一緒にごはんを食べるカップルほどうまくいく「17の理由」

付き合いたての頃は、ハンバーガーを食べるのもハードルが高い。大口開けるの恥ずかしいし、麺類は吸うのに気を使いすぎて味がわからない…って、いちいち気にしていたのに、そんな可愛い時期はどこへやら。付き合いが長くなっていくほど、いろいろ適当になっていませんか?

でも、NY在住のフリーライターAshley Fernが「Elite Daily」で語るのは、カップルにおける食事の大切さ。仲のいいカップルほど、SEXより「食事の時間」で愛を確かめている、とか。

「食事の時間」は、好き嫌いだけじゃなく、その人自身のことがよく見える。人前でごはんを食べるのって割とハードルが高いんだよね。だからこそ、楽しめるなら心を開いている印。毎日お腹が減るのに、恋人との食事がしんどいのは致命的だと思う。

とは言っても、お店選びやお互いの好みを理解するのって、大変なんだよね。回数を重ねていかないと。長続きしているカップルは、たくさん"おいしい時間"を共有している。

01.
たくさん食べる姿に
愛らしさを感じるから

もしも、恋人が少し引きながら「食べすぎだよ」と言ってくるなら、そんな人とは別れたほうがいいんじゃない?だってお互いにマイナスだもの。お休みの日に、好きなだけ一緒に食べてくれる人を探すべき。

02.
スマホを触らず
会話を楽しめる時間だから

テレビも見ない、スマホもいじらない、その代わり恋人との食事に100%集中できたら効果は抜群。たまに急いで食べる人もいるけれど、できるだけそんな食べ方はやめたほうがいい。

03.
美味しいものを
シェアできるから

一緒に食事をするメリットは、色々な種類のものをたくさん食べられること。一品料理にこだわる必要はない。食べたいものを食べて、2人で楽しむことが大切。

04.
お互いをもっと
理解できるから

何を選んで食べるかで、その人のことがよくわかる。

ベジタリアン?良いじゃない。強い道徳心があって、一生をかけて自分で決めたことを守ることができる証。恋人として素晴らしい資質だと思わない?

05.
食べ物の好みで
似ているかどうかわかるから

もしも揉め事が多いのなら、どちらか、もしくは2人とも何を食べるか決められないのが原因かも。選択肢が多いからこそ、誰かと一緒に食べるものを選ぶのは、口で言うほど簡単じゃないんだよね。

06.
ベッドの中で
「いいパファーマンス」が
発揮できるから

食べたものを2人で消費するのに、とても合理的でしょ?たくさん食べたいときの言い訳にしても喜ばれるかもね♡

07.
もっと素直になれるから

食事の時に気をつかわなくなるほど、常に素直な自分でいられるようになる。食べることって、いつどんなときでも素晴らしいよね。

08.
食事をするたび
楽しさが増していくから

油っぽく、汚れやすい食べ物を人前で食べるのを避けたいと感じる人もいる。だけどそれを面白い経験として考えられる2人なら、どれだけ汚れる食事でも、何度だって笑い合いながら食べたくなるもの。

09.
腹時計が揃うから

食べる、セックスする、寝る、この繰り返し。恋人の間には、わざわざ言葉にしないけれどある程度のルーティーンが存在する。

あなたのお腹がすいていれば、恋人もお腹がすいている。もしくは、2人ともいつでも、どこでも食べられるタイプだったら問題ないけどね。

10.
自然と「役割分担」が
できるようになるから

食事はお互いに取り分け合い、どちらかが食事の支度をするのであれば、もう1人は後片付けをする。繰り返すたび、それが当たり前にできるようになるの。

11.
居心地の良さが
深まるから

食べることは人目を気にしてしまいがちだけど、食事をしている間に顔に何かが付こうと気にならないのは、心地良さがピークに達している証拠ね。

12.
スタッフへの態度で
人間性が見えるから

ウェイターに対して敬意を払わないような人とは、付き合わないのがあなたのため。

13.
変な気遣いが
なくなっていくから

食べたいものを、好きなように決めて頼める間柄って、楽チンで素敵。

14.
「飲み友達」のような
存在になれるから

一緒にお酒を楽しめるカップルは、世の中で最も楽しいカップルかもしれない。家から出ない理由なんていくらでもつくれるけれど、外に出て一緒に飲みにいきたいと思える関係なんて、最高じゃない。

