「年下」と付き合うと、なぜかうまくいかないのには理由があった。

年下の彼って、無邪気で素直でカワイイですよね♪

ただ、それだけで付き合いつづけるのは難しい。長く付き合うとなるとカワイイだけでは済まされないことも出てくるでしょう。

後々、「やっぱり年下の彼は私には合わなかった…」となる前に、「Elite Daily」のTayi Sanusiさんが恋愛コーチのDamona Hoffmanに話を聞いてまとめた記事を、一読することをオススメします。これから紹介する4つの特徴があなたの年下彼氏に見られる場合、残念ながら今後のふたりの雲ゆきは怪しいかも!?

01.
キャリアや繋がりばかりに
興味を示してくる

4710074475872256

Hoffman氏が、まず最初に「Elite Daily」に告げたのは、「目的をはっきりさせておきましょう」というひと言。

「あなたが年上であれば、あなたが持っているお金やコネ、知識は年下のその人よりも多いでしょう。彼らは単に、それ目当てかもしれません」

もし、あなたの仕事や繋がりについて必要以上に聞いてくるのなら、彼らはあなたを通して成功しようとしているだけかもしれません。

02.
セックスの波長が合わない

5180200656568320

「性欲のレベルは、よく観察しておきましょう」

と、Hoffman氏は警告します。

例えば、つねに「キスしたい、セックスしたい」と求めてくる彼が最初はよくても、今後その期待に答えていく自信がなければ、ふたりで話し合うべきです。

「生物学的に、性欲は年齢とともに低下します。お互いが満足しているかは、話し合って確かめましょう」

もちろん、セックスがすべてではありません。ですが、年の差があるふたりが惹かれ合うきっかけとなったのはセックスだった…、なんてケースも少なくないでしょう。

ただし、長く付き合っていくことを考えていけば、セックスのみに重点を置いてられません。Hoffman氏はこうも言います。

「性的な相性とは、付き合う過程で変わっていくものです。そのため、共通の趣味や価値観、目標などがないと、関係をつづけるのは難しいでしょう」

03.
なかなか友人を紹介してくれない

5235914301243392

親密になるうえで必要なのは、彼の友人たちと仲良くなること。そのため、なかなか彼が自分の友だちに紹介してくれないのは、危険サインとも読み取れます。

「年下の彼が友人とあまり会わせようとしてくれなかったり、プライベートについて語りたがらないのなら、あなたにほんとうの意味で惹かれていないのかもしれません」

と、Hoffman氏は言います。

とはいえ、考えすぎてはいけません。まずは、彼の本当の気持ちを聞きつつ、プライベートなことももう少し共有していきたいと伝えるのがベスト。彼がどのように対応するかを見る最高の機会にもなりますし、今後どのようなコミュニケーションをとっていくべきかを見出すヒントとなるでしょう。

04.
ライフステージが違う

6122551780573184

今後もずっと一緒にいるためには、パートナーと同じ目標を持つ必要はありませんが、ある程度妥協する必要があるでしょう。

Hoffman氏によると、早い段階でふたりの目標を明確にするのがベストだそう。そうすれば、どのようにしたら互いに時間を確保しつつ、目標に向かって進んでいけるのかを探ることができます。

「年齢は単なる数字に過ぎない」と言うカップルも、もちろんいるでしょう。とはいえ、互いが今人生のどのステージにいるのか、どう感じているのかは、明確にしておくにこしたことはないでしょう。

結局のところ、心を通わせられる相手で、且つ一緒にいても自分の目標に向かっていける相手であれば、一緒にいつづけることなんて簡単なはずです。


 
【TABI LABOのsarahahができました◎】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ
Licensed material used with permission by Elite Daily
年下の彼氏との恋愛はかわいいけれど、色々と小さなことが気になるものです。「彼は本当に私の年を気にしてないの?」「彼と同年代の子に負けてない?」「お会計は割...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
最近、何かと話題の年下彼氏。頼りない? そんなことはありません。かわいくて一緒にいるとドキドキして、同い年や年上の男性よりも振り回されちゃう。恋を楽しむに...
結婚願望があまり強くない男性が増えてきている昨今。10歳以上も年下だったり、大学生だったりする彼氏と付き合っているならなおさらですよね。きっと結婚なんてま...
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
異国の地アメリカの、女性あるある。それは「え、私って彼女じゃなかったの!?」。毎週末デートをして、確かな時間も過ごして(そりゃあやることもやって)付き合っ...
とても仲良しでいい雰囲気だったのに、いざ付き合うことはなかった…という時、男性はどんなことを考えているのでしょうか。気になる女性と付き合わずに「キープした...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
EmilyとKevinのカップルは、付き合って5年。それだけ一緒にいれば、きっと言葉にしていない本音もいろいろあるでしょう。ということで、お互いの心の内を...
3Bとは、彼氏にすると女性が幸せになれないよ、という職業のこと。実際にこの3Bの男性と付き合った人は、ことごとく幸せになっていません。でもどこか憎めない、...
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。
付き合っている人との間で何か問題が発生すると、友達に話したがるのは女子の悪い癖かもしれない。でもそれ、肝心な恋人との関係に亀裂をいれているかもしれない。知...
「Elite Daily」のライターAlison Segelさんは、恋愛停滞期を迎えているのだとか。いろいろ考えたすえに、それはすべて自分のこの5つの性格...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
自身も兄を持つライターが、独自の目線で、恋愛関係でおすすめな男性を紹介する。家族で、「兄」をいう役割をこなす男性だからこそできることがある、と彼女は主張し...
電池のプラスとプラスがくっつかないように、人間も似たもの同士だとなかなかうまくいかず、反発してしまうのかもしれません。「Elite Daily」の人気ライ...
燃えるような日々も、いつかはロウソクの灯火に。恋愛感情が冷めていく過程とは、往々にしてそんなもの。相手と会話をしているときにスマホの画面を眺めていたり、恋...
一緒にいるのが楽しくて付き合い始めた、ふたり。なのに、だんだん相手のことを嫌いになっていくのはなぜだろう?もしかしたら、あなたは勘違いしているのかもしれま...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
恋愛から疎遠になるほど付き合いにくい女性が増える、とは「Elite Daily」に寄せたライターAlexa Mellardoさんの主張。彼女のアドバイス「...