このふたりの赤ちゃんが「希望の光」と呼ばれるワケ

カメラの前で、キュートな笑顔を咲かせている「ふたりの赤ちゃん」。パッと見だと似ていませんが、イリノイ州で生まれた双子の女の子で、初めて迎える誕生日の記念に撮られたものです。これが今、アメリカを中心に話題を集めています。

理由は彼女たちが「レインボーベビー」であり、希望の光を運んでいるから、というのです。

ピュアな笑顔の裏に隠れた
悲しい出来事

花かんむりを付けて、ミルクバスに入るベビーたち。

「レインボーベビー」は、アメリカでは死産や流産の後に生まれた赤ん坊のことを意味します。そして、このふたりがそう呼ばれていることにも理由があるのです。この双子には、2才の時に溺死してしまったお兄ちゃんがいたそうです。ベビーシッターの家にいる間に起きた出来事でした。その後生まれたのが、写真に写っているふたり。

肌のトーンが違うふたりを最初に見たときには、母親のWhitney Meyerさんも驚き、戸惑ったといいます。

「もちろん可愛くてしょうがなかったけれど、実はドクターにこう尋ねたの。『Kalaniにはアルビノの症状がありますか?』って。看護師さんに『違います』と言われたけれど、どうしても気になって一週間後の検査の時もまた聞いたくらい。周囲も見た目がこんなに対象的なのは信じられないみたい」

「Kalaniはとてもエネルギッシュで、バナナを食べるよりボールで遊ぶのが好きなんだけど、もう1人はもっとリラックスしていて食べることのほうが好きなの」

この写真には
「強さと希望がある」

写真を撮影したフォトグラファーは母親のMeyerさんのことを、同じように子どもを失った悲しみに打ちのめされた人たちにとっての「光」だと言います。

また「失った男の子の想いを胸に抱きながらも前に進む、家族の強さと希望がある」と。SNS上でも

「素晴らしいわ!素敵な双子ね。他のレインボーベビーの写真とはまた違って、深みがあって良いわ」

「バカげた質問かもしれないけど、一卵性の双子かしら?だって本当に似ているんですもの。数え切れないくらい色んなことを両親に聞いてみたいわ。最高ね」 

ちなみに、ふたりの赤ちゃんは二卵性とのこと。フォトグラファーが「この双子は、すでに多くの人の心を掴んでいるし、今後もそうなるだろう」と語るように、これからも人々の心を魅了し、光を与えてくれる存在になるのではないでしょうか。

Licensed material used with permission by Elite Photography
イギリス人写真家のLloyd Evans。彼の作品が注目される最大の理由は、劇場の照明デザイナーという専門スキルをもつフォトグラファーだからと言えるでしょう。
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
Rebecca HayesさんとDavid Wardさんは、息子Claytonさんが生まれたとき、恒例の「赤ちゃんと家族の記念写真」を撮影をしなかったそう...
光の線やドットをヌードモデルのカラダに投影し、それを作品として動画や写真に撮るフランス人フォトグラファー、Dani Olivierさん。彼が手掛ける作品は...
2020年11月28日(土)から来月27日(日)までの期間限定カフェ「FENDI CAFFE by ANNIVERSAIRE」が東京・表参道にオープン。
お父さんと一緒に遊んでいる時に、赤ちゃんが「Google」と喋りました。
日々の子育てのドタバタから非日常の世界へ旅立つことで心もリフレッシュ。ちょっとした工夫が旅をグッと楽しく、そして気軽なものにしてくれました。経験から伝えた...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
双子を妊娠し、幸せの絶頂にいたAdriannaさん。しかし、残酷なことに双子のうちの1人を亡くしてしまいます。悲しみに暮れる妻の笑顔を取り戻そうと、夫のM...
配車アプリ「inDriver」はピックアップのロケーションと目的地を設定すると同時に、乗客は自分の希望運賃を提示することができます。アメリカをはじめとする...
バーガーチェーン最大手「マクドナルド」初となる植物ベースの代替肉バーガー。2021年より発売開始。
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
2013年から赤ちゃんのためのDJ教室を開いている「Baby DJ School」。ブルックリンを皮切りに、今ではニューヨークシティ、シカゴ、ロサンゼルス...
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...
朝もやのカーテンに包まれたSavinjska Valley(スロベニア)のサンライズ。神秘的な姿を映し出すのはフォトグラファーFlip Eremita。い...
応援購入サービス「Makuake」に、ホタルの光のように発光するジャケット「発光ホタルジャケット」が登場。どんな光源でも蓄光し、光のないところで発光。ペン...
福岡のソウルフード「マルタイラーメン」を全国に広めるべく、若手社員5名が商品開発に挑戦。インテリアとしても素敵なBOOK型のラーメンが誕生した。博多とんこ...
「人と社会に心地よい」をコンセプトに掲げた、マスクに特化したブランド「We'll」が誕生。着け心地にこだわったマスクと、マスクをより快適に使うためのアクセ...
一瞬見ただけで、思わず顔がほころんでしまった。フォトグラファーのGuy Vainerは1歳になる双子の父親なのだけど、自分の子どもたちを愛しすぎて彼のIn...
つい先日、動物園で産まれた人間の赤ちゃんについて紹介しました。お母さんが園内で破水し、そのまま出産したというお話。世界中のメディアが注目しSNSでも話題を...
ベビー商品ブランド「GOO.N(グ~ン)」が展開する「ハグ~ンプロジェクト」で公開中の赤ちゃん泣き止み動画は、なんと視聴した94.3%の赤ちゃんが泣き止ん...
アメリカのショピングセンターで撮影された一枚の写真。若い男性がお年寄りの手をとりエスカレーターを下る瞬間が捉えられています。この何気ない優しさがSNSで拡...
12月12日に、目に入る光の量を自ら調節するテクノロジーを搭載したコンタクトレンズ 「アキュビュー オアシス トランジションズ スマート調光」の...
「ChatterBaby」は、アメリカのUCLAで研究しているブレーンたちの知識がいっぱい詰まった、赤ちゃんの泣き声を“翻訳”してくれるアプリだ。精度は約...