年下の彼氏との上手な付き合い方!メリデメから落とし方まで徹底解説!

年下の彼氏との恋愛は「かわいい!」と思う瞬間は多いけれど、一方で色々と小さなことが気になるものです。

「彼は本当に私の年を気にしてないの?」「彼と同年代の子に負けてない?」「お会計は割り勘でいいの?」「呼び方は何にしよう?」「結婚は考えてもいいの?」「かわいい若い子が現れて、振られたらどうしよう」

など、年上彼女として不安は尽きないもの。相手が学生だったり、自分がバツイチだったり、友だちに反対されたりしたら、さらに不安でしょう。では、年上の彼女としてどういう付き合い方をすればよいのでしょうか。もっと愛されるために、「立ち位置」「考え方」など気をつけてほしいことを紹介します。

年下彼氏と付き合う5つのメリット

実は、男性からは「年上彼女のありのままが好き」という意見が多いのです。ということは、女性側からすると年下彼氏も多いにあり、と考えても大丈夫です。

また、あなたへの尊重の気持ちや老後のことなどを考えてみると、年下彼氏というのはメリットばかりです。具体的にはどんなメリットがあるのか、5つを詳しく見ていきます。

その1|コントロールしやすい

メリットの1つ目は「コントロールしやすい」ということです。コントロールというと上から目線のように聞こえてしまうかもしれませんが、言い換えると「自分のペースを守ることができる」ということです。恋愛ではどうしても相手のペースに巻き込まれてしまう人も多くいますが、それは後々苦しくなってしまいます。ですから、長く付き合っていくためにも、年下彼氏は安心、と言えますね。

その2|内面も外見も若返る

メリットの2つ目は「内面も外見も若返る」ということです。年下彼氏と付き合うと、やはり自分も「できるだけ若く見られたい」という気持ちが生まれますよね。若く見られるためには、それだけの努力が必要です。自分磨きにも力が入り、自然と外見が若返ります。

また、年下彼氏と話しているうちに、会話の内容も若いものになります。そして、気持ちなど、自然と内面までもが若返ってくるのです。

その3|あなたを尊重してくれる

メリットの3つ目は「あなたを尊重してくれる」ということです。年下彼氏は、年上彼女のことを頼ります。また、そのときにはあなたのことを尊重してくれます。自分のことを尊重してくれる彼氏というのは、とっても素敵ですよね。あなたが年下彼氏のことを尊重してあげることができれば、お互いを尊重し合える素敵なカップルになること間違いなしです。

その4|男女感などの考え方が現代的

メリットの4つ目は「男女感などの考え方が現代的である」ということです。年下彼氏は、同じ若い年代の人たちの中で考え方が形成されます。ですから、より現代的な考え方をもっている、と言えます。比較的新しい考え方の中では、女性は生きやすくなっていることがほとんどです。女性としての生き方が尊重される考え方を彼氏と共にもつことができるのは、年下彼氏と付き合うことの大きなメリットです。

その5|老後が頼もしい

最後のメリットになる5つ目は「老後が頼もしい」ということです。同い年や同世代と結婚すると、どうしても男性の方が先に弱ってしまったり亡くなってしまったりすることがほとんどです。ですが、年下彼氏と付き合うと、そのような心配は必要ありません。自分の老後にも元気な彼氏・旦那さんがいるというのは安心感が強いものです。

年下彼氏と付き合う上で心配なこと

それでは反対に、年下彼氏と付き合う上で心配なことには、どんなことがあるのでしょうか。いろんなものがあるとは思いますが、代表的な6つを取り上げたいと思います。それぞれの困りごとに対して、実際はどうなのか紹介していきますね。リアルな声を見てほしいのです。きっとあなたの不安も解消されるはずです。

その1|デートの支払いは彼?私?

心配ごとで多い悩みの1つに、デートの時の支払いが挙げられます。ここで1つ押さえておいていただきたいのが、「男性は好きな女性の前ではカッコつけたいものだ」ということです。ですから、年下彼氏であっても、彼女に対して「おごりたい」「ごちそうしたい」という気持ちがあるようですよ。ただし、年上彼女はなんだか悪い気がしてしまいますよね。そんなときにはお店ごとに支払いを交代してみる、なんて方法もありますよ。

その2|甘えたくても甘えられない

「甘えたくても甘えられないのではないか」という心配も、年上彼女はよく抱くようです。しかし、この心配は全くいりません。彼女の方が躊躇してしまっては、甘えるのは難しいかもしれません。しかし、年下彼氏であってもなくても、男性は好きな女性に甘えられることはとっても嬉しいことなのです。ですから、年上彼女の方から積極的に甘えてみてはいかがでしょう。

その3|結婚を考えてくれなさそう

女性にとって将来に関わる問題としてとても重要なのが、「結婚を考えてくれなさそう」という心配ごとです。男性は好きな女性とはやっぱり結婚したいと思うもの。とはいえ、現代的な考え方を抱く年下男子は、一律結婚が必ずしも男女の幸せだとは思わないそうです。ですから、結婚をしたいのであれば、まず年下彼氏とよく話し合ってみるといいでしょう。

その4|実はおばさんだと思ってない!?

年上彼女のよくある心配として、「実はおばさんだと思っていない!?」というものです。たしかに、年上の女性だということでおばさんだと思われる可能性は十分ありますよね。しかし、年齢を重ねた女性の包容力に惹かれるという声も多く耳にします。年下彼氏にとって魅力的な、素敵な女性になれたなら、きっとおばさんとは思われないはずですから、安心してください。

その5|結局同世代の子の方が良いんじゃない?

年下彼氏のことを考えた上で心配になってしまう「同世代の彼女を作った方がいいんじゃないか」という不安はとってもよくわかります。ですが、年下彼氏はきっと「あなた」という存在に惹かれているはず。ですから年齢は2次的な価値で、実際そこまで気にならないものです。同世代の子にはない、円熟した魅力をあなたに感じているはずですから、ぜひ自信をもってください。

その6|彼のことを子供っぽく感じちゃう

彼氏が年下だからこそ、どうしても子供っぽく感じてしまうなんてことも、もしかするとあるかもしれません。しかし、男性は何歳になっても子供っぽいときがあるものです。ですから年齢にとらわれ過ぎず、年下彼氏としてそのピュアな一面を愛するようにしてみてはいかがでしょう。きっとその子供っぽさも可愛く思えてくるはずです。

年下男性が年上彼女をいいなと思う瞬間

それでは次に、年下男性から見た「年上彼女をいいなと思う瞬間」です。年下の男性は実際にはどう思っているのか、どんなところに魅力を感じるのか知ることで、自分が年上であることに自信をもてるはずです。そしてそれをぜひ、年下男性に向けてのアピールポイントにしてみてください。モテモテになれること間違いなしです。

その1|自立している

「自立している」というのは、年下男性から年上彼女に感じる強い魅力です。同世代の彼女だと、どうしても頼りなく見えてしまうこともあるようです。それが「自立している」年上彼女であれば、安心できるポイントになるのです。彼女が自立しているからこそ、年下の男性は甘えたくなるのかもしれませんね。

年上の女性と付き合う男性は、どこかに「大人の女性」に憧れる気持ちがあります。ですから普段は大人の女性らしさを見せること。彼が年下だからと言って、若作りして彼に合わせるような付き合い方はしないほうがよいでしょう。時にはリードしてあげることで、年下彼氏はあなたにメロメロになるはず。

その3|癒しがある

男性は何歳であっても、彼女に「癒し」を求めます。年上彼女に対しては尚更な男性は多いようです。

年上彼女は踏んできた場数も多いので、その場の空気、雰囲気を読んだ上で、彼氏への癒しを与えることが可能です。また意識しなくても自然に相手のことを考えられるのは、年上彼女の特徴かもしれませんね。その最適なタイミングの癒しは、男性にとって非常に魅力的なんですよ。

その4|ダメなところは叱ってくれる

実は男性が年上彼女にしてほしいこととして「ダメなところはちゃんと叱ってほしい」という点があります。年上彼女は年下彼氏に対して人生経験が豊富な分、彼氏のダメな部分が目につくことが多いかもしれません。そんなとき、しっかりと叱り、導いてあげることは、彼氏のためにもなることです。付き合う工程において、自分がちゃんと成長できる関係は、男性にとっても理想なのですね。

その5|自分だけに「弱さ」「女性らしさ」を見せてくれる

©

自分が年上だからと言って頑張りすぎる必要はありません。普段しっかりしている彼女が自分だけには弱みを見せてくれる…それは年下の彼氏からすればたまらないものです。いつも甘え過ぎるのは問題ですが、時折は遠慮せずに弱さを見せるようにしましょう。あなたの弱い一面も、年下彼氏は可愛いと思いながら受け止めてくれるはずです。

年下彼氏と上手に付き合うためのコツ

それでは、年下彼氏と付き合う上でのコツを6つ伝授していきたいと思います。年上や同年代の彼氏をもつよりも、年下彼氏と付き合う方が悩みはたくさんあるかもしれません。ですが、コツを押さえれば、同年代の男性と付き合うよりも楽しい毎日を過ごせます。ぜひコツを意識して、幸せなカップルになってくださいね。

コツ1|嫉妬しない・束縛しない

「年下の彼氏」が「年上の彼女」に求めるものの1つに包容力があります。彼の行動を逐一チェックしたり、友達関係を疑ったりするのはダメ。「遊びに行っておいで」と送り出すくらいの気持ちを持つようにしましょう。寂しい気持ちはきっと彼氏も気づいてくれますから、彼を信じていい関係性を保ちましょう!

コツ2|ジェネレーションギャップも楽しむ

年下の彼氏と付き合っていると、ふとした時にジェネレーションギャップを感じてしまうことがあると思います。

でも、それを表には出さないこと。あくまでもさらりと流して、相手に気づかせないようにすることが大切です。ギャップに悲しんだり驚いたりし過ぎず、こんな違いがあるのか!と楽しめるようになるといいですね。

コツ3|収入格差を彼に感じさせない

年下の彼氏は、あなたや同年代の人と比べると懐具合が寂しいかもしれません。デートの時は、高いお店に行きたいというそぶりをあまり見せないようにしましょう。特別な時は別ですが、普段や彼のお財布具合に合わせたお店を選ぶ思いやりを持ちたいですね。大好きな相手とお出かけするのであれば、場所はそこまで大きな問題にはならないはずです。

コツ4|彼氏を頼る、立ててあげる

彼氏が年下だと、自分のほうが物を知っているということがありますよね。でも、そんな時に自分が前に出てしまうのはNG。彼を立てて自分は一歩下がるという気持ちを持ちましょう。それが年上の彼女としての付き合い方です。そしてその関わり方は、自分にとっても仕事などの場でも必要なスキルです。より「デキル女」になれること間違いなしです!

コツ5|考え方を無理やり合わせようとしない

彼氏は現代的な考え方をしており、自分の今までの考え方とは合わないこともあるかもしれません。「最もだ」と自分が納得できれば、その考え方を見習うことは素晴らしいことです。しかし、理解できないときに無理やり考え方を合わせていては、関係が長くは続きません。違う考え方だと捉えてもいいですし、時にはお互いの考え方について話し合ってみてもいいかもしれませんね。

コツ6|年上年下を気にしない

年下の彼氏と付き合っていると、どうしても自分の年齢が気になってしまいますよね。でも、この際年齢のことは忘れましょう。

だって、彼はあなたを選んでくれたのですから。それなのに自分を卑下するなんて、選んでくれた彼にも失礼だと思いませんか?

年下の彼氏との恋愛は、付き合い方や距離感など悩むことが多くなりますよね。年齢差も気になるのが事実です。でも、一番大切なのは二人の気持ち、そして、彼が年上のあなたを彼女に選んでくれたという事実ではないでしょうか。

最近、何かと話題の年下彼氏。頼りない? そんなことはありません。かわいくて一緒にいるとドキドキして、同い年や年上の男性よりも振り回されちゃう。恋を楽しむに...
後々、「やっぱり年下の彼は私には合わなかった…」となる前に、「Elite Daily」のTayi Sanusiさんが恋愛コーチのDamona Hoffma...
結婚願望があまり強くない男性が増えてきている昨今。10歳以上も年下だったり、大学生だったりする彼氏と付き合っているならなおさらですよね。きっと結婚なんてま...
年上彼氏の呼び方で困っている人もいますよね。いつまでも名字に「さん」付けをして呼ぶのも味気ないけれど、かといって、いきなり下の名前を呼び捨てするのも躊躇し...
応援購入サービス「Makuake」で販売中のバックパック「UPIXEL」は、専用のチップをバッグ背面にはめることで、自作のドット絵を簡単にデザインできるユ...
落ち着きがあり、周囲に気を配ることの出来る年上女性。職場でテキパキと仕事をこなしていたり、メールやLINEの返事がシンプルだったり、合コンでも媚びていなか...
芸能人でも話題となることが増えている、「女性が年上」の年の差カップル。年下の彼氏に憧れる女性もいるでしょう。しかし、ならではの悩みも当然あります。1.彼と...
ハンガーラック「Ugao」は、シンプルな見た目ですが放置されがちな空きスペースを有効活用できます。「インテリアの一部に」といえるほどではないけれど、それな...
「Elite Daily」のライターAlison Segelさんは、恋愛停滞期を迎えているのだとか。いろいろ考えたすえに、それはすべて自分のこの5つの性格...
この恋愛、間違いなし!と、自信をもって言い切るための決定的な要因。うまくいっていない恋愛に、我慢しているようでは自分がダメになる。あなたのお相手が“最高の...
5月14日、オーストラリア発のウェルネスブランド「Swisse Me」が「FOODPORN(フードポルノ)」というタイトルのCMを公開した。
元彼のことは吹っ切れていますか?相手に合わせてばかりいませんか?
友達に年上彼氏の話をすると、「甘えさせてくれて、包容力があっていいね」と言われることも多い。でも、実は二人っきりのときは年上とは思えないほど甘えん坊だった...
大好きな彼氏には、自分のことをもっともっと好きになって欲しいですよね。付き合い始めはもちろん、長い間一緒にいすぎてちょっとマンネリ化してきた2人にも効果的...
年上女性にアプローチしたくても、どうやったら良いのか分からない!という男性も多いのではないでしょうか?そこには、「自分よりも年上だから、経験があり見る目が...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
ウール専門ブランド「Woolly」が、ランニング用として徹底的にこだわり抜いたソックスを開発。
「Apple」が6月のプライドマンスに向けて二種類のアップルウォッチバンドを発表。一つはNikeとのコラボ商品だとか。
本記事では、彼氏が大好きな人の共通点や関係を長続きさせるコツをご紹介しています。大好き過ぎて依存しているかもしれない人は、依存する人の共通点、依存する人の...
3Bとは、彼氏にすると女性が幸せになれないよ、という職業のこと。実際にこの3Bの男性と付き合った人は、ことごとく幸せになっていません。でもどこか憎めない、...
自身も兄を持つライターが、独自の目線で、恋愛関係でおすすめな男性を紹介する。家族で、「兄」をいう役割をこなす男性だからこそできることがある、と彼女は主張し...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
犬系男子の特徴や恋愛傾向をわかりやすくまとめています。犬系男子と付き合うメリットやデメリット、相性の良い女性のタイプや付き合いを続けるコツにも触れているの...
ディズニーワールドで離れ離れになってしまったカップルの話です。