「犬のいない人生なんて無意味だ」という人のキモチ。

今や、ペットは家族。私たち家族にも、2匹ではなく、“ふたり”のオス犬がいたのですが、みな「ウチの子たち」とナチュラルに呼んでいました。そう、家族の子だからこそ、こう呼んでしまうのです。これ普通のこと。

Elite Daily」屈指の犬好きライターGabrielle LaFrankさんは、「ウチの子のママ」と自負して、飼い犬を溺愛している人のありがちな行動を紹介しています。でもこれは犬に限らず、他のペットを家族として接している人たち全員に共通しているかもしれません。

ペットを飼っている、いや、もはや家族として溺愛してる人たちは、時に不思議な行動をとります。でも、もふもふとした愛らしい子たちを誰よりも愛しているなら、変わった行動をとってしまうのは仕方がありません。

ペットを飼った経験のない人たちから見ると、ちょっと異様に見えるでしょうが、それは、自分の子どもを溺愛している人たちと同じような行動をしてしまうんじゃないのでしょうか。

これほどまでに、飼っている犬を愛おしく思えるのは、やっぱり飼ってみないとわからないのです。私にとってのウチの子は、一目惚れでした。ただのペットの飼い主としてではなく、ママになったような感覚です。我が家に踏み入れた瞬間から、この子は、「帰って来てくれたんだ」と感じました。私も、この子の帰宅を待ちわびていたかのように、新しいベッドとオモチャを用意していました。

私たちは飼い主として、もふもふの“ベイビー”たちをこれほどまでに愛してしまう行動は、周りからなかなか理解されません。でも、このような行動は犬たちにちゃんと愛情が伝わります。自分自身だって、変なことだって分かり切ってるはず。でもそれは愛しているが故にそのような行動をしているんですよね。

01.
おソロの服でコーデ

自分の子どもとお揃いの服を着て、一緒に家族写真を撮る人がいるのと同じように、なぜ犬とそれをしちゃいけない?写真映えもするし、ハロウィンの時は人気者。それに、可愛くなるとわかってやってるんです。みんな、一度は試したことありますよね。

02.
終わりのない会話

この子は、私のことをちゃんと理解してくれている。ただし、人間の言葉を話せないだけで、私が何を言っているかだけは分かってくれている。この子がいれば、私の不安や悩みもすべて打ち明けられる。私をいつも励ましてくれる。そんな存在。

03.
ギリギリでスルーする
食事中の「おねだり視線」

自分が何か食べている時、この子たちはいつもくっついてきて、一口をおねだりしてきますよね。あの潤んだ瞳でずっと見つめられると、たまらなくて負けてしまうかもしれません。でもこれ、工夫して騙していかないと最後はドッグフードを食べてくれなくなってしまいます。そのため、だましだましに、人間の食べ物かのように思わせて食べさせるなど、作戦を考えちゃいます。

04.
生活全般が
「シェア」で成り立っている

ペットを飼ったことのない人たちからすると不思議な光景かもしれないけど、もふもふとした愛らしい顔でおねだりされたら、堪えられるはずはありません。一緒にベッドで寝ても、ヨーグルトの最後の一口をあげたりしても良いじゃない。すべて愛情表現なのです。

05.
いつでも、どこでも撮影会

飼い主には、2種類のタイプがいます。画像データが自分の子でいっぱいの人と、その事実に嘘をついてしまう人。自分の子が一番かわいいからこそ、ついいっぱい撮影してしまうのです(耐えようとしても無理でした)。最終的には、うちの子のインスタグラムアカウントを作ってしまいます。特に人気の子たちは、有名人とそんなに変わらないフォロワー数になっていたり。

06.
トイレのたびに
「よくできたね〜!」

うちの子は、小さい頃からトイレトレーニングしていても、散歩した際にトイレをするたびに褒めてしまいます。落ち着いてトイレできる場所をちゃんと選ぶのは、なかなか難しいこと。だからこそ、見つけたときは一緒に褒めてあげるんです。

07.
毎回、外出が「つらい別れ」に

毎回仕事やプライベートで外出する際には、いつも「愛してる」と「すぐ帰ってくるからね」とちゃんと伝えてから家を出ます。できれば、うちの子がお昼寝してる時に「ちょっとお買い物に行ってくるね」と伝えるようにします。そうしておけば、うちの子が起きた時に私がいなくなったと、寂しい思いをさせないためにもね。

