25歳を超えたら、こんな男と付き合ってはいけない(7選)

若いときは後先考えず、最初のときめきで恋愛に踏み込みがち。そうやって早まった判断から失敗に終わることも。そうして、ある程度の恋愛を経験して辿り着く年齢が、25歳。

ここを越えたら、「Elite Daily」のJasmine Vaughn-Hallさんが注意を促す「7タイプの男性」にはひっかからないよう、細心の注意を払いたいところ。いま付き合っている彼が当てはまるなら、自分の将来のためにも考え直したほうがいいかも。

01.
必要以上にべったりな人

0c06d458c00ff494ef7e034a5d3a5c892d12b620

自立心を尊重してくれず「ベタベタしてくる男」ほどウンザリするものはありません。彼らは、あなたの予定をすべて把握したがります。こういったタイプの人と時間を過ごしていると、だんだん誰かと一緒にいることすら億劫になります。

最初のうちは必要とされている気がして「かわいい」なんて思うかもしれません。ですが、最終的には情緒不安定な彼らの人生に縛り付けられてしまうんです。ここはあの映画のサントラのごとく「レリゴー(手放して)」。

02.
外見は最高なのに
中身が薄っぺらい

私は「ひと目惚れ」の概念があまり理解できないんです。どちらかと言えば「ひと目でちょっと好きになる」と言ったほうが正確なのでは? 外見に興味をそそられることはあっても、恋に発展するのは、もっと相手を知ってから。

イケメンマジックで盲目になってしまうと、失敗する可能性は大。あとから「会話がまったく続かないつまらない男」だと分かったときの歯がゆさと言ったら…。

03.
「形」にこだわる男

87e33b15b1e28093eab183f55a5ac1ea05724962

「彼氏・彼女」という名目にこだわるのは、なにも女性だけではありません。男性だって同じようにこだわりを持つ生き物です。だからといって、ほんの数回デートをしただけで「恋人にならないと!」と焦る必要はないはず。もちろんケースバイケースですが、本来だったら自然に身を任せるべき。

恋愛は、こじつけるものではないのです。

04.
「やんちゃ」がすぎる人

「やんちゃな男」と付き合ってみたい…女の子なら一度くらいは思うもの。確かに彼らは魅力的に見えるかもしれませんが、多くの場合は映画などのイメージを真似しているだけなのかも。実際に付き合ってみると、あっさり気持ちが薄れてしまうことも…。

だって、そもそもいつまで「やんちゃ」でいるつもりなの? 私はこの彼から自分の身を守る保険にでも入ったほうがいいのかしら? 頭の中をグルグルするのは、そんな変な自問ばかり。

05.
束縛が強い人

A69af392e4a042cc9936e8d4d3158cccdf8892dd

最も厄介なのは、このタイプ。

せっかく「交際」しているのに、わざわざ檻に入れられたような窮屈感を味わうのだけは願い下げ。社会に出ると、納得がいかない環境の中でもやっていかないといけないことばかり。だからせめて、恋愛くらいは縛り付けられたくないんです。

06.
ジェットコースター並みに
感情の起伏が激しい人

自分の気持ちに正直でいることは、決して悪いことではありません。そうしたほうが、むしろ「人間らしい」と言えるでしょう。

でも、そのたびにまるで戦争でも起きたかのようにヒートアップしてしまうのは、違うと思います。私も昔、自分をドラマの主人公だと勘違いしているような男と付き合ったことがありました。思わず「カット!」と叫びたくなることも…。

私はディレクターでもなんでもありませんが、そうやって感情的になっても疲れるだけ、ということだけは理解しています。

07.
視野が狭くて
「自分」のことばかり

Cce73ce91bb50e69e034c27c3a3896e18d04c1be

意外と、文化知識が劣っている人っているものです。別に大学で「文化学」を専攻していなくてもいいんです。つまり、誰しもが多様性を受け止める姿勢を持って発言するべき、っていうこと。

