このふたりの赤ちゃんが「希望の光」と呼ばれるワケ

カメラの前で、キュートな笑顔を咲かせている「ふたりの赤ちゃん」。パッと見だと似ていませんが、イリノイ州で生まれた双子の女の子で、初めて迎える誕生日の記念に撮られたものです。これが今、アメリカを中心に話題を集めています。

理由は彼女たちが「レインボーベビー」であり、希望の光を運んでいるから、というのです。

ピュアな笑顔の裏に隠れた
悲しい出来事

002cc0fcc732e0db18c279b4a12732ced72aa05c

花かんむりを付けて、ミルクバスに入るベビーたち。

「レインボーベビー」は、アメリカでは死産や流産の後に生まれた赤ん坊のことを意味します。そして、このふたりがそう呼ばれていることにも理由があるのです。この双子には、2才の時に溺死してしまったお兄ちゃんがいたそうです。ベビーシッターの家にいる間に起きた出来事でした。その後生まれたのが、写真に写っているふたり。

肌のトーンが違うふたりを最初に見たときには、母親のWhitney Meyerさんも驚き、戸惑ったといいます。

「もちろん可愛くてしょうがなかったけれど、実はドクターにこう尋ねたの。『Kalaniにはアルビノの症状がありますか?』って。看護師さんに『違います』と言われたけれど、どうしても気になって一週間後の検査の時もまた聞いたくらい。周囲も見た目がこんなに対象的なのは信じられないみたい」

「Kalaniはとてもエネルギッシュで、バナナを食べるよりボールで遊ぶのが好きなんだけど、もう1人はもっとリラックスしていて食べることのほうが好きなの」

この写真には
「強さと希望がある」

写真を撮影したフォトグラファーは母親のMeyerさんのことを、同じように子どもを失った悲しみに打ちのめされた人たちにとっての「光」だと言います。

また「失った男の子の想いを胸に抱きながらも前に進む、家族の強さと希望がある」と。SNS上でも

「素晴らしいわ!素敵な双子ね。他のレインボーベビーの写真とはまた違って、深みがあって良いわ」

「バカげた質問かもしれないけど、一卵性の双子かしら?だって本当に似ているんですもの。数え切れないくらい色んなことを両親に聞いてみたいわ。最高ね」 

ちなみに、ふたりの赤ちゃんは二卵性とのこと。フォトグラファーが「この双子は、すでに多くの人の心を掴んでいるし、今後もそうなるだろう」と語るように、これからも人々の心を魅了し、光を与えてくれる存在になるのではないでしょうか。

Licensed material used with permission by Elite Photography
Rebecca HayesさんとDavid Wardさんは、息子Claytonさんが生まれたとき、恒例の「赤ちゃんと家族の記念写真」を撮影をしなかったそう...
双子を妊娠し、幸せの絶頂にいたAdriannaさん。しかし、残酷なことに双子のうちの1人を亡くしてしまいます。悲しみに暮れる妻の笑顔を取り戻そうと、夫のM...
一瞬見ただけで、思わず顔がほころんでしまった。フォトグラファーのGuy Vainerは1歳になる双子の父親なのだけど、自分の子どもたちを愛しすぎて彼のIn...
朝もやのカーテンに包まれたSavinjska Valley(スロベニア)のサンライズ。神秘的な姿を映し出すのはフォトグラファーFlip Eremita。い...
つい先日、動物園で産まれた人間の赤ちゃんについて紹介しました。お母さんが園内で破水し、そのまま出産したというお話。世界中のメディアが注目しSNSでも話題を...
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...
アメリカのショピングセンターで撮影された一枚の写真。若い男性がお年寄りの手をとりエスカレーターを下る瞬間が捉えられています。この何気ない優しさがSNSで拡...
アンデルセンやグリム童話のワンシーンを思い出すような写真。見ていると、何かが始まりそうなドキドキした気持ちになります。ただ単純にキレイとか美しいだけじゃな...
ひとりが生まれても愛おしい赤ちゃんですが、それが同時に2人で、しかも2組いたら可愛さも愛情も4倍に感じられるのではないでしょうか?何枚にも渡る写真はすべて...
赤ちゃんをお風呂に入れるのは、ママやパパにとっても意外と大変なお仕事。大人用のバスタブじゃ大きすぎるし、かといって専用のベビーバスはプラスチックが硬くて痛...
「天使のようなかわいさ」とか言いますけど、まさにその通り!でも子どもの成長は早く、どんどん新しい表情に移り変わっていきます。スクスクと大きくなっていく姿も...
一卵性双生児を別々に撮影し、ジグソーパズルとして2パターンに組み直すポートレイト。50%ずつの配分。目や鼻、口、輪郭もなんとなく定まらないように組まれてお...
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...
初めてレモンを食べた時の衝撃を、覚えていますか?おそらく、ほとんどの人が記憶にないでしょう。では、さっそくご覧ください。ヒトは初めてレモンを口にした時、こ...
現代社会は闇だとか、生きづらいとか。そんな批判をすることもできますが、だからこそ面白いこともきっとあるはず。Francesco Bongiorniさんが今...
生まれたばかりの赤ちゃんを専門に写真を撮るフォトグラファーKayla Powersさんは、息子からよく「きょうだいがほしい!」とおねだりされるそうです。子...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
結婚65周年を迎えた、HaroldさんとRubyさん夫妻。半世紀以上を共に歩んだふたりが記念日に撮った写真からは、幸せが溢れ出ています。
アメリカの一部企業には、生後6ヶ月までなら赤ちゃんと一緒に出勤してもいいというルールがあるんですって。「MarketWatch」で紹介されているカラ・クリ...