08.
ウトウトした姿
もう、それだけで「癒し」

自分の子が、寄り添ってくれる事が世界一番幸せ。そして、そのまま眠りにつく姿を見届けるのは、癒しの時間。安心しきった顔で眠ってくれると、それだけで飼い主にとって最高な日になるのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
人々にとって動物の面倒をみて、家族の一員として受け入れるのは、珍しいことではありません。しかし、ペットによるセラピーは、うつ病や不安症で苦しんでいる人々に...
11月1日は「ワン・ワン・ワン」で“犬の日”。自身も犬好きという今大人気の現代美術作家・加賀美健(かがみけん)さんが描き下ろした「アダム エ ロペ ル マ...
2018年12月中旬に発表された、自動車メーカー「フォード」のヨーロッパ支社がつくった犬小屋の紹介です。
テーブルウェアブランド「KINTO(キント)」から、キャンドルで温めるアロマディフューザー「AROMA OIL WARMER」発売。
いつも私たちのそばに寄り添って、癒しを与えてくれるワンちゃん。単なるペットではなく、家族の一員のように大切に思っている方も少なくないでしょう。実は私たちが...
飼い主が犬を捨てても、犬は決して飼い主のことを忘れない。犬がどれだけ飼い主を愛する生き物か。国内外問わず、亡くなった飼い主を待ち続けた「忠犬ハチ公」のエピ...
アニマルライツ運動団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会」は、猫や犬は私たちと「同等」であるため「ペット」という用語を禁止すべきと主張し、「コンパニオン(...
12月1日より、岐阜市にある「ぎふ動物行動クリニック」で、日本初とされる犬猫の「ストレス診療科」が開設される。“人と犬猫のより良い共生”ができる社会の実現...
身近な疑問を解明してくれる人気動画シリーズの「AsapSCIENCE」で今回扱うテーマは「犬」。長年「人類の親友」と比喩されてきた犬は、なぜにこんなにまで...
東南アジアを拠点に地元の村でとれた素材でストローを作る「EQUO」によるストローシリーズは、さまざまな方法で処分が可能な有機ストロー。4種類がラインナップ...
「ペットが家にいますステッカー」は、外出中、飼い主の身に万が一の事態が発生した場合、救急隊員をはじめその場にいる人に"ペットが家にいること"を伝えるもの。...
カンタンに「Adoptify」を説明するならば、共通の音楽の好みを持っている犬と里親をつなげるサービスだ。
人見知りする犬から、人懐っこい犬まで。人間同様、犬の性格も十人十色ですよね。うちの子の性格をもっと知りたい!という方にオススメなのが「Little Thi...
「ペットはだんだん飼い主に似てくる」 本当かそれとも嘘か。どこかで聞いたことがあるようなこのセリフ。人間の子どもでもあるまいし、飼っているうちに犬が飼い主...
保護犬猫のマッチングサイト「OMUSUBI」の新機能では、保護犬猫とユーザーの相性度診断によって潜在的に相性の良い子を提案する。今まで選ばれにくかった犬猫...
「ダイドードリンコ」の自販機では「顔認証決済サービス」の実証実験を7月3日から開始し、「手ぶら」で飲料の購入ができるように。スマホやタブレットなどの端末で...
「すみだ水族館」が7月16日にリニューアルオープンし、新しい「クラゲエリア」に日本最大級の水盤型・新体感水槽「ビッグシャーレ」を設置するほか、飼育作業を公...
犬が落ち着くであろうスローテンポな曲を109曲収録した「犬用音楽プレイヤー」を埼玉の医療機器メーカーが発売。「音楽の曲調で犬の感情が変化しスローな音楽を聞...
犬はペットとしても親しまれている動物です。いわば、犬を大切している人にとっては家族のようなもの。このように、犬が家族のように近しい存在から、夢占いでは犬を...
もし僕が話せたら。君に伝えたいんだ。助けてくれて、ありがとう。愛してくれて、ありがとう。一緒に過ごした日々は全部、覚えているよ。そんなフレーズからはじまる...
犬の寿命は当然ながら人間よりも短く、大型犬だと6歳くらいからシニアだという意見があるほど。とは言え家族の一員ですから、いつまでも元気でいて欲しいですよね。...
不要になった古着の子ども服を子どもたちから直接回収し、ドッグウェアに再生する「アップサイクルドッグウェアプロジェクト」。子どもたちに、物を大切にする気持ち...
8月26日の「ナショナルドッグデー(全米犬の日)」をきっかけに、アメリカで、AmazonのAIアシスタント「Alexa」のある機能が話題になった。「Pup...