「双子」と「15分」の、意外な関係性。

アーティストAlma Haserさんは、双子が持つ不思議な魅力に惹きつけられた。

彼女は双子、特に一卵性双生児を一人ずつ撮影し、ジグソーパズルにして50%ずつ2パターン組み合わせる作品を発表している。目や口や鼻、輪郭まで曖昧に組まれたその様子はゆらめく自我を再現しているかのようでもある。

ところでこの作品群、実は題名が「Within 15 Minutes(15分のうちに)」。なぜ15分なのか?ヒントを出すので、ぜひ予想しつつ見てみてほしい。

01.

806b546e7d99f5d3d64f90e13227474e5401b9798c823bcc1426467c2d1d6e5ff55e637c2fa0ef54C626df5d503ae489f7d2dc3a91633ee84b71a0b3

一卵性双生児の場合、一つの卵が二つに分かれることで二人が生まれるので、ふたりはまさに「分身」。

でも遺伝子が一緒でも、全く同じ指紋を持っていたりするわけではない。彼らは胎児でいる間に母親から個別に栄養を受け成長するので、少しずつ違って生まれてくるのだ。

02.

Aa9dff2a10b77aeb5266368b5adee1d770b4aad2Bed878aa7123af96cc66272b8cbfb9c9fad58c850d7be3b9dd5258308786a37b093efabf4f105824

同じようでもあり、違っているようでもあり…パズルのピースに惑わされそう。でも同じ母親の胎内で同じ時間を過ごしている間は、彼らはお母さんも入れて「3人でひとり」だった。じゃあ彼らはいつから「別々の人」?これが題名のヒント。

03.

11d9e7620ed3978f36db59d0d250c4dceea6f70601e345285a485a4823a7ea191493d430826a9b8bD6a861ef074b0555e9b332cfe1795f8d05c9667e

04.

Bb37410e277eb036b468f49cb6756241bfc18aea2fae7b8bee298df392400b9b980d00412fb60961Fd187a7a4dca95c7ce4d07e2ac6e2c5b39d6a2ed

離して、くっつけて…。つかみどころのない謎めいた雰囲気。

05.

Fdd2939532af466bb25af1d938709da99d74835fB98a99de094c027c8302c1137f79f4848fa25fb953c04e35b00331860c7bc1f3a1bba1784e4f5fc5

実は「15分」は、双子が生まれる時間差の平均。一人が生まれて、平均15分のうちにもう一人が生まれてくるのだそう。ふたりきりで同じ遺伝子を共有した人物が、別々の人としてこの世に出てくるまでの間の時間なのだ。

このどこか幻想的なパズルポートレイトの双子たちも、そうして生まれてきたうちの一組。そう思うと、友人や知り合いの双子たちも、なんだか特別に見えてきそう。

Licensed material used with permission by Alma Haser
一瞬見ただけで、思わず顔がほころんでしまった。フォトグラファーのGuy Vainerは1歳になる双子の父親なのだけど、自分の子どもたちを愛しすぎて彼のIn...
ひとりが生まれても愛おしい赤ちゃんですが、それが同時に2人で、しかも2組いたら可愛さも愛情も4倍に感じられるのではないでしょうか?何枚にも渡る写真はすべて...
ビヨンセが双子を出産して、初めてインスタグラムでお披露目したのがこの投稿がアップされると、世界各国の双子を出産したママたちがコピーして楽しみ始めたけれどそ...
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
カメラの前で、キュートな笑顔を咲かせている「ふたりの赤ちゃん」。パッと見だと似ていませんが、イリノイ州で生まれた双子の女の子で、初めて迎える誕生日の記念に...
いつまでも若々しくてキレイな姿でいたい。そう思いはするけど、実際のところは、年をとればとるほど、そんなモチベーションはなくなるんじゃないかと。だから、ヒラ...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
被写体、衣装、背景、小道具のすべてがシンクロ。風変りでありながら、どこかモダンさを感じさせる家族写真である。ポーランド出身のNatalia Wiernik...
嘘のように真白で、触れたら壊れてしまいそうな儚さを感じる2人。ブラジルのサンパウロで生まれたLaraとMara Bawarは、メラニンの量が足りていないこ...
オリーブオイルとハーブさえあれば、どれだけ普通のチーズであっても魅力的なアペタイザーに。秘密は「マリネ」にありました。
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
右目と左目の色が異なる、いわゆる「オッドアイ」のネコはときどき話題になりますが、ロシアに住む「アイリス」と「アビス」は、なんと双子の姉妹で同じ特徴を持って...
家族のみんなの肌の色が違うという理由から、人と違うことを個性だと考えていたフォトグラファーChesterfield Hectorさんは、母親の死を原動力と...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
2台のボートがスタジオ代わり!?オモシロアートプロジェクトの紹介です。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
赤の他人に自分の「愛する人のフリ」をさせて、写真を撮るフォトグラファーのHemya Moran。刑務所から出所したばかりの男が、拉致した女性に妻を演じさせ...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
James Friedmanさんは、30年以上にわたり母親の写真を撮り続けたフォトグラファー。でもそれは、愛のこもった温かな写真なんかじゃなかった。Pho...
寄り添いあっていても、手を重ねていても。
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...