさんは、10代の恋からだって学べることはたくさんあるはず、と主張。これをきっかけに「若かりし頃の恋」に想いを馳せてみては?

01.
友だちが言うことは
だいたい当たってる

16歳のとき。歴史の授業のあと、友だちにトイレで腕をがっとつかまれて「あなたは彼と一緒にいても幸せになれないわ」と耳打ちされたのを覚えている。「心配事ばかりで、いつも胃がキリキリしてるって言ってたじゃない」って。

確かに、3年生の先輩と付き合うことに緊張していたけど、ある程度のドキドキは普通だと思っていた。でも、友だちにはそれが「不安爆発の緊急事態」だったことがバレてたみたい。

でも当時は年上の彼に好かれたいと思っていたし、彼の言うことはすべて正しいと思い込んでいた。だから私は友だちの意見を無視したの。それに、彼女に私の気持ちなんて分かるわけないって思っていたから。

そのあと付き合った3人に対しても、友だちは客観的なアドバイスをくれたわ。それでも私は無視し続けた。

最終的に別れを告げることになったときも、「ほらね」なんて大人気ない言葉はかけてこなかったけど、私は「彼女が正しかった」って思い知ったの。

02.
私の恋の話なんて
誰も興味ない

恋ほど素敵なものはないと思う。でも自分の恋バナばかりしていると、周りは飽き飽きしてしまうもの。初恋を思い出してみて。どんな話題のときでも、大好きな彼の話に結びつけてなかった? でもこれって、何度恋しても変わらないのよね。そして毎回、友だちをうんざりさせることも変わらない。

私は高校生のとき1人しか彼氏がいなかったから、延々と誰かに恋バナを語るようなタイプではなかった。でもそのせいか、友だちから気になる相手とのメールのやりとりを一文一文聞かされるハメになったけど…。おかげで、友だちの家に泊まりに行ったときは、パソコンに向かう彼女の横に座って、駆け引き上手な返事をコーチングしたほどよ。

いつも「アドバイスをあげる側」だったから、大学生になって私が「延々と語る側」になったときは自分でも驚いたわ。私みたいに立場が逆転してしまった人は、友だちを困らせないようにしないとね。

03.
散らばった気持ちは
日記で整理する

高校時代の私は、俗にいう「変わったタイプ」だった。本当は田舎者なのになぜかバスで郊外の学校に通っていて、高校でできた友だちは3人いるかいないかくらい。

高校1年生のときに3年生の彼と付き合って以来、とくに色恋沙汰もなかったの。「未熟」って言われるかもしれないけど、それなりに恋についていろいろと考えを巡らせたものよ。両想いになることはなくても、片想いはたくさんしていたから。

うちの学校はすぐにウワサが広がるようなところだったから、誰にもその想いは打ち明けず、ノートに自分の気持ちを綴るようになった。そうすることで気持ちを整理していたの。性別問わず恋をした人たちについてとか、同性愛なんじゃないかという葛藤とか…。

友だちの家に泊まったときの“ことが進んじゃった思い出”も、日記なら誰にも干渉されずに綴ることができたわ。

それに、友だちと話しているときみたいに「言い過ぎかな、言葉足らずだったかな」なんて心配する必要もなかった。書きたければ延々に書けたし、書きたくなければ何も書かなくて良かった。自分の話で、誰かを困らせることもなかったわ。

高校を卒業すると同時に、「恥ずかしがり屋」もある程度は卒業したけど、日記は今でも書くようにしている。忘れたときに振り返れるようにね。

でもひょっとしたら、自分の気持ちを整理するツールが欲しいっていうのが一番大きいのかも。

04.
プレイリストは
今の心境を表現する最高のツール

好きな曲を詰め込んだCDには、本心が隠れ潜んでいたもの。そういう意味では、鳩が戦争中に送り届けた暗号文と同じ感覚じゃない?

最高のプレイリストを友だちと一緒に考えて、プレゼントしたり。iTunesを見つめながら、曲の流れにも相当こだわっていたし、選んだ曲は何かしら心の内を物語ってくれた。ただ、「セックスしたい」っていうメッセージの曲もあったから、誰かにそれを指摘されたときは、恥ずかしくて「ただの歌でしょ?」なんて言って、ごまかしてた。

今でも何時間もかけて最高のプレイリストを作るわ。最近はシチュエーション別で作ってるの。恋愛だけでなく、失恋用、新しい仕事に就いたとき用、引っ越しをしたとき用…とかね。

自分の気持ちを物語る曲が、こだわり尽くした順で並べられている。でも、そこまで深く掘り下げる人は、ごく少数よね。

05.
車に乗っているときは
素直になれる

恋愛って2人っきりじゃないとできないのに、指導者がそばにいないと不安なのが10代の恋愛。

運転免許を取れるようになったとき、「目的地を持たないドライブほど素直になれる空間はない」と確信したの。先輩と付き合っていたときも、車の中だったらクラスメイトや両親の目を気にせず、なんでも話せる気がした。

はっきり覚えているわけじゃないけど、両親について、好きな音楽や映画、そして本について…。心のうちを見せたのは、ほとんどが車の中だった気がする。友だちとも一緒よ。

だからか、気になる人とロードトリップに出掛けることは、今でも好き。あることを告白したくて、夜中にウェスト・バージニアまでドライブしたことだってあるわ。ガソリンがもったいないのはそうなんだけど、たまには若い頃の気分になりたくなるでしょ?

Licensed material used with permission by Elite Daily
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
「Elite Daily」の人気レズビアンライター・Zara Barrieさんは、30代がパートナーに求めるべき特徴を洗い出してくれています。少しぶっ飛ん...
多感で怖いもの知らずな10代で経験する恋愛、もちろん勢いもあってウキウキするでしょう。でも、その場の楽しさだけでは、上手くいかない結果が待っていることも。...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。それを「Elite Daily」のMaria Cascianoさんは「初めての大人の恋愛」と呼んでいます。...
アウトドアブランド「Vollebak」が抗菌作用を持つ“銅”を65%使用したフルメタルジャケットを製作。特殊な素材を用いて高機能なアイテムを開発してきた次...
初めに言っておくと、ライターShantanu Prasher氏が書いたこの記事は、少し極端な内容かもしれません。というのも、20代では「真剣な恋愛」などす...
最初はだれでも恋愛初心者。付き合い方も相手の選び方もよくわからず「感覚で付き合っていた」なんて人も多いのでは?そんな行き当たりばったりの恋愛も、大人になっ...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
精神的にも若かった10代を経て、20代は大人へと成長していくもの。環境が大きく変わるこの時期は、誰にとっても刺激的でかけがえのない10年間でしょう。そして...
ヨーロッパからの旅行先として人気なの地中海に浮かぶ島国・キプロスは、一部の国からの観光客の受け入れを再開する方針を発表した。また、同国での滞在中に新型コロ...
30代になってから、20代の頃の恋愛を振り返ると「もっとこうしておけば良かったな」「これを分かっていればな」という気持ちになることもあるでしょう。ここで紹...
日頃の彼の行動、改めて思い出してみてください。
なんとなく感じてしまう男性の浮気の影。何をチェックすれば浮気がわかるのでしょうか?遠距離恋愛の彼氏に浮気はつきものです。次の10項目に複数当てはまれば浮気...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
イタリアのスタジオ「DesignLibero」が設計を手掛けた「バブルシールド」。外部の空気をフィルターを通して送りこみ本体を膨らませるこのシールドは、上...
6月1日、「シヤチハタ株式会社」がQRコード付きのネームスタンプ「myQR」を発売。
恋愛においての絆の深さは、「相性」にあるのかもしれません。2ヶ月ほどで今の旦那さんとの結婚を踏み切ったというライター、Anjali Sareen Nowa...
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。
20代は1度きり。人生はまだまだこれからだからこそ、いろいろな人と出会いたいという人もいる。でも、1人の人と長く付き合うことで、得られる大事なこともあるのだ。
パートナーとの関係を深めるのが怖いという思いは、往々にして辛い過去に結びついているケースが多いという。「本気で人を好きになって傷つくのが怖い」そうして逃げ...
「愛から生まれるものは、決して美しい感情ばかりではない」そう語るのは「Elite Daily」の女性ライターLauren Martinさん。つまり、恋人の...
恋人よりも、友達とのセックスが好きだった。なにもかもを理解してくれる人、言葉にしなくてもわかってくれる人。僕らは最高のパートナーだと思ってた。恋愛なんかじ...