本当は犬が好きじゃないパパがつくった「飼うための契約書」が厳しすぎる!でもじつは・・・

「パパ、犬を飼ってもいい?」

子供がそう言いだしたとき、あなたならどうしますか?ここで紹介するパパはなんと、妻と3人の娘に対して13項目にもわたる詳細な契約書をつくりました。そしてこれを全部守れるなら飼ってもいい、と。

本当は犬を飼うのはイヤだけど、子どもたちの願いも叶えてあげたい…そんなパパの気持ちがにじみ出る、その契約内容って?

「犬を飼いたいなら
この契約を守ること」

01.
パパは絶対に
フンの始末はしない

パパは何があってもフンの始末はしない。パパが快適に過ごすために子どもたちで最低、週3回はフンの掃除をすること。

02.
フンをする場所を
しつけること

犬が庭の端(お隣の家のフェンスの向かいの石のところ)でだけフンをするようにしつけること。前庭と裏庭の芝生の上にフンがあってはならない、と全員が認識すること。

03.
選択肢は小さい犬のみ

とても小さい犬であること。大きさは15ポンド(約6.8kg)まで。

04.
抜け毛は認めない

毛が抜ける犬ではないこと。一本もだ。

05.
ヨダレも認めない

ヨダレや鼻水を垂らす犬ではないこと。そのような犬は品位に欠ける、と全員が認識すること。

06.
フローリングを
傷つけないこと

犬に床を引っ掻かせないこと。爪を短く切る、靴を履かせる、外科手術をする(!?)など、手段は問わない。犬がフローリングを傷つけてはならない、と全員が自覚すること。

07.
パパは犬を
お風呂に入れない

パパが犬をお風呂に入れることはない。また、パパが「臭い」と判断したら24時間以内に子供たちがお風呂に入れること。

08.
家の中での粗相は
許さない

もし犬が家の中で粗相をして、ハウスクリーニングサービスでどうにもできなかった場合、シミや臭いをとるために有害な薬品を使わなければいけない、と知っておくこと。

09.
パパには名付けの
拒否権がある

パパには、犬の名前が気に入らなかったら拒否する権利がある。

10.
エサは
ごく普通のドッグフード

オーガニックやぜいたくなエサ、特別なドッグフードを与えないこと。ごく普通の、昔ながらのドッグフードで十分であると全員が認識すること。

11.
犬はあくまでも
犬である

犬を子どもや兄弟姉妹のように扱わないこと。全員が「犬は犬である」と認識すること。

12.
クリスマスカードに
犬の名前は載せない

クリスマスカードの写真に犬が写っていることがあるとしても、それは単なる偶然である。つまり、犬が写真の中心になってはいけない。

13.
子どもたちの責任で
犬の面倒を一生みる

子どもたちは、犬への愛情が冷めたり、犬に飽きたりすることがあってはならない。犬は基本的に子供たちの責任のもと、一生面倒をみるということを全員が認識すること。

そして契約の行方は…

結局、家族全員がサインし、そして子どもが書いたと思われる「犬!!」のサインまで。

この契約が結ばれた2週間後、家族はちょうど15ポンド(6.8kg)ほどの白くて毛の長い3歳の犬をシェルターからもらってくることになったそうです。毛の抜け変わりもなく、すでにしつけがされていて、ヨダレの心配もなし。「カーショー」と名付けられ、パパの拒否権も発動されなかったそうです。

そして契約から2年が経ったいま、子供たちはきちんとカーショーの面倒をみているとか。普通のドライドッグフードを食べ、家の中での粗相もなし。

パパも含めてみんな、カーショーのことが大好き。ただし契約書通り、家族の一員としてではなく、あくまで一家の愛犬として、だとか。

Licensed material used with permission by RJOHNSTONE13
仕事を探している時、履歴書を書いて自己表現するのは、私たち人間にとっては当たり前のこと。しかし、犬が同じことをしてみたらどうだろう。これが意外にオモシロか...
犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
自分のペットを「うちの子」と表現するほどに溺愛している飼い主のする変な行動8選。お揃いの服を着せたり、携帯のデータいっぱいの写真だったり、途切れなく会話を...
人々にとって動物の面倒をみて、家族の一員として受け入れるのは、珍しいことではありません。しかし、ペットによるセラピーは、うつ病や不安症で苦しんでいる人々に...
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
あなたは犬派?猫派?それとも他の動物が好き?知り合ったばかりの相手の「人となり」を知りたいときの定番の質問ですが、やっぱり好きな動物の種類によって、その人...
カンタンに「Adoptify」を説明するならば、共通の音楽の好みを持っている犬と里親をつなげるサービスだ。
みなさん犬は好きですか?犬好きな人って、何となく情が深くて、愛嬌たっぷりな印象があります。そんな「犬好きの女の子」を彼女に選ぶべきだと語っているのは、「E...
「ペットはだんだん飼い主に似てくる」 本当かそれとも嘘か。どこかで聞いたことがあるようなこのセリフ。人間の子どもでもあるまいし、飼っているうちに犬が飼い主...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
犬はペットとしても親しまれている動物です。いわば、犬を大切している人にとっては家族のようなもの。このように、犬が家族のように近しい存在から、夢占いでは犬を...
人類最高の友、犬。いつでもそばにいてくれる人懐っこさとどこか憎めないキャラクターが魅力的。そんな犬の魅力を、ちょっとゆるめのイラストでまとめるロシア在住の...
選考から落ちないためにも、履歴書の第一印象を強くさせたいと思いますよね。そこで、海外の人気ビジネスサイトのInc.から、会社が履歴書で「会いたい」と思うよ...
子どもと犬。これはもう最強の組み合わせと言っても過言ではありません。ロシア人の写真家、Andy Seliverstoffは「おおきな犬とちいさな子どもたち...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
飼い主が犬を捨てても、犬は決して飼い主のことを忘れない。犬がどれだけ飼い主を愛する生き物か。国内外問わず、亡くなった飼い主を待ち続けた「忠犬ハチ公」のエピ...
1873年にイギリスで創設された由緒正しきケネルクラブ「The Kennel Club」。世界最古の愛犬団体として知られている。犬種管理やドッグショーの運...
自分の履歴書を少しでも目を引くためにも、いろんな工夫をすると思いますが、アーティストであるAndy Morrisさんは自分自身のLEGOとそのパッケージを...
身近な疑問を解明してくれる人気動画シリーズの「AsapSCIENCE」で今回扱うテーマは「犬」。長年「人類の親友」と比喩されてきた犬は、なぜにこんなにまで...
愛犬家だったら「犬を飼うのは至上の喜び!」と感じるもの。人類の最大の友、なんて言う人もいるくらい、良好な関係が築ける存在です。なんだか会話が成立しているよ...
「Microsoft」と「LinkedIn」が発表したのは、履歴書を効率良く作成するための新機能。Wordで打ち込みながら、参考にできる成功者の履歴書を確...
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
「うちの子に限ってそんなことはない!」。そう思いたい方の気持ちも分かりますが、驚きの調査結果を「Psychology Today」に発表したのは、動物心理...