飼い主へ最高のプレゼント。「もしも愛犬があなたの写真を撮ったら?」

犬を飼っている人のカメラロールは、たいていワンちゃん達の可愛い姿でいっぱい。心を許したあなたにだから見せる表情があるはずです。では、彼らからみた飼い主の表情はどんなもの?それを計り知ることなんてできませんでした…これまでは。

もしも愛犬があなたの写真を撮ったら?

飼い主に内緒で、その“もしも”を叶えてくれた素敵なプロジェクトをご紹介。

「はい、チ〜ズ!」
いつものお礼に
愛犬が家族を撮影

いつもは撮影されてばかりの愛犬がカメラマンとなってシャッターを押したら…。ペットフードカンパニーのマース ジャパンが、「ペットと笑顔の毎日を」をテーマに制作した心温まる動画です。はたして、ワンちゃんたち、家族のどんな笑顔が切り取れるのか?必見です。

最高の笑顔を捉える
フォ“ドッグ”ラファーたち

「パシャ」「カシャ」スタジオに響くシャッター音。
撮影に挑んだトイプードル(名前:おとめ)、ボーダーコリー(名前:セレネ)、ミニチュアダックスフンド(名前:ファルコン)の3匹とその家族。

「えらいね〜」「いい子だね〜」
愛犬の奮闘ぶりに家族みんなで応援。シャッターが切られるたびに、自然と笑顔がこぼれていきます。いつしかみんな最高の表情に。

なんとこの企画、家族には内緒のサプライズだったというから驚きです。約1ヶ月間ドッグトレーナーによる訓練を積んだワンちゃんたち。家族はトレーニングを受けていることは聞かされていましたが、何の訓練かまでは知らされていなかったそうですよ。当日、スタジオに集まった家族たちには愛犬への思いをインタビューした後、家族撮影とだけ聞かされていました。そこに現れたのが…さぞかし驚いたことでしょうね。

家族の最高の瞬間を
愛犬たちは知っていた

いつもは撮られる側のワンちゃんたちが、この日、飼い主の笑顔をレンズに収めていきました。愛犬と飼い主。対をなすように「家族の肖像画」がここに完成。

こんな素敵な写真、愛犬と暮らす家族にとったら最高のプレゼントに違いありませんよね。

Licensed material used with permission by マース ジャパン
自分のペットを「うちの子」と表現するほどに溺愛している飼い主のする変な行動8選。お揃いの服を着せたり、携帯のデータいっぱいの写真だったり、途切れなく会話を...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
寄り添いあっていても、手を重ねていても。
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
飼い主が犬を捨てても、犬は決して飼い主のことを忘れない。犬がどれだけ飼い主を愛する生き物か。国内外問わず、亡くなった飼い主を待ち続けた「忠犬ハチ公」のエピ...
主人公の老犬ハンナは、最期の最期で家族とともに「最高の一日」を迎えることができました。愛するペットが最晩年を迎えたとき、この家族と同じように、誰にも苦渋の...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
「ペットはだんだん飼い主に似てくる」 本当かそれとも嘘か。どこかで聞いたことがあるようなこのセリフ。人間の子どもでもあるまいし、飼っているうちに犬が飼い主...
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
人々にとって動物の面倒をみて、家族の一員として受け入れるのは、珍しいことではありません。しかし、ペットによるセラピーは、うつ病や不安症で苦しんでいる人々に...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
小さな頃は、ずっと一緒にいたのに。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
子どもと犬。これはもう最強の組み合わせと言っても過言ではありません。ロシア人の写真家、Andy Seliverstoffは「おおきな犬とちいさな子どもたち...