自分の世界から一歩踏み出して相手の文化背景を理解することができなければ、この多様な世界では生きていけないでしょう。自分の文化背景だけを軸として捉えず、相手の視点から物事を理解することも大事です。

あなたもすぐに、30歳を迎えます。すべてにおいて絶好調、とまではいかなくても、恋愛の価値観において何を良しとするかは、ある程度決めておいても損はないはず。

一度でうまくいく人は、本当にひと握り。残った人は、ホームランを打つまでバットを振り続けることが大切です。

Licensed material used with permission by Elite Daily
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
「Elite Daily」の人気レズビアンライター・Zara Barrieさんは、30代がパートナーに求めるべき特徴を洗い出してくれています。少しぶっ飛ん...
10代や30代とはもちろん違う20代。けれど20代前半は、後半ともまたどこか違うと思うんです。だからこそ、25歳になるまでにやっておきたいことが書かれた記...
20代は1度きり。人生はまだまだこれからだからこそ、いろいろな人と出会いたいという人もいる。でも、1人の人と長く付き合うことで、得られる大事なこともあるのだ。
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
五感をつかって、その瞬間をあじわうこと。そうしているうちに、今どうしてもわからないことが、ふとして、わかってくることがある。
どんなカップルのあいだにも悩みごとは付きものですが、年の差カップルには独自の悩みも出てくるわけで・・・芸能人同士では15歳差、20歳差なんていうカップルは...
3Bとは、彼氏にすると女性が幸せになれないよ、という職業のこと。実際にこの3Bの男性と付き合った人は、ことごとく幸せになっていません。でもどこか憎めない、...
パートナーと一緒にいる「安心感」に敵うものは、なかなかないですよね。でもその関係、見掛け倒しではありませんか?心の底から寄り添うためには、お互いに深く理解...
多感で怖いもの知らずな10代で経験する恋愛、もちろん勢いもあってウキウキするでしょう。でも、その場の楽しさだけでは、上手くいかない結果が待っていることも。...
フレンチフライ専門店「AND THE FRIET」が開発に数年かけた実力派ポテトチップス。
とても仲良しでいい雰囲気だったのに、いざ付き合うことはなかった…という時、男性はどんなことを考えているのでしょうか。気になる女性と付き合わずに「キープした...
最初はだれでも恋愛初心者。付き合い方も相手の選び方もよくわからず「感覚で付き合っていた」なんて人も多いのでは?そんな行き当たりばったりの恋愛も、大人になっ...
精神的にも若かった10代を経て、20代は大人へと成長していくもの。環境が大きく変わるこの時期は、誰にとっても刺激的でかけがえのない10年間でしょう。そして...
30代なら特に考えたいことかもしれない。そして、結婚したいと考えている人ならなおさら慎重にいきたいところ。「Elite Daily」で紹介されていた、ある...
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
25歳までに蓄えた経験という名の財産は、この先の人生を大きく左右することでしょう。もちろん、いくつになっても人は成長し続けるし、変化していける。早いうちに...
自身も兄を持つライターが、独自の目線で、恋愛関係でおすすめな男性を紹介する。家族で、「兄」をいう役割をこなす男性だからこそできることがある、と彼女は主張し...
人は何事も、失敗しながら上手になるもの。それは恋愛だって同じです。まだまだ取り返しのつく20代だからこそ、いろいろな男性と付き合ってみてはいかがでしょうか...
後々、「やっぱり年下の彼は私には合わなかった…」となる前に、「Elite Daily」のTayi Sanusiさんが恋愛コーチのDamona Hoffma...
30代になってから、20代の頃の恋愛を振り返ると「もっとこうしておけば良かったな」「これを分かっていればな」という気持ちになることもあるでしょう。ここで紹...
初めに言っておくと、ライターShantanu Prasher氏が書いたこの記事は、少し極端な内容かもしれません。というのも、20代では「真剣な恋愛」などす...
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
恋愛から疎遠になるほど付き合いにくい女性が増える、とは「Elite Daily」に寄せたライターAlexa Mellardoさんの主張。彼女のアドバイス「...