アメリカの若いカップルたちが「婚前契約」をする4つの理由

結婚する前から「もし離婚したらどうしようか?」なんて話をするのは、とても不吉。そんなことを口にしようものなら「なんでそんなこと言うの!?」と怒られてしまい、ヘタするとそれがきっかけで破局に…なんてことだってあるかもしれません。

しかし近年、離婚率が40〜50%にまで上昇しているアメリカでは「婚前契約」をするカップルが増えているといいます。ここでは「Elite Daily」の女性ライターRoxana Maddahiさんの記事を紹介しましょう。

01.
なんと言ってもこれが1番
「お金のトラブル」

離婚の原因はさまざまですが、お金の問題が70%を占めるとも言われています。しかし、ほとんどのカップルは結婚する前にお金についてのしっかりとした話し合いなんてしていません。なぜなら、とてもデリケートだから。誰もが自然と避けてしまうのです。

「婚前契約」でしっかりとお金の問題を話し合い、「もし離婚したら財産をこう分ける」と取り決めをしておけば、いざというときのトラブルを避けることができます。

なにより、結婚生活がうまくいっている場合でも、事前にこの話し合いをしておくことで、お互いの金銭感覚や、そもそもお金に対する考え方を擦り合わせることができるでしょう。

02.
WIN-WINな
関係がつくれる

「婚前契約」は、その条件をカスタマイズできる上に、たとえ契約しても途中でお互いの状況に合わせて交渉できるので、結果的には他の人が介入するよりも、ふたりにとって良い条件で別れることができるというメリットがあります。

もしも、婚前契約なしで離婚することになってしまったら、あなたは初対面の裁判官によって、相手に払う賠償金の金額を決められてしまうかもしれませんよ。

03.
相手にとっての「プラス」を
本気で考えているから

離婚を決めた夫婦は、当然のことながら仲良くいることは難しいものです。そんな状況で、さらにお金のことを話し合うとなったら、とても険悪なムードになってしまいます。これは、どんなに強靭な精神力を持っている人でも同じです。

一方で結婚前のカップルはラブラブな状態ですし、お互いの幸せについて本気で考えているはず。そのタイミングでふたりで話し合って決めた契約なら、きっとお互いのためにプラスになる内容になっていることでしょう。

04.
収入に関係なく
大切なことだから

「婚前契約」は、必ずしもお金持ちだけが交わすものではありません。

アメリカの平均結婚年齢は女性が27歳、男性が29歳と言われています。結婚する時はあまり財産を持っていなくても、多くのケースで離婚を決断するタイミングで口座残高も増えていることでしょう。

「婚前契約」を結ぶことで、経済的支柱となる夫は自分自身を守ることができるし、妻も自分が将来働いているのか、いないのか、どのくらいの収入があるのかを予め想定した上で、どのような場合でも大丈夫なように契約を結んでおくことができるのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
他の記事を見る
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
『ネガティブ・スペース』で第90回米国アカデミー賞短編アニメ映画賞にノミネートされた桑畑かほる監督。彼女が夫のマックス・ポーター監督とともに製作したショー...
アメリカの宝石会社が展開している「プロポーズアンバサダー」なる企画があります。投票で選ばれたカップルが、米国内の6都市をまわって最高のプロポーズ場所を見つ...
ごく普通のカップルの結婚式が、メディアで話題となり、「式の動画が涙を誘う」と注目を浴びているのは、いったいなぜ?それは、このカップルが4年半の長きに渡り貫...
幸せなカップルは、朝から幸せな習慣を一緒に身につけています。同じ時間に目を覚ましたり、心から「おはよう」と言い、モーニングコーヒーを共にし、そしていってら...
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
まぁまぁみなさん、人目もはばからずに……。
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
若いうちに結婚したい!と思っている人は少なくないはず。でも、過度な期待は禁物かも。ちゃんとネガティブな側面も理解していますか?18歳で永遠の愛を誓った、K...
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
結婚までに知っておきたいお金についてのあれこれ。ここでは、家計、社会保険料、年金についてのご紹介。シングル、共働きカップル、片働きカップルの3タイプに分け...
アメリカペンシルヴァニア出身の男性とフィリピンマニラ出身の女性の国際遠距離恋愛カップル。どうせなら海外で会おう!と世界各国で再会してはキスショットを撮る試...
高密度のカップルフォトを撮りたくて、考えに考え抜いたすえにたどり着いたスタイルが、これだったんだそうで。
先日、アメリカで、レズビアンカップルの2人が同時期に出産をしました。今の時代ではありそうなことだけど、多くのメディアに報道されるのは、ゲイカップルの父親同...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
今年8月にアメリカを襲った超大型ハリケーン「ハービー」。その水害で結婚式のプランを全て台無しにされたカップルがいた。しかし彼らは洪水後のテキサスに代わりの...
落とし物が戻ってきただけでなく、中に入っていたお金が増えたという珍しい話がアメリカで話題に。しかも、親切なことに心がこもった手紙つき。
素敵なカップルを見て「お似合いだな」と感じる時、あなたはどういう基準で二人を見ていますか?世間の人たちが感じる「お似合いカップル」の特徴を10個あげてみま...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...