こんな家族写真アリ?独特の世界観に視線が釘づけになった

被写体、衣装、背景、小道具のすべてがシンクロ。

風変りでありながら、どこかモダンさを感じさせる家族写真である。ポーランド出身のNatalia Wiernikは、フォトグラファーでありながら、ペインターやグラフィックアーティストという顔も持つ。そのせいだろうか。彼女の作品は独特な世界観に包まれている。

F8be960c96207cfb4f9765d5a62a9d80f03988fb258e4d7246316b951df9e001ea42dbe60115e537A382e5d4cc73362ba1da1aad9be5bc9a836b50883e170278265b6970867c0c92a1642d8ae23f56912bfc7dabccea94e12add518f37697bec1d9bd561Fdca4f7b3a54ae00c5bb5c263de5b7fbdff9e4988bffc6d33a0f71f81d90f3a1a10d449feaca40bc

写真は、ほぼ無表情。中には、カメラ目線じゃない人さえいる。でも、よく見ると、どの家族もあくまで自然体なのだ。すっかり「家族写真はこうであるべきだ」という先入観や固定観念は覆されてしまった。

もっと自由でいい。もっとクリエイティブでいい。

そんなメッセージを投げかけられた気がした。今度、家族写真をお願いする時は、忘れずに心がけたい。

Licensed material used with permission by Natalia Wiernik
寄り添いあっていても、手を重ねていても。
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
廃墟となった病院は、ホラー映画の撮影舞台を彷彿とさせる。でも、こちらはリアルな病院跡地なのだ。数年に渡って、放棄された複数の病院を撮影したのは、ポーランド...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
一昔前とは比べ物にならないほど、様々な形の家族がある今。「Gays With Kids」と名付けられたウェブサイトがある。ここには、ゲイの家族の幸せそうな...
ニュージーランドの農村部に暮らしているフォトグラファーのNiki Boon氏は、テレビなどの近代的な電子機器を使わずに家族みんなで生活中。写真に写っている...
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
Rebecca HayesさんとDavid Wardさんは、息子Claytonさんが生まれたとき、恒例の「赤ちゃんと家族の記念写真」を撮影をしなかったそう...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
プロのモデル並みとはいかなくたって、自分のあるべき場所で生き生きしている姿は、やっぱり美しい。大切な家族のそばで見せる笑顔であったり、しごとに勤しむ時の真...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。