15.
満腹の幸せを
共有できるから

お腹パンパンの、唯一良いことといえば、一緒に食事を楽しんだという事実があること。膨れたお腹を見せ合えるような関係に、代えられるものはないの。

16.
ダイエットも一緒に
チャレンジできるから

時々食べ過ぎてしまうこともあるだろうけど、恥ずかしいと思わなくて大丈夫。だって隣にいる恋人も、同じようにドミノピザのスライスを頬張っているだろうから(笑)。食事を終えた後に、2人でジムに一緒に行って汗を流せば問題なし。

17.
「大切な場所」が
増えていくから

一緒に食事した一番素敵なレストランを覚えてる?そこはいつでも、あなたの特別な場所。万が一別れてしまったなら、2度と食事したくないと思うかもしれないけど……なんてね。

Licensed material used with permission by Elite Daily
『ネガティブ・スペース』で第90回米国アカデミー賞短編アニメ映画賞にノミネートされた桑畑かほる監督。彼女が夫のマックス・ポーター監督とともに製作したショー...
付き合いはじめはベッドから抜け出せないほど“愛し合っていた”のに、いつしかその熱も冷め。気づいたらセックスは誕生日にしかしていない、なんて状況。これって普...
人の関係はずっと同じとはいかないもの。長く一緒にいれば、どんなに仲の良いカップルだって、うまくいかない時期がやってきてしまいます。「The School ...
ベストなセックスとは何か?私たちは、このドラマで学んだはず。
手掴みでロブスターを丸ごと1匹味わえる原宿で話題のシーフードダイニングCatch the Cajun Seafood〒150-0001 東京都渋谷区神宮前...
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
高密度のカップルフォトを撮りたくて、考えに考え抜いたすえにたどり着いたスタイルが、これだったんだそうで。
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
幸せなカップルは、朝から幸せな習慣を一緒に身につけています。同じ時間に目を覚ましたり、心から「おはよう」と言い、モーニングコーヒーを共にし、そしていってら...
Tayi Sanusiさんがこの記事で紹介しているのは、ヨーク大学の心理学教授の意見を参考にした、心理学的な視点から紐解く「セックスライフ」。彼女曰く、マ...
バルセロナのショッピングモール「L'illa Diagonal」の25周年を記念して、同施設の屋上に設置されたアート。ワイヤーメッシュで創られたそれは、角...
電池のプラスとプラスがくっつかないように、人間も似たもの同士だとなかなかうまくいかず、反発してしまうのかもしれません。「Elite Daily」の人気ライ...
まぁまぁみなさん、人目もはばからずに……。
パートナーと、一緒に料理を作ることはありますか?ホンネをぶっちゃけた記事が人気の女性ライターGigi Engleが、恋人同士で料理を作ることの素晴らしさを...
カップルにマンネリはつきものです。多くの人が一度は悩んだ経験があるでしょう。まさに今!という人は「Little Things」で紹介されていたPhil M...
「あんなに仲良しだったのに、どうして別れちゃったの?」と言いたくなるカップル、いますよね。呆れるほどふたりのセルフィーだらけのアカウントが、ある日トツゼン...
シチリア島にある数十件の家が売りに出されています。しかも、たったの約1ユーロ。ただ、自ら家を改装する必要があるなど条件はあるようで。特にヨーロッパ圏内の外...
アメリカの動画メディアのCutが挑戦者たちに「10人から5組のカップルを当てる」というシンプルなルールのゲームを決行。似た者同士を組み合わせてみたり、ペア...
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。
円満なカップルは、「正直に伝えること」と、「秘密にすること」の線引きがうまいのかもしれません。なぜだかいつも、恋人との関係をダメにしてしまうという人は、参...
4月某日 PM11:00友達だったのに、私たちはセックスした
何も言わなくてもわかってくれるとか、今夜食べたいものが同じだったとか、ハッキリとは言えないんだけど何か「私たち良いよね!」って思えるような恋人とのサインが...
ずっと続けていると愛想をつかされそうだけど。
お酒はときに人生の歯車をおかしくさせますが、楽しむ程度であれば、大好きな恋人ともっと仲良くなれる最高のスパイスになります。「Elite Daily」の